2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミンピ・リゾート・ムンジャンガン1./ヴィラ編

  お庭とバレ、その並びにバスタブ
「夢」という名を持つリゾートホテル「ミンピリゾートムンジャンガン」は、
バリ西部国立公園(Taman Nasional Bali Barat)域内の村、バニュウェダンにある。
バスタブなしのカテゴリーが手頃だが、奮発して露天風呂つき「コートヤードビラ」。
南京錠で施錠する門をくぐると、小さな庭にテーブルセット、バレ、温泉バスタブ。
一軒を半分コしたビラは、不足はないが広くもない。
庭に面したドア兼用の窓は壁一面、もう一面の小窓は木の雨戸?のみで、ガラスなし。
だから閉めっぱなしで、やっぱりバリらしく部屋は薄暗い。

高いアランアランの屋根の下には、ロフトがあって、ベッドがもう一つ。
エキストラベッドかな?お昼寝用かな?でも、風が通らず息苦しい感じ。
バレ(東屋)はあるけれど、部屋の中には寛ぎスペースはない。
門口が狭い木の観音扉を開けると、一方向がオープンエアになった洗面室、
庭からも入れるので、濡れた水着のまま、すぐシャワーを浴びることが出来る。
ペーパーホルダーがおされですが、遠いですな。
トイレも風通しがいいワケで、快適に(何故かトイレにある)ホテル案内が読める(笑)
湯量も豊富なシャワーは固定式に、可動式の…、ハンドシャワー?
これ、ホテルやお店のお手洗いについてるの、見たことある。
トイレに腰掛け外を見ると、シャワー(笑) 石鹸台のあたりにあるのが、ウォシュレット式シャワー。 → 参考資料 参考資料(笑)パディプラダのお手洗い。この黒いホースの。
これ、可動式?ウォシュレットだったの?! 知らんかったわー!
ドビュー!っと、お湯が出るんやけど、お手洗いがびしょびしょにならへんか?
ともあれ、バスタブがなくても、すみずみまで洗うことが出来るわけ^^;;

ロフトの下部分がクローゼット(セイフティボックス有り)、冷蔵庫もあるミニバー。
お湯沸かしとコーヒー類が一通り、ミネラルウォーター(350ml)は、毎日一人1本。
小さなリンゴにミカン、サラックとウェルカムフルーツに、お花も添えてあった。
部屋の一画。虫除け、アロマろうそく。フランジパニは、こういう風に置いてあった。
木製カウンタテーブル、ツリー風ランプ、無漂白の再生紙用箋、自然素材が心地よい。
お姫様ベッドがカジュアルな内装に似合わないけど、これは実用品、蚊帳なのだ。
イカット風のベッドカバー。夜は、カーテンですっぽり覆う。
なんせ、枕元には小瓶に入った「虫除けローション」まで。
蚊取り線香はどこでも常備品だけど、ここまで用意がいいのは初めてだ。
・・・、蚊が多いのねT▽T

ミンピ・リゾート・ムンジャンガン(MimpiResortMenjangan)のHPは、コチラ。
バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。

次回は温泉^0^
[ 2010/04/26 ]   バリ・お宿 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/101-ddf1b988









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。