2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太原足體養生會館(太原マッサージセンター)

もう、書くことはないぞ!と、思ってたら、マッサージについて書くのを忘れてました。
カテゴリーを作っちゃってるんで、いらんわ、とは言わないで・・・T-T

太原足體養生會館(太原マッサージセンター)の外観。
太原養生会館外観 (600x385)
タイやらバリやら、どこに行ってもいわゆる街スパで、安く済ませて、というか
安いからやってもらっていたんだけど、過当競争もあってかデフレ日本との価格差は
徐々にうまりつつある。まぁ、特にインドネシアは絶賛物価高騰中やしね。
正直、日本の先生がお一人でやってるようなモミ屋(・・・というか)の方が、
技術が安定してるし、日本人のツボをいい感じにもみほぐしてくれる、ような気はする。

木彫り人形が「原住民風」な入り口。おっちゃんは客でも店の人でもない、全く関係ない人。
入り口。この木彫り人形が原住民風。おっちゃんは全く関係ない人。 (600x462)
とは思う物の、台湾はマッサージ天国のようだし、マッサージしないと損!!て気になる。
足つぼマッサージを耳にし出した頃、「台湾式」っていってたよね?確か。
てなことで、マッサージ。これが高いんだな(笑)
全身マッサージ1時間1000元以上なんかザラ。円安も重なって、ほぼ4000円以上だ。
で、旅行情報をネットで狩る方ならご存知のナビドットコム㈱の台北ナビさん。
ここには一部、クーポン付きのお店もあって、今回はソレを利用することにした。
東呉大飯店から迪化街をさらに南下して、ほぼ寧夏夜市の辺りにある「太原足體養生會館」。
夜目にも明々と目立つこのマッサージ屋は、広くておしゃれで台湾原住民文化がコンセプトらしい。
こんなにスパっぽいんじゃなくて良かったんだけど、正直、ホテル周辺で見つからなかったのだ。

スンゲーぶれぶれですが、木材・石材をアクセントにきれいな店内なんです・・・。
すんげー、ぶれぶれなんですが、きれいな店内です・・・。 (500x373)
足つぼマッサージは当然、まずはヤスリの足裏を持つツレには是非に!と、
「私」が、角質取りをお願いした。
実はこのツレのガサガサ足裏をどーにかしてもらおう、と、角質取り名人そうな店を選び、
「マッサージに時間をとるくらいなら、まだまだ喰うぞ(まだ喰うのか)!!」と叫ぶツレを
なだめすかしあやしながら引っ張ってきた、ああ、メンドクサイ。
受付(丁寧な日本語)でクーポンを見せて料金の確認をした後、更衣室に案内された。
半ズボンに着替えると、まずは足湯。
ツレの担当は男性、私は女性・・・。しかもスレンダーだ、最悪(笑)
ほんとのとこ、女性のマッサージはあんまり好きじゃない。
細くて華奢な指は局所だけに当たりすぎて(説明出来ない・・・)痛く感じるのだ。
それと、爪ね。伸ばしてはないはずなのに、時たま爪を立てられる。
この女性もそうだった。ツボは的確なんだけど、細い指がピンポイントではまり込む。
そして、ぎゅーっと押す時に爪を立てるのだ。猫のマッサージかい(=ΦωΦ=)
オマケに、1時間もの間、しょっちゅうゲップをするのが落ち着かない(笑)

石棺みたいな洗面(面じゃなくて、足だね)台で、足をぬくめます。
石棺みたいなんで足をぬくめます。 (429x450)
そうそう。ツレの足裏角質はすごかった!!
鏡餅のひび割れみたいなかかとだから、クリームを塗っても浸透しない。
まずは削ってもらって、それから保湿しなくちゃ、とは思ってたが、まぁ、すごいすごい。
寺社にお供えする鏡餅全部を切り分けたくらい、角質がいっぱいとれた。
隣でマッサージしてもらってた私は、白い粉が宙を舞うんで、息をとめてたくらいだ(笑)
やってるベテラン男性も、こんなすごいのはみたことないと喜んで?いた。
って、ことなので、私も生まれて初めての角質取りを体験することにしたが、
最近した?と聞かれるくらい少なくて、すぐ終わってしまった・・・。ツマラン。
で、ツレが言うには、この男性のマッサージはすんごく上手だったらしい。
名前ではなく、指名するときは番号をと言われたが忘れてしまった・・・、
男性にしてもらう足裏マッサージなら、再チャレンジしてもよかったんだけど。

凰美髪廊の外観。技術者も多くサロン風だった。 (401x500) 凰美髪廊の外観。技術者も多くサロン風だった。
そして洗髪(お湯の出が寂しかったので)してもらいに2回、美容院に行った。
違う店だったが、両方とも実に丁寧にマッサージをしてくれた。(爪は当たるが)
頃は2月、春節シーズンの美容院では1割増しになるのが、ナニゲにイタかった。
髪妝造形店外観。下町風なんだけど店主がロック。 (600x337) 髪妝造形店外観。下町風なんだけど店主がロック。無愛想だが、マッサージが丹念。

太原足體養生會館(太原マッサージセンター)のHPは、コチラ。
概ね、料金はこの通りだった(と思う)、台北ナビさんのクーポン券はコチラ。
(料金はメニューページでご確認下さい。)
Googleマップには、「太原養生会館」として載っています。


凰美髪廊(サロン風の美容院)は、この辺り。200元+正月料金で220元、くらいだったかな??


店主がロックンロールな髪妝造形店は、この辺りかな?
並びにコインランドリーがあり、お世話になりました。


次回で、さすがに日本に帰ります・・・。「台北春節ツアー」過去記事一覧は、コチラです。
にゃぁ。猴硐にて。 (400x318)
にゃぁ。猴硐にて。

スポンサーサイト
[ 2015/09/04 ]   台湾・スパ? | TB(0) | CM(4)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。