2016 031234567891011121314151617181920212223242526272829302016 05






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台北&北投温泉2014年7月 総括

1920年頃を舞台にした映画にでも出てきそうだ。迪化街辺りにて。
IMG_6536 (520x432)
そんな2014年9月のバリ旅行の後、2015年2月、久々に台湾に旅行した。
その後、ちょっと勢いづいて、2015年7月にまたもや台北に。
これは、ギリギリになって急に決めた。
何故なら、5月に事故ったトランスアジアの航空券がセールだったから(笑)
乗る予定だったGE601便が、シーズンにはまだ早い直撃台風で欠航になり、
出発前日21:00発のGE603便に振り返られた。


物売りの客寄せではない。愛鳥連れでお詣り。手乗りさせてくれたりポーズしてくれたり*^^*
IMG_6625 (335x480)
その時には、やれウーライだ平渓線だと、郊外に行ってしまったので、
今回は、腰を据えて台北観光をする予定。
・・・・・・・・・、どこ行ったっけ。
春節で迪化街がどえらい人出で歩き回る気になれず、永楽市場も店じまいだったから、
今度こそ迪化街を堪能しよう、そして、龍山寺と行天宮にも行ったんだ。
行天宮では「お祓い」?みたいなこともしてもらった。
龍山寺周辺はお年寄り達の、というか、ヒマを持て余した人たちのたまり場みたいな、
浅草の雰囲気にも似て、少々いかがわしくもある下町風情が興味深かった。

「Hotel Double One(北投倆人旅店)」の客室温泉浴槽。温泉成分で劣化が早そうだ。
(温泉浴槽に、こんな小さいタイルを貼る方がどうかしている。しかも曲がってるし笑)

IMG_6823 (480x344)
そして暑いのに北投温泉に1泊。台湾の冬の温泉宿は高いのだ、だから夏に宿泊した(笑)
泊まったのは「Hotel Double One(北投倆人旅店)」。
ちょっとベタな温泉街風情の北投温泉にあって、デザイナーズホテルとでもいうか、
小さくて小洒落たホテルだったが、選んだポイントの第1は、
部屋付きの温泉浴槽とバスルームが別々に配置されているということ。
バスルームが別にあるということは、お手洗いも温泉浴槽とは別にあるということ。
そこが、私には重要だった。
だらだら浸かる温泉のすぐ横にお手洗いがあるって、イヤじゃない?
ビール飲むのも憚りたくなるやん。使うのは自分なんだけど(笑)
入り口脇にお手洗いとシャワーのバスルームが向かい合わせにあり、
数段上がった所にベッドルーム。
そして縁側部分に、高台の景色を見晴らせる大きな窓と小さな座卓、温泉浴槽があった。
高温で酸性の湯は、あまり浸かりすぎると湯あたりする。

安心して下さい。履いてますよ。親水公園露天温泉浴池をお隣の「梅庭」から盗み撮り。
IMG_6761 (520x498)
北投では、親水公園露天温泉浴池と日本統治時代からある瀧之湯温泉にも入ってきた。
温泉浴池は2時間毎の入れ替え制で、いつでもは入れない。
IMG_6764 (480x387) 親水公園露天温泉浴池の営業時間。もちろん、朝イチが一番、良い湯だとは思う。
水着着用の混浴露天風呂だが、レジャー感はウーライ温泉浴池程度には欠けている。
ちゃんと監視員がいて、ルールを外れるとピシパシ大声で注意が飛んでくるのだ。
浴槽の縁に腰掛けない、これだけは懸命に守ったが、北投げの湯は熱い。マジで。
腰掛けないためには、結構な努力と集中力が必要となる。

※ 浴槽がいくつかあって、高い所から順に湯がこぼれるようになっている。
だから、一番低い浴槽はぬるくて心地よいが、湯は新鮮ではない。
おまけに劣化した湯と言い難い匂いもするので、新鮮な湯が注がれる一番高い浴槽が望ましい。
が、新鮮な分、湯は高温。我慢比べか根性試しか浸かっているのは男性ばかりで、
皆、真っ赤にゆだっていた。
熱さに悶絶する(熱いから出たいが、動くのも熱い)私を見て、にやにやしていたが、
温泉大国日本から来たハシクレだ、根性だして入ってきたさ( ̄ ^  ̄)ドヤサ


この懐かしい佇まい。中だって「草枕」にでも使えそうだ(笑)
IMG_6841 (480x352)
そして、瀧之湯の女湯ではおばちゃん達が私の一挙手一投足を見守り、
あーせえこーせえと、お節介をやいてくれる。別府の公衆温泉と同じです(笑)
熱さに負けて早々に退散する私を尻目に、大きな扇子で裸体を扇ぎくつろぐ女達は、
あたかも東洋版「トルコ風呂」(アングル作)、あー、うん。そんくらい悠然としてるのだ。

国父史跡記念館の庭から新光三越のビルを臨む。この青空通り、そりゃ暑いったら。

IMG_6935 (382x520)
温泉地の常で夏の北投は、一層暑かった。そして、北投の湯は体に熱をこもらせ益々暑く、
2016年7月、台湾の旅はただただ、「暑かった」で総括。
序でに言っとくとトランスアジアは怖かった。着陸時にドウン!とバウンドするんやで(笑)
IMG_6669 (332x400) 
売り出し中の電動バイク。街中で見たことがないが、台湾には必要だと思う。カワイイし。

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

九州は生誕地でもあり、私の心の故郷です。
通り一遍のことしか今は述べる言葉がなく、親戚はもちろん
友人知人、そして旅先で袖すりあった方々の無事をただただ願うばかりです。
被災者の方々、また、救助活動に赴かれた方々のご安全とご健康、
平穏な日々が一刻も早く訪れることを心からお祈り申し上げます。

こんなことしか書けない、でも、書かずにもいられない…。
ナマズってのが本当にいればいいのに、そしたら、今の技術で、
ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーーーーっっっとっ!!!固めちゃえるのに。
スポンサーサイト
[ 2016/04/21 ] 旅の情景 | TB(0) | CM(6)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。