2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KAI TUAN(おばちゃん食堂)@アオナン

KAI TUANの外観。てか、そのもの(笑)
アオナンで気に入っていたレストランは、「KaoTom Por Peang」の他にもう一軒あって、
って、ほぼ、その2軒しか行ってないんだけど。
KaoTomPorPeangは「いつもの店」、今回ご紹介の「Kai Tuan」は「おばちゃんの店」と
我々の間では呼ばれていた、って、ツレと私だけね。
場所は、夜には大賑わいになるイサーン料理屋さんの手前、だったかな?
言わば「吉野建て」の上階部分が歩道に面していて、その小屋に近いオープンな建物が
綺麗とか清潔とか、の単語とは甚だしくかけ離れたキッチン。
じゃぁ、店はどこよと言ったら、歩道にパラソルを差し掛けたテーブルと椅子がそこ。
テーブルの一部は、お持ち帰り用フライドチキンが盛ってあるので、
テーブルに乗せて座って食べられる席は、譲り合っても都合3つしかない。
3人で超満席になる、リゾート地のレストラン。
中々コアでいいが、まぁ、屋台から食堂に成長中ってところか。(まだ、双葉くらい。)
で、目にも留まらぬ風の小さな店なのに、妙に目立っちゃうのは、
歩道に立てかけたメニュー看板が、歩行の邪魔ってことと、そのメニューの多彩さ、
そして、店構えの割に安くはない、いや、お高い値段設定であることか。
高くて汚い、良いとこないやん!
そのくせ、いつも超満員(3席だけど、さ)ってのが引っかかるんだよー!!
いっつも白人さんが、かんかん照りを物ともせず、真っ赤になって食べてるの(笑)

店名があることに、今、気がついた(笑)
で、まだ昼も早い時間、誰も客がいなかったので入ってみた、
いえ、開ける扉ものれんもござんせんので、「座ってみた。」
実を言うと、鶏のカシューナッツ炒めが食べたかったのだが、アジアアルアル
「今日は、ない」。明日ならあるのか、いつもないんじゃないのか(笑)
ま、いっか。
ガバオライスのニンニク抜きをオーダー。
ガパオライス(目玉焼き抜き)。鶏肉しっとり、うまうま~♪ 
おばちゃんは、油と煤でゴビゴビ真っ黒いコンロに、ぴかぴかのフライパンで、
ジャカジャカ炒めだした。
思わずむせる唐辛子の匂いに、期待感が高まる。
器は、何と陶器だ。しかも一昔前のバリのこじゃれたカフェで見かけたような陶器。
いや、馬鹿にしてるんじゃない、この店構えで陶器ってのが珍しい(大抵はメラニン)し、
しかも、おばちゃんは趣味に従って選んでいる、そんな感じがするんだ。
そのセンス通りに、味も裏切らない繊細さ。美味しいじゃないかーっ!!

って、ことで夜はカオトムピーン?、昼間はおばちゃんの店と決まった。
次に行くときにも、きっと、このローテーションで後悔はないと思う。
で、パッタイは味の合う合わないが激しい気がするので避けていたが
おばちゃんの腕を信じて、パッタイを食べてみた。
絶品のパッタイ。赤いパラソルの色が映ってしまった。
スパイシーな中に酸味があって、ほのかに甘みもある。
ウスターソースと醤油を混ぜたような味、これも大層気に入った。
店構えがベタにローカルな割に、ローカル一辺倒な味でもない(値段も、だけど)、
ちゃんと修行した料理人が、自分の個性で勝負する、
そんな贅沢を楽しめる、希有でお得な「おばちゃんの店」である。

「KAI TUAN」の場所が、ちぃーっとも!思い出せない。
住所は18 Moo, Ao Nang,らしい。海から山に向かって左手の歩道で、マクドナルド(右手)は通り過ぎる。
久々にアオナンのトリアドを見てみたら、KaoTomPorPeangは閉店したらしい、
がーーーんT□T
でも、ローカルエリアから引っ越してきたんだから、ひょっと開店するかも。を期待する。
頼むよーーーーっ!!
おばちゃんの店は、いずれ出世しそうな気がする。それも大いに期待する。
クラビタウンのお寺に遊びに来たコ 遊びたい盛り、可愛い盛り@クラビタウン
本気出してます、な気配のタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
スポンサーサイト

アオナンの「いつもの店」(KAO TOM POR PEANGというらしい。)

「いつもの店」の外観。店名、わかんないっしょ?
いつもの店・・・、店名わからん。
再三、書いているように、アオナンの街全体が観光客のための街で、
レストランも仕様から料理、値段も引っくるめて観光客仕様がほとんど。
タイ料理から洋風まで、オマケにインド系の移民(旅行者は多い)が多いのか、
インド料理まで提供する、ゴッチャ、インターナショナルなメニュー構成で、
何でも出しますが、どれも美味しくは無いです、みたいで正直、そそられない。

空心菜炒め、ニンニク抜き(笑) 空心菜炒め(ニンニク抜き)
好き嫌いが多くて自衛するためか、単に食い意地が張ってるためか、
私は事前に食べ物屋を調べて、メニューがあれば、アレコレ品定めまでするのが好きだ。
だから、トリアドにリンクされているHP(FB)にメニューを見付けたからには、
是非とも行きたい、と思ったのが、ついに名前を覚えなかった(笑)タイ料理屋だ。
ボートヌードルアオナンを通り過ぎて、も少しアオナンの坂道をテクテクと登ったら、
ネオンも少なくなって闇が濃くなる。
多分、トムカーガイ?へらへら食してたが、半分くらいから汗が噴き出す。 多分、トムカーガイ?へらへら食ってたらハンパない生姜で汗が噴出。
そこに「いつもの店」が、黄色いネオンをつけて賑わっている。
せせこましい店も多いアオナンの中にあって、門口は割と広い。
歩道にはみ出すように露天と、広いキッチンの残り半分がテーブル席だ。
テーブルと椅子はテキトーに揃えた風で、高さが合っていない。
オマケに、床自体が斜めなので、ガタガタする。
4つの調味料入れ(一味とナンプラーと酢、砂糖)はプラスチック、テーブル掛けはビニール。
食器もプラスチックで、ナイフとフォークは私でも超能力者になれる程ペラペラだ。
そんな店に通った。「いつもの店」と言うくらいに。(名前を覚えないまま)

お粥さんと鉄板メニューの「鶏の唐揚げ甘酢ソース」。お粥はカフェオレカップ大で5TB(15円)!
お粥さんと鉄板メニュー「鶏の唐揚げ甘酢ソース」
私は「お粥」が食べたくて、そこに行ったのだ。
HPで見付けたメニューには、タイ料理だけがラインナップされている。
元々はローカルさん相手のお店だったようだし、観光の街アオナンにおいて、
貴重なローカルテイストを提供するに違いない。
営業は夕方からで、朝食もランチもなし。
19時くらいに行くと、客は一人二人。大丈夫か?旨いのか?と懐疑的なツレ。
野生のカンを見くびるな。
ただの野菜炒めに見えますが、太ビーフン炒め。 ただの野菜炒めに見えますが、太ビーフン炒め。
お土地柄、やっぱり客層は観光客だけど、
外国人をもてなしてる風のタイ人が必ず1組はいた。
家族やグループの観光客も多くて、20時を過ぎれば満席。
その店で、私はやっと念願の、本当に美味しいと思えるパッシーィウを食べることが出来た。
野菜はシャキシャキ、麺はもっちり、全体、控えめな塩味で美味しかったなぁ。
神戸で食べる中華料理がこんな風だ。
満腹になっての帰り道、モスクの上にかかったお月さんを思い出す。

初めて飲む、「レオ」
「いつもの店]KaoTomPorPeangHPは、コチラ。ってFBですけど。
店を捜すときですら店名を知らんままだったが、ブログにアップするため、初めて認識した(笑)
旅行前から、眺めて旅情?に溺れていたメニューは、コチラ。
私が食べてたのは、パッシィウ(Pad Se-ew)ではなく、Guay Tiew Koor Kaiであることが判明。
違いは、味付けがブラックソイソース(前者)とソイソース(後者)であること。
それ以上は、お答えしかねる( ̄^ ̄)
くそー、久しぶりにメニュー見てたら、行きたくなったじゃないか。
どこでもドアがあったら、「今晩の夕飯は、アオナンのいつもの店で。」
(てか、どこでもドアがあったら、バリやアオナンに住んで、大阪に出勤するな←意外と生真面目w)
てな感じで、相も変わらずなタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
[ 2014/11/14 ]   タイ・味道楽 | TB(0) | CM(6)

ロングビーチのレストラン事情2. @ピピ島

暮れなずむ浜。遊んでいた人々が、ボートで帰っていく。
日暮れ時。ビーチで遊んでいた人々が帰っていく。
ロングビーチのトンサイ側にあるお隣さん、「パラダイスパールホテル」は、
通称(私の中で)猫ホテル。
だから本当のところ、泊まりたいのはパラダイスパールの方だった。
コチラの方がちょっとお高く、私の許容内のビーチに面した部屋はすでに満室で
空室だった新しいビラともなると、チョット所ではないほど予算オーバー。
このホテルには、ロングビーチ唯一の店舗があり、といっても、
ミニミニコンビニ程度。
ATMもあります。
ちょっとした日用品やお土産品もあるが、まぁ、トンサイよりもびみょ~に高い。
「マグナムアイス」(東南アジアで見るチョココーティングの棒アイス。高級品である、が。)
も、いくらか高かった。
パラダイスホテルとパラダイスパールホテルに挟まれた宿屋にも、
小さな浜茶屋程度のお店はあって、飲み物くらいなら買える。
そうそう。
ピピ島のホテルが置く水はミネラルウォーターではなくて、何て言うんだろう、
濾過した?水で、口を濯ぐにはいいんだけど、飲用にはちょっと・・・、美味しくない。
で、隣の浜茶屋には濾過水しかなくて、パラダイスパールにはミネラル水があった。

パラダイスパールホテル・レストラン。砂浜の上のテーブル。そして闇。
パラダイスパールのレストラン。
パーティ好きの上っ調子な若者達はトンサイエリアに滞在し、
わざわざ店もない(しかも高い)ロングビーチまでは来ない。
日暮れ時、ビーチで遊んでいた人々が去った後のロングビーチは、静寂に支配される。
部屋の前の遊歩道は、夕食のために左右どちらかのホテルに行く人だけになってしまった。
私たちは砂の上を歩くのが嫌なので、遊歩道のあるパラダイスパールにだけ食事に行った。
朝食時には閑散とさえ見える広いレストランも、ディナータイムには満席状態だ。
ガパオライス~♪  ガパオライス~♪
?(笑) 多分、トムヤムクン。 多分、トムヤムクン。お豆腐が入ってますけど。
ベジタリアンではないが、一度は食べてしまう「チャプチャイ」 ベジタリアンではないが、一度は食べたい「チャプチャイ」。(バリの「野菜炒め」)
味は、まぁ、悪くはない。中級ホテルの、誰でも食べられるが洗練されてもいない、
ある意味、安心感のある味だ。そして、多分、旅行中で一番の値段だった(笑)
足下には夜気に熱を奪われた砂が、気付かぬ間に降り積もっている。
時折、肌には感じない潮風が枝を揺らし、テーブルにがさりと大きな葉を落とす。
波間に暗く沈む島は無人島だ。
だから、目の前には息も詰まりそうな闇だけが広がっている。
対岸から見たら、私たちはキャンプパーティのように輝いているかもしれない。
家族連れだったり、ちょっと年配のカップルだったり、全体落ち着いた客層の足下を、
毛づやのよい太った猫たちがゆったりと逍遙ている。
関心を引こうとする小賢しい臣下からの贈り物を、吟味して回っているのだ。
(一番人気はステーキ。ステーキが運ばれたら、あっという間にそのテーブルに集合した。)
味(と、値段)はともあれ、空間だけは贅沢で、その価値は計り知れない。
(不味くはないです。私が食べられるだけあって個性がないというか、食べやすい味。)

言うたらにゃアカンことがおますねん!あんさん、降りてきにゃはれ!
言うたらにゃアカンことがおますねん!あんさん、降りてきにゃはれ!
口コミによると、パラダイスパールにはビーチ用タオルがあるそうなので、
少々の料金差ならば、次回は是非に奮発してみたい。
トンサイにお迎えのボートはちゃんと来るし、猫ホテルやし。
(パラダイスパールの猫は人懐こく近寄り過ぎて(=・ェ・=)ニャ、写真が撮れにゃいのだ)

パラダイスパールバンガロー(ParadisePearlBungalow)のHPは、コチラです。
パラダイスリゾート(ParadaiseResort)のHPは、コチラです。
旅行気分を盛り上げるためにもガンバルw、タイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
[ 2014/08/17 ]   タイ・味道楽 | TB(0) | CM(6)

ロングビーチのレストラン事情1.@ピピ島

ビールか白ワインだけあれば、至福。パラダイスリゾートのレストランからの眺め。
パラダイスリゾートのレストランの眺め
パラダイスリゾートのレストランは、朝食・昼食だけしか営業しておらず、
夜は近所のホテルに行く。
それも雨季になれば、昼食どころか朝食もなくなるとの話も聞いた。
朝ご飯は、日替わりでパスタやら野菜炒め、カレーなんかがあるビュッフェ式。
砂浜の上に設えてあるテーブルだから、ちょっと斜めになっているのも味ってもんだ。
朝、太陽に煎られる前のヒンヤリとした砂に素足を突っ込んで、木陰から見る海は
ご褒美をもらった気分だ。

クアッティアオ? センヤイの炒め。ポーション小さめですが野菜シャキシャキたっぷり、美味し!!
クアッティアオ?センヤイの炒め!美味し。
到着した日のお昼ご飯は、パラダイスホテルのレストランで食べた。
ああ、良かった。
再チャレンジしたセンヤイの野菜炒めは、普通に鶏だしでおいしく食べられる。
パラダイスホテルの両脇はレストラン。両方とも入ったことがない。
トンサイ側は遊歩道で行けるが17時には閉まって、夜の営業はしていない。
その反対側の店は、砂浜を歩かなくてはいけない。
それが嫌で行かなかったが、砂浜に燃えかすがあったのでファイアーダンスでもやる、
飲み屋さん系かもしれない。(なんでピピ島で、ファイアーダンスをするんだろう?)
さて、オンシーズンとは言え、夜にはレストランも閉まるパラダイスホテルの滞在客は
どうすればいいのかっていうと、他のホテルに行くんである。
と言っても、他ホテルは3軒。トンサイ側とその反対側、それぞれ両端にある。
トンサイ反対側は、何度も書くが遊歩道がないので、夕食には行かなかった。
パラダイスホテルの隣ホテルも多分、レストランがない。
ってことで、トンサイ側の端っこにあるパラダイスパールホテルという、
まるで同系列のようなホテルに食べに行くんである。(後述)

通学風景。かわいいの^-^
行ってきます1 → 行ってきます2 → あんた、大きなったなぁ。
ロングビーチには元々、村がないのだと思うけど、今はホテルで働いている人の集落や
店に住み込んでいるレストラン経営者家族もいるようだ。
そこの子達は、通学バスならぬ通学ボートを利用する。
けれど、子供達は制服に革靴姿、登校前に濡れるわけにはいかんでしょ。
で、船頭さんやお母さんに抱え上げられて、ボートに乗っけてもらうんだけど、
いかにも大事な子供たちって感じで、かわいらしかった。(大きな子を抱えたお母さんが。)
そんな光景を観ながら朝ごはんを頂く。美味しさはひとしおである。
パンケーキ。多分、私の好むパンはなかったんだろう。 朝食1.パンケーキとサラダ。好みのパンがなかったんだな。
サラダとカットフルーツ、シリアルとヨーグルト。余程、パンが好みじゃなかったんだろう。 朝食2.シリアル、フルーツ、ヨーグルト。余程、パンが好みじゃなかったんだな。
そうそう、パラダイスホテルの朝食にも、ちゃんとエッグスタンドがあるんである。
おばちゃんがテキパキと焼いてくれるそのオムレツは、上出来のふわふわふんわり、
ナイフを入れるや、卵と一緒にとろ~り、マーガリン(バターではない)があふれ出てくる。
おばちゃんは半端ない気前よさで大量、いやメガトン級にマーガリンを投入するのだ。
1週間も滞在すれば、絶対に恐ろしいことになる。
ロングビーチ初ランチ。パラダイスリゾートのレストランにて。 リゾートの幸福
パラダイスリゾート(ParadaiseResort)のHPは、コチラです。
あと1ヶ月で終っわるかなー、タイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
[ 2014/08/10 ]   タイ・味道楽 | TB(0) | CM(6)

ボートヌードル・アオナン(Boat Noodle Aonang)@アオナン

さて、到着初日のランチから再開しますねん。どこのこと?って…。
タイのクラビですやんT▽T

ボートヌードル・アオナンの外観。
アオナンボートヌードル、外観。
クラビ随一?のリゾート地アオナンは、海からダラダラ坂を上る地形だが、
宿泊代金やレストラン単価は、そのダラダラ坂に反比例して設定されているようだ。
(ホテルの場合は当然、スペックによって差があるんですが)
要するに、海方向に下れば高くて、山方向に上れば(ほんの少し)安くなる。
でも、その繁華街(つうてもアオナン)自体、観光客のための町なので、
肌に感じるお得感は若干、乏しい。
いわゆる第三国が経済発展していく流れの中で、当然、物価も発展していくわけで、
ビンボー旅行人としてはツライものがあるにせよ、社会が富むというのはいいことで。

で、到着したばかりの私たちは、坂を下りたいのをグッとこらえて、上っていった。
トリップアドバイザーで見付けた気になるお店は、まだ開店していなかったので、
そこから、またちょっと登った所にある「ボートヌードル・アオナン」へ。
文字通り、海上で商っていたボート屋台が陸に店を構えたってことらしい。
一度、移転した様子で、まだ間が無いのかもしれない、新しそうな建物の前にも、
ちゃんとその象徴たるボートが飾ってある。

フツーに、鳥スープ味の中華あんかけっぽいでしょ?スイカはオマケ^-^
普通に、鳥スープの野菜の餡かけに見えるでしょ?スイカはオマケ^-^
英文と写真付きメニューの中に、食べたかったぶっといビーフン、みぃ~つけた!
キシメン、だご汁(九州地方のすいとんのようなぶっとい麺)、ほうとう(山梨の以下同文)、
そんな類いが好物の私は、タイ料理を調べてた時から食べたかったのだ♪
センヤイ(ビーフンのほうとう版)の野菜あんかけ!(料理名は忘れた、てか、分からん)
どろっとした餡の下から、ぶるんとよじれるセンヤイを引っ張り出してぱくり。

餡とからめて、またぱくり。
??
タイではお馴染みの、4つの調味料セットも使ってみて、ぱくりぱくり。
何か違う。想像と違うというか、なんか不思議な匂いがする・・・、何だろう??
見た目は中華の野菜あんかけなのに、違和感なこの匂い、知らない匂いじゃなくて・・・。
センヤイを引っ張り出してみました。野菜もたっぷり。センヤイを引っ張り出す。
黒糖だ!! これ、葛きりの味がする!!
納得はして、安心して食べられるかと言えばそうでもなく、何となく、嫌な味覚が残る。
う~~~ん、空港のラーメンといい、楽しみにしてたのに、
タイ料理をこの先、食べられるんだろうか・・・、自分にがっかりだ!
料理に飛んでくるハエを払っていると、海外に来たな、そう思う(笑)
観光客は海や観光地で遊んでいるんだろう、まだ昼には少し早い時間、
白々と明るい町を、坂から見下ろす。
朝食にも昼食にも半端な時間、2階のテーブル席(1階はカウンター席と調理場)で
スタッフさんが早昼飯をかっこんでいたが、そのガパオライスが旨そうだった。

ビール続きで、サスガに(胃ではなく)舌が疲れたからスイカジュース。
サスガにビール続きで、舌が疲れた。スイカジュース。
ここに至って、やっとこさ本編、情報が古なりましたなぁ。はぁーあ=3
ボートヌードルアオナン(BoatNoodleAonang)のHPは、コチラです。(テーブルが増えてますやん)
発酵しつつあるタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです…。

、てなことで、ちょっくら、福井の恐竜博物館に行って来ま、
ぐぁにゃおーん(どうしても、にゃ行ににゃるにゃ。) にゃぎゃぎゃがぉ~ん!

[ 2014/07/20 ]   タイ・味道楽 | TB(0) | CM(8)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。