2015 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 08






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「トラブルが旅の醍醐味」なんて、ウソだと思うの(´・ω・`)

龍山寺と幻の街
龍山寺と影絵のような街の景観。
こんなに天気図とにらめっこした毎日は、なかったかもしれない。
台風11号の上陸が確定し、ガッカリ3連休の様相が濃厚になりそうな頃だ。
一体、誰の行いが悪いのか、ツレの悪行を逐一思い出して罵ってみたけれど、
どうにもこうにも、出発日が近畿上陸と重なるのが明白になったので
まぁ、フライトキャンセルになったら、どっかの温泉にでも行くかー、
と暢気に、予約サイトを開いたりもしてみた。(台風で外出不可、とは考えてなかった。)

いよいよ台風来襲が確定した出発前日、着信履歴の見知らぬ電話番号を見て、ピンと来た。
案の定、航空会社からで「欠航の可能性があります」連絡だった。
ついては、本日の夜便に振り替え可能ですが、如何ですか?
はぁああーーっ!?
出発予定日(昼便を予約)の夜便とか翌日便とか翌日の夜便とかに、振り替えられんのですか?
まぁ、夏休み突入の三連休だからムリか・・・。
で、私の中では(暢気にも)温泉宿を決定しつつ、ツレに連絡した、
ら、「行く」だと。
え?マジ!? アタシ、荷物を詰めてないし仕事中だしケータイもタブレットも充電してないし。
「行く。」欠航決定も待たずに?「行く。今日、行く。」
そこから食事も取らずに仕事を片付け(隠した、が正しい)、その間、ホテル手配までした。
早めに帰宅が出来たので、まとめていた荷物はパッキング出来たが、とりあえず、
使い捨てコンタクトとパンツ(下着の)を一つ余分に加えることは、忘れなかった。
シャワーだけは辛うじて浴びて、風が強くなりだした中、リムジンバスに飛び乗った。
絶対に忘れ物してるわー、と不安はあった(実際、あれこれ忘れ物は出てきたが)が
空港で、海外旅行保険の変更をしなくちゃいけないことを思い出した。
家を出たら、もうアウトなんですね。飛行機に乗る、一番、保険が必要な時にないなんて。
まだお家にいま~す♪って、可愛くウソをついておけばよかった(笑)

にゃんで、帰ってけーへんのや・・・
ゆ、許せにゃいT^T
我が家の愛おしイトさんにも毎日、○日からお出かけする、と言い聞かせておいたんだが、
急な出立に理解が追いつかんかったらしく、帰宅した日には離れた場所から罵られ続けた。
が、3時間後にはまぁ、いつもの愛おしさんに戻ってめでたしめでたし。
最近、旅にまつわるトラブルがあれこれあるんだけど、トラベルの語源はトラブルで、
てなことをぶつくさ言いながら、とりあえず今後、台湾は冬に行くことにするわ(笑)
で、続くのは古い方、2015年2月の台湾旅行記にて。 m(_ _)m
ま、そんなことで@慈聖宮 ま、そんなことで。@慈聖宮

被災された方もおられますのに、暢気な顛末で本当に申し訳ございません。
11号に限らず、全ての天災被災者の方々の一時も早い安寧を心よりお祈り申し上げております。
スポンサーサイト
[ 2015/07/29 ] 日々よもやま | TB(0) | CM(2)

平渓線ワンデイトリップ①猴硐(ホウトン)編

一々がカワイイ猴硐ホウトン)の駅舎。
一々、カワイイ猴硐の駅舎。
平渓線は1時間に1本しか走っていない上、折柄の観光ブームでとても混むらしい。
だから、有料でも良いから座れる特急「自強号」に乗るつもりが、
案の定、出遅れてローカル電車に乗ることになってしまった。
まず、平渓線で外せないのは猴硐(ホートンホウトン)!猫村である。

ホンマモンだっていらっしゃいますにゃ。
本物だっていらっしゃいますのよ
九份方面と平渓線との分岐駅である瑞芳(ルーファン)で乗り換えるのかと思っていたら、
出遅れて各停に乗ったのが幸い、その電車はホートン方面だった。
元々は炭坑の街として栄えたのが、今はほとんど住む人もいない。
それに比して立派な駅なのは、炭坑時代の名残なのか、猫様のお陰なのか(笑)
駅を出ると下る方向(谷側)に、廃墟となった選鉱所とお土産物屋、食堂が数軒。
そして山側の方に、多分2,3家族がお住まいのお家と猫猫猫がいる。

人も猫も、商売っ気がなさ過ぎて・・・・・・・、泣ける・・・・・。
お店も招き猫も、商売っ気がなさ過ぎて泣ける。
あまり語ることはない。
山側のお宅にも1軒、日本で売ってるような猫小物と飲み物が少々、置いてあった。
小物は本当に値段もデザインも日本で見るのと変わらず、食指が動かなかったので、
ツレに飲み物を買わせた。ラムネは日本時代の名残なんだろうか。
冴え冴えとした山の空気と、かつて賑わったからこその寂寥感。
わずかばかりの住人、その住人よりもわずかな犬、
そして、かしずかれる貴族猫たち皆々、穏やかな日々であれと祈る。
他に語ることのない、けれど訪れた人の手にそっと包まれる、猴硐という猫村。
オマエってやつは! そんな幸せ。

台湾鉄道(台湾鉄路管理局←もっと難しい旧漢字)のHPは、コチラ。

線路を越えた方の駅前。多分、食堂もある。さて、猫は何匹?
線路を越えた方の駅前。食べられるお店も1,2軒あります。さて、猫は何匹?

その中の時刻表検索は、コチラ。 例えば、台北駅発で平渓線に乗りたいならば、
起程站を「台北地区」&「台北」車站とし、到達站を「台北地区」にしてからプルダウンで目的駅を選びます。
(「平渓線」で探していたので、私はこれが中々、解らなかった・・・。)

線路の向こう側。廃墟の選鉱所?跡。
線路の向こう側。選鉱所跡?

パソコンは壊れるわ、Wi-Fiルーターも壊れるわ、書きかけのブログも吹っ飛ぶわ、
なんか散々な「台北春節ツアー」記事一覧は、コチラです。 以下、猫写真でお和み下さいませにゃ。

春節が間近い、住む人は少なくとも。
春節は間近い、住人は少なくとも。

台湾って、割とトコトン?
割と、台湾ってトコトン?

駅の猫舎。愛が溢れて止まらない(笑)
愛が溢れて止まらない(笑)

猫小屋の屋根に、展望台まで作ってもらって・・・、君らにその愛が解るか?
猫小屋の上に展望台まで設えてもらって、君らに愛が解るか?

白い恋人!!??
白い恋人!?

オトナの関係。
オトナの関係

お子ちゃまたち。可愛すぎる~!!
お子ちゃまたち にゃんてにゃんて、かわいいんだーっ。

やぁ。 やぁ。
  
よっこら よっこら、
  
しょっと。 しょっと。
  ↓ 良いお年を。
良きお年を。

いきなりの台風シーズン、一挙に蒸し暑くて気怠い毎日ですが、皆様、お健やかにお過ごしでしょうか。
3泊4日の旅行だったし、あんま書くことないやと思ってたら、ま~。
台湾旅行記、まだまだ続く続く続く(^_^;)
この調子なら、引き続き、第2回台湾旅行記に突入だな。

ええ、そうなんですの。
2015年は、くり乃々的台湾元年ともいうべき年で、またちょっくら行ってきますの。
おまけに、12月のタイ旅行の飛行機もチャイナエアラインと台湾尽くし(笑)

希少種。
ハミゴですねん・・・。

だけど・・・・、飛行機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、飛ぶんかな・・・・・・・(´;ω;`)

にゃ。 にゃ。


[ 2015/07/13 ]   台湾・行動楽 | TB(0) | CM(9)

平渓線ワンデイトリップと悠遊カード(easy card)

しゅっぱーつ!しんこぉ~!! 平渓線の電車。
しゅっぱーつ!しんこぉ~!!平渓線の電車。
台湾に行くなら九份。これは、旅行の予定がなかった時から言っていた。
九份。「非情城市」の舞台、今なら「千と千尋の神隠し」の方がピンとくる台湾の老街だ。
が、である。何にでも「が」「しかし」が付くんである(笑)
そう、九份は「非情城市」以来の観光ブームが今もなお、続いているんである。
う~ん・・・。
人がいない朝靄の九份は美しいらしいが、そうなると一泊したいところ。
またも「が」である。頃は冬、九份は台湾北部の台北よりさらに北に位置する山の上だ。
寒いんじゃないか?しかも台湾には暖房がない・・・、多分、私はムリ。

十份老街
十份の老街。
綺麗にスッパリ!諦めました、今回はね。そんで、九份の宿って高いんだよね(笑)
よっしゃ、平渓線のワンデイトリップに切り替えよう。
多分、台湾は今、レトロブームと相まって「ディスカバリーTAIWAN」な気分なんだと思う。
発展し続けて、古の台湾香る風景が懐かしく新しい、そんなお年頃になったんだろう。
だから、台湾鉄道(国鉄)のローカル線である平渓沿線は、とても人気があるようだ。

平渓線と言えば猴硐(ホートン)。猴硐と言えば、コレですにゃ。
平渓線と言えば、猴硐。猴硐と言えば、コレですよ。
インターネットで、外国の鉄道会社の時刻表まで調べられるなんて、
なんと便利な世の中になったもんだろう。
その時刻表通りに、電車が運行されるかどうかは、別の問題として。
そして、その台湾鉄道のHPを見て、すぐ厄介なことに気がついた。
漢字では説明がイマイチ把握出来ず、英語では地名が分からない!!
そう。私の頭は日本語読みで大橋頭は「おおはしあたま」、龍山寺は「りゅうざんじ」。
英語サイトを開いたところで Daqiaotouて、どこのことー!?(ダーチャオトウ大橋頭)

炭坑の輸送線であったことを今に伝える、菁桐のロータリーにあるオブジェ。
菁桐のロータリーにあるオブジェ。
東呉大飯店に近い地下鉄「大橋頭」から台北駅までは、地下鉄を乗り継いでも10分程度。
そこで購入しておきたいのが、ICOCAの様なプリペイドカードである悠遊カード(easy card)。
悠遊カードがあれば、料金表で右往左往しなくていいし、地下鉄料金は割引になるし、
地下鉄→バスの乗り継ぎなら、これまたバス料金が割引になるらしい。
チャージしても使い切れない、てな心配も無い。
コンビニや一部スーパーの支払いにも使えるし、国鉄も一部は使えるようになった。
ここ1,2年で平渓線でも使えるようになったらしく、買っておいて損はない。

日本人技術者が住んでいた和式住宅。私には懐かしくもある、社宅の風情。@菁桐
日本人技術者用住宅。半分はなくなったけど、半分は残っています。@菁桐
ん~。確かMRT(地下鉄)大橋頭の自動販売機で買ったんだったかな?
確か、デポジットが100元で、200元くらいチャージ(加値という)したんだったか・・・??
何で、こんなに記憶がないんだろう!???
私達は行く前から、台湾再訪を視野に入れていたので、チャージしたまま持ち帰ってきたが
残金分は精算もしてくれる、いくらかは手数料で減額されるそうだけど。
ただ、この悠遊カード。
改札を通る時、そのピッとする部分が、ものごっついシビアだと思うのは
私だけだろうか・・・。

平渓線車内。丸い連結口?が中華っぽくて好きかも。お弁当を広げても平気、なようです。
平渓線車内。丸い連結口?が、中華っぽくて好きかも。お弁当を食べる人もいます。
台湾鉄道(台湾鉄路管理局←もっと難しい旧漢字)のHPは、コチラ
その中の時刻表検索は、コチラ。 例えば、台北駅発で平渓線に乗りたいならば、
起程站を「台北地区」&「台北」車站とし、到達站を「台北地区」にしてからプルダウンで目的駅を選びます。
(「平渓線」で探していたので、私はこれが中々、解らなかった・・・。)
パソコンは壊れたまま、とりあえず出発進行な「台北春節ツアー」記事一覧は、コチラです。
春節。台湾では文字通り、春が訪れる。
春節。2月の台湾には、春が訪れる。
[ 2015/07/10 ]   台湾・行動楽 | TB(0) | CM(2)

延三夜市と施家鮮肉湯圓

延三夜市、大橋頭駅方向の入り口。本当に夜市だってば!
延三夜市。本当に夜市だってば!!
人混みに負けて、楽しみにしていた夜市グルメを堪能出来なかった私たちだが、
今度は、東呉大飯店を北上すること10分程の延三観光夜市へ突入した。
延平北路三段辺りにある夜市だから、「延三夜市」。
何でも略す大阪(曾根崎警察をソネケイ、谷町4丁目をタニヨン他)みたいで馴染みが良い。
ブロックの手前からすでに明々とし混み合っていた寧夏夜市とは異なり、
延三夜市は「え?」というくらいに暗い。
すでに地味じゃね? すでに地味じゃね?
柱に「延三観光夜市」と書かれてなければ、夜市と気付かず通り過ぎてしまいそうだ。
しかも「観光」って。違うと思う(笑)
延平北路は夜市だからといって歩行者天国にはならず、車は普通に走っている。
その広い道路を挟んで、店はあるわけだ。
・・・・・、ワケだが、それが屋台なのか、常設店舗なのかが不明(笑)
商店街の店が歩廊に張り出しているのか、屋台がやってきて歩廊に店を出しているのか。
「この店」で食べるつもりが他所の店だった、何てことも起こり得そう。

施家鮮肉湯圓入り口。手前のテーブルは別の屋台で、湯圓がメインだったりする(笑)
施家鮮肉湯圓。手前のテーブルは別の湯圓屋台(笑)
とりあえず延三夜市では、私が「絶対に!!」食べたい店があったので、
ふらふらよそ見せず、一路目指す。
日本語ブログでもしょっちゅうお目にかかる「施家鮮肉湯圓」。
狙いは、タイトルロールの「鮮肉湯圓」。
さて、店の前にある屋台と一瞬、迷いかけたが、施家鮮肉湯圓は屋台ではなく常設店舗だ。
入り口でまず、店で食べるか持ち帰るかを伝える。
注文個数を書き込む伝票の色が、それによって異なるのだ。
ポーションがよく分からないので湯圓、ゆで野菜一つと私は香菇肉飯、ツレは控肉飯。
手前が香菇肉飯、奥が控肉飯 手前が香菇肉飯、奥が焢肉飯。あー、お腹すいた。
大陸妹とかいうサニーレタスのごついのんみたいな。 大陸妹とかいうサニーレタスのごっついみたいのんみたいな。
これですよ、これ。 これですよ、これ!これ食べに、台湾にまた行くわ。
お酒はなかった。ないのは知っていたが一応、お店の方に「ビールは?」と聞いてみた。
「ビールはないの。近くのコンビニで買ってきて」みたいなことを多分、言ったので
OK?とバッグからおもむろに缶ビールを出して見せた。
お姉さんは、もちろんよー♪みたいに笑って、なんと紙コップまで持ってきてくれた。
こうなると、料理が少々口にあわんでもかまへんでー!!のテンションに上がる。
が、出てきた料理を一口食べたら、かまへんかまへんどころではない。
鮮肉湯圓を一口かじれば、弾力のある団子から熱い汁がピューと飛び出す。
その濃厚な肉汁とは裏腹に、スープ自体はあっさりしたコンソメだ。
香菇肉飯の肉と渾然一体になった干し椎茸(香菇)は、舌の上で風味を主張する。
油っぽさが不安だったゆで野菜も、シャッキシャキで口の中がさっぱりする。
これぞ味覚のシンフォニー!
狭い店内にミッシリ並べられたテーブルで身動きもしづらい程だが、
入り口辺りも席が空くのを待っている人、持ち帰りを待っている人、行列だ。
施家鮮肉湯圓の味だけでも、台北再訪の価値はある。
タイで大好物になったセンヤイ炒めみたいなんもあったし♪

ツレは、その後に握りを外帯した。
ツレは、その後に握りを外帯した。 こんな風に、注文したら握ってくれます。 こんな風に、注文したら握ってくれます。
施家鮮肉湯圓のHPは、コチラです。中国語だけどね。
パソコンが壊れ、サーバー異常にもめげず進行する「台北春節ツアー」記事一覧は、コチラです。
【用語解説コーナー(笑)】
鮮肉湯圓 湯圓は白玉団子みたいなん。その餡が肉餡になっている。
焢肉飯   豚スペアリブ煮込みが乗ってるご飯。施家鮮肉湯圓さんは、タケノコも乗ってます。
魯肉飯  台湾のソウルフード。東坡肉風の細切りお肉をのっけたご飯というか。
香菇肉飯 煮込んだ干し椎茸をそれに混ぜましたみたいな。魯肉飯よりアッサリしてる。

う~ん、読めないか。 施家鮮肉湯圓のメニュー。拡大しても読めないか。


施家鮮肉湯圓は、ここ。延三夜市はその辺り一帯です。
[ 2015/07/08 ]   台湾・味道楽 | TB(0) | CM(4)

一応、寧夏夜市と四海豆漿大王(多分)

泰式風味って書いてあるから、タイ風フライドチキン(ガイトート)の事かな?
タイ風チキン、ガイヤーンとかかな?
台湾旅行以来、最も印象に残っているのが、故宮博物館でも衛兵の交代式でもなく、
夜市だ。
どのエリアに泊まったかさえ記憶していない(多分、知らなかった)ので、
何という夜市だったか、これも覚えていない。
車輌通行止めになった広い道の真ん中部分にテーブルが置かれ、「猪血」だの「下水」だの
オトロシゲな単語が、食べ物屋台にぶら下がっていたことを記憶している。
それと「ゴミ」の臭い。(後述)
で、それらに恐れをなしたかと言えばそんなことはなく、
うら若き(23才を「うら若き」と言って良ければ。)乙女な私は、もうワクワクしたんだ。
今日、地元民しかいない市場にずかずか入り込み、通じない言葉であーだこーだ言う私は、
数年前コホン、ン十年前に醸成されていたわけです。

夜の9時半頃なのに、動物病院はまだ開いている。台湾は宵っ張りだ。
9時半頃なのに、動物病院はまだ開いている。
さて、私たちが泊まった東呉大飯店は、ロケーション編にも書いた通り、
「延三夜市」と「寧夏夜市」と2つの夜市に恵まれている。
10分~15分を歩くのを厭わなければ、だ。(徒歩圏内に何もないという口コミもあるので)
まずは東呉大飯店を南下すること15分程の、賑わってそうな寧夏観光夜市に行ってみた。
割と日本語ブログでもよく目にする夜市だ。
日本語に限らず台湾人のブログまで逍遙し、「寧夏夜市マップ」を作ったのは、ツレだ。
この人は手配は何一つしない上、たまにやらせると百倍文句を言った挙げ句に
失敗するという(しかも「俺にさせるからやん」と開き直る)使えん奴なんだが、
なんか、こういう部分の下調べだけ綿密に頑張るんである。
讃岐うどんツアーの詳細な行動表をお見せしたいくらいだ。だが、手配は出来ない。
かつまた、それらのミッションが遂行可能かどうかの検証も、どうやら不得手のようだ。
まぁ、いいや。

寧夏夜市は海鮮屋台が多い(と、ツレ)。グビッと一杯!と行きたいもんだ。
海鮮BBQ屋が多い。これでグビッと一杯。
ツレの作った寧夏夜市マップは、各屋台のお奨め料理と値段が記載され、
彼の期待度の髙さを物語っていた、
が、B級グルメへの熱い愛と真反対方向に、行列と人混み嫌いのヤツの針が振れる。
そう。寧夏夜市はと・ん・で・も・ない人混みだった。年末の黒門市場くらいに。
(大阪の人にしか分からない。浪速の食い倒れを象徴する市場。)
歩行者天国になった道路の真ん中部分にも屋台筋が作られ、何というか、
道の両脇に屋台+中央分離帯状に屋台が並ぶ、そんな感じ。
そしてその屋台群に、これまた人人人人人。
何を食べようとか吟味しようとか、それどころではなく、人波にもまれて流される内
気がついたら寧夏夜市を出てしまっていた(笑)
あんなに詳細なマップを作っていたのに、サスガに気の毒になって、
寧夏夜市に戻る?と聞いたけど、ツレはげっそりしてその情熱を失っていた。
迪化街の人混みといい寧夏夜市の人混みといい、それが台北のデフォルトなのか
春節間近い賑わいなのかは分からない。

チェーン店というには、手作り感満載の四海豆漿大王(多分)。このパンみたいなんが( ̄「 ̄)ジュル
台湾 107
これが鹹豆漿。油條が揚げ麩みたいにとろとろ。 餡はなかったと思う。油で焼いたパン♪ 左が鹹豆漿。油條が揚げ麩みたいで( ̄「 ̄)
とりあえず、私は夜市近くに豆漿屋さん(多分、四海豆漿)を見付けて、念願の鹹豆漿を購入した。
店先には胡椒餅のような蚤餅のような物も並んでいて、食指を動かされずにはいられない。
で、満足。(これだけ費やして、寧夏夜市の情報はナシかよ。)

今回、「ゴミ」の「臭い」はゴミではなく、「臭豆腐」の「匂い」であったことを知りました。
台湾の名誉を毀損したことを深くお詫び申し上げ、謹んでここに訂正させて頂きます。
夜市は意外なほどゴミの臭いはなく、日本のお祭りの方が臭い(`・ω・´)。そして臭豆腐は臭い。
これだけ言葉を費やしてもちっとも役にたたない「台北春節ツアー」記事一覧は、コチラです。

寧夏夜市は、この辺り
    
鹹豆漿が美味しかった四海豆漿(多分)は、この辺り
    
[ 2015/07/05 ]   台湾・味道楽 | TB(0) | CM(6)

がーーーーーんっ・・・・・・・!щ(゚ロ゚щ)

ぱ、


ぱそ・・・、



ぱ、ぱそ、ぱそ




パソコンが、壊れたーっ!!



(T□T)

思いおこせば、我が家のいとはんが好酸球性腸炎を発症されて、
その折りに壊されたノートブックの後任に我が家にやってきて幾星霜・・・、10年くらいにはなるのかな?
いきなり、ぷつーーーーーーんと息絶えてしまわれた。

ま、重いわ固まるわ、そろそろ寿命かなぁとは思っていたんで、
もぉ、修繕に出そうという気さえ起こりませんわ。

しくしくしく、せっかく順調に更新していたのに・・・。
って、ことで、そんなこんなでタブレットでのご訪問にはなりますが、読み捨てご無礼。
(毎度のことでm(__)m)

アテクシの膝の上で、猫動画に見入るお嬢様。
ねこ動画に見入るお嬢様
そうですよ、この子がノートPCの上にゲロッたもんで、壊れちゃったんですよ。
だから、上に乗っかれない一体型に買い換えたんですが、
今のんって、やたらにモニターがデッカイし、解像度もめちゃくちゃ良すぎて・・・。
は~~~~~~~ぁ、イタイわぁ。



[ 2015/07/02 ] 日々よもやま | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。