2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年初春文楽興業

やっぱ蛇と言えば、大神神社。宮司・鈴木寛治氏揮毫の「巳」睨み鯛に挟まれた「巳年」何というか…、大らかな書である(笑)
2013年初春文楽に初心者を連れて行くことになった、我が母である。
私の母だけあってエンターテインメントは大好き、だが古典モノには手が伸びない。
それが行きたいと言い出したのは、「仏価を得ず」(三浦しをん氏)を読んだせい、
私の母だけあってミーハーが身上なんである。
小説自体は、凡庸なエピソードを漫画チックに盛りつけた風なのが
着眼点と題材がいいだけに、もったいないと毎度思うのだけど、
回覧した先々で文楽に行きたいと、皆が言い出すので、
サスガは文楽ラブな作家さん、読ませ上手の本領発揮だ。


くいだおれ太郎の文楽人形。
クリスマス、初詣 117
さて、ご案内させて頂きましたる演目は、住太夫のご本復後初舞台、ではなくて、
本朝廿四考/十種香の段、奥庭狐火の段」の方、赤姫(姫の「王道」の総称)が華やかだし、
白狐がぴょいぴょい飛び跳ね、動きのある舞台は初心者にも飽きないはずだ。
住太夫に簑作は知らずとも、人形遣い・桐竹勘十郎が三林京子の弟で、てなことは
母も知っていて、どうせなら知っている人のお舞台の方がいいだろう、と選んだ次第。
錦秋(文楽)、顔見世(歌舞伎)と続いて、初春(歌舞伎)も控えている私としては、
初心者と一緒であっても、最後部の二等席。
人形の動きが見づらいせいか、それとも小説の影響(主人公は太夫の卵)か、
母は、義太夫節と三味線に、いたく感銘を受けていた。
私もそうだったんだよね、人形遣いのあの呼吸、あの動きの妙もさりながら、
調子を束ねる三味線にのって、義太夫節が絡みつく。
劇場空間はうねりに満ちて、観客は翻弄されるばかりだ。
アレがどうして退屈なのか、ハシモト君は相当、音楽的センスに欠けている(笑)
しかも自分の金でもないくせに、札束で頬を叩く言動ってどうなん。
おまけに「普通科入試」が「素晴らしい決定」って…、どうしたかったん!?
他 「団子売り」「ひらがな盛衰記/松右衛門内の段、逆櫓の段」
逆櫓で、私は初めて人形の「豪快さ」が解ったような気がする。

文楽初春興業に着た取合わせ。初春なんで白い帯でいっか~。
初春なので、白い帯でもいいか。
さて、成人式
今年はドラマがなかったせいか「花魁風」、てなアキレタ娘ッコはいなかった。
ヤレヤレではあるが、年々、着物がコスプレ化している実感は増す。
それでも、着物を海外の人に着せて上げたいってなお嬢さんもいたし、
自家薬籠中の着物姿となるべく、奮闘する(悪戦苦闘中の)お嬢さんもいて、
微笑ましくも頼もしくもあって、女子力アップを目論む乙女心は捨てたモンじゃない。
貢献すべくオバチャンとしては、もうちっと手を上げねばならんのだがなぁ。
息切れしたのか、自己嫌悪の度合が激しいのか、成人式着付けはしたくない、
と、凹んでいる平成二十五年成人式後、なんである。

どんな帯結びを載せたっけ、と過去記事を見たら、同じグチを言ってるよ、私。
今年は(も)帯結びの稽古が進まず、ロクな写真が無い…。
んで、初詣時の着物。出しっぱなしなんで同じ(笑) 羽織が派手なので帯上げだけグレーに。
初詣は派手な羽織を着たので、帯上げがグレー。
国立文楽劇場のHPは、コチラ。4月は心中モノかぁ…。
国姓爺合戦をまた観たいなぁ。
文楽だと荒唐無稽さが増して、一層、楽しいのに。




スポンサーサイト
[ 2013/01/23 ] 和事礼賛 | TB(0) | CM(6)

マヌカハニー、その後。

ぬらりひょん、あらわる。
ぬらりひょん現る。 どつくで。
ハチミツの魔法的効能は、よく耳にする。
養蜂家のおばあさんが、毎日ロイヤルゼリーを摂取していて、80ん歳になっても、
お肌ツヤツヤ、月のモノまであるとかないとか・・・。
月云々は、まぁ良し悪しとしても、お肌ツヤツヤは大いに結構。
ハチミツパックやら化粧水だけでなく、子供の頃、ばあちゃんに、
切ったおデコにハチミツを塗ったくられた思い出は、私だけではないと思う。

さて、そのハチミツくり乃さんに用いてみた、その後。
ハチミツ口内炎に効くと聞いて、あれこれ調べた後、マヌカハニーを注文した。
UMF20 MGO400、アクティブ何とか、その有効成分?薬効成分?の濃度に関して、
それぞれの会社がそれぞれ、(言っちゃなんだが)好きなように単位を設けている。
それについては、コチラが分かりやすい。
問題は効能、期待半分が驚くなかれ、3週間目には、ハッキリ!と結果が出た!!
赤味は残っているものの、明らかに腫れが引いている。
腫れでまくれ気味だった唇もキリリと締まって、ヨダレがすっかりなくなった!!
くり乃さんの口内炎歯肉炎)とマヌカハニーは、相性が良かったのだ!!
完治はなくても腫れがない状態、これを維持できるのならすんげぇ有り難いT▽T
その有難い、くり乃さん御用達のマヌカハニーは、コチラ。
UMF20=MGO400(消化機能に役立つ抗菌性活性レベル、らしい。)の、医薬品レベル。

その用法だけど、食餌に混ぜて食べてくれるなら双方楽ちんなんだけど、
時として、ガンとしてお口になさらない時もある、そのイライラ(私の)は大きい。
何せ、アレルギー用の低蛋白ウェットフードはマズイくせに高い、その高い食餌に、
さらにサプリなんかも振り掛けてるもんで、一食いくらになると思ってんのよ(`-´)
口をこじ開けて、ぐにゅぐにゅ突っ込めるもんなら、そうしたいくらいだ。
そんなだから、食べ残すかも知れない食餌に混ぜるよりも、確実に摂取させたい。
ハチミツは、小さじ1/4程度を朝晩2回、くり乃さんのお口や鼻に塗ったくる。
苦い薬を手にして近寄ると逃げ回るのだが、ハチミツはそうまで拒否らない。
と思っていたら、舌で、ネチネチこそげ落としていることに気が付いた。
くりたん、賢いね~♪って、話ではないんである(`皿´メ)
2ヶ月近い今は“断固拒否”を貫く所存らしいので、こっちだって、
歯ぐきやら口蓋やら舌やらに、白魚の如き指でムリムリ塗りつけたることにした。
さすが12年が培った愛と信頼、くり乃さんも私の指に噛み付くことはないんである。
ただ、いやいやする頭を押さえつけるので、あちこちにハチミツが付いて、
毛がケパケパ、全身からハチミツの匂いを漂わせるになった。
クレオパトラ宜しく、ハチミツパックで美肌になったか、いやそんなことより、
今は虫も出ないからいいけど、夏になったら、アリが巣に運び込んだりしないか、
そんな心配もしてみる。
一研きした後は、この程度には美人ですわ。 どやさ。

さて、毎年恒例、成人式の着付けでございますが、恒例は着付けではなくって、
「こんなこと、してる場合ではないっ!!」という焦りの方。
酒を飲んでは、こんなこと同文。
文楽に行っては、こんなこと同文。
会社に行っちゃ、以下略。
挙句、またもや湯治の計画を立てだす始末、どうよ。
って、ことで、自主的強制退去にいたします。
まぁ、普段からそんな更新ペースですけど、さ。
お風邪なぞ、皆様、召しませぬよう、また遊んでね♪




[ 2013/01/07 ] 日々よもやま | TB(0) | CM(8)

明けましておめでとうございますm(__)m

明けに染まる富士
曙に染まる
一昔前はノストラダムスの予言を乗り越え、
そして2012年、いよいよマヤ暦の終末予言も乗り越えた地球は、
残すところ、いつとは知れないファティマの第三の予言を凌げばよいだけになりました(笑)
終末思想のアンニュイが尾を引く2013年。
(歴史的テーゼから言えば、「世紀末」は世紀をまたいで15年前後。)
大転換期、と言われて久しいような気もしますが、
それさえもヤケノヤンパチ、捨て台詞に感じるのは、
自転さえも分からぬまま、大きな地球にうずくまってるだけの私だから、
大きなうなりに気付けない、だからなのでしょう。

それでも、今日も元気だ、ご飯が旨い(笑)
その有難さを、わが身にもっと刷り込んで、お天道さんに手を合わせてみましょうか。
この世が平穏でありますよう。
そして今年、晴朗な良き年を皆々様がお過ごしになれますよう。
昨年のお心づかいに、深く身にしみて有難く思いますとともに、
本年も、さらなるお付き合いを賜りますよう、改めてお願い申し上げます。
どうぞどうぞ、よろしくね~~~!!

巳年が皆様に良き年でありますよう、心よりご祈念申し上げます。

それそろ↓な心境で、世に在りたく、も?
さて、富士山はどこでしょう?
さて、富士山はどこでしょう?
晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 元の姿は変わらざりけり
                            山岡鐡舟
ま、成人式の着付けが終わるまで、お正月は来ぇへんし。





[ 2013/01/01 ] 日々よもやま | TB(0) | CM(12)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。