2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界自然遺産に会いに行こう/まだ、寄り道…。

さて、一体何時になったら屋久島に上陸するんだろう。果たして上陸するんだろうか。
鹿児島南港ジェットフォイル乗船場のコインロッカーに荷物を預け、
大急ぎで桜島行きのフェリー乗り場に向かう。
2時間ばかりある鹿児島滞在時間を、どのように有効利用するか。
1. 鹿児島ラーメン(昼食時間には、早すぎた)
2. 温泉銭湯(せっかく塗りたくったUVが流れ落ちて、面倒)
3. 美術館(港から遠い上、一日遊んでしまう)
4. 水族館(港に近いが、やっぱり一日遊んでしまう)
5. 大河ドラマ(2008年は「篤姫」だった)のセットを利用した「篤姫館」(弥次が無視)

で、なんでか、一番人気のなさそう(笑)な桜島に行くことにした。
フェリーは、10分おきぐらいに就航していて、所要時間も片道15分程度。しかも100円。
この日は社会実習(なんて言うのかな?)で、中学生が操舵室にいた。
下船の時には、船員さんと一緒にタラップでお見送りもしてくれる。
いいな、羨ましいな、操舵室。この授業だけが、私が唯一賛成する教育改革だ(笑)。

 桜島山と溶岩帯
桜島の港すぐ近くの「大正溶岩原」にある遊歩道をてくてく歩く。
黒い溶岩の間から、ひょろりと松が生えている。上海の岩石庭園かSF映画のセットみたい。
私が子供なら、絶対、宇宙戦争ごっこしちゃうな。
皆様、桜島って、いつ陸続きになったかご存知?
大正時代の大噴火以来ですって!もっと大昔からだと思ってました、ワタクシ。
この遊歩道には東屋があちこちあって、工事作業員や釣り人に昼食場所として活用されている。
そのせいか遊歩道のはずなのに、単車は乗り入れるわ、軽自動車はおるわ、
軽トラまで走ってるわで、フツーに道路やん。
真っ昼間かんかん照りの下、一人で歩く私が珍奇なのか、運転手のどなた様からも熱視線だった。
いや、遊歩道ですから。

わずか30分程の桜島滞在。わずか往復30分に満たない船旅。
潮風が気持ちが良かった。
ジェットフォイル船には、甲板がない。船内もウロウロしちゃいけない。
だから桜島に寄って、小さくても船旅がしたかった、風と潮の匂いを感じたかった。
因みに弥次は、桜島マグマ温泉(ナイスネーミングな国民宿舎)へと別行動。
ナイスビューな鉄泉で大層よかったらしいが、温もり湯のおかげでこれまた大汗…..。

さて、トッピー乗船前に昼食でも、とラーメン屋さんに入ったのが大失敗。
鹿児島なのに福岡ラーメンだね、憎まれ口を叩きながら、ラーメン遅いぃと、時計を見る。
12時55分。トッピーって13時10分発でしょ?!13時半発やろ?と弥次。
えぇ?そうだっけぇ?!行程表を確認…………、10分発。
店員さんに叫ぶ。船の時間、間違えてたの、食べる時間ない!
(間違えてたのは、弥次。私は、現在時間を把握していなかっただけ。どっちが悪い?)
店員さんの手元には、湯気の立つラーメン鉢がぁ!お金払いますぅT.T
お金はいいから急いで下さい、だって!なんて、親切なんだろう(感涙)。
店中の注目を浴びながら、走り出る私達……。
食事どころか、座席券に変える時間さえギリギリやん。(で、窮屈な席しか残ってなかった。)

鹿児島南港の商業施設ドルフィンポート内「九州筑豊ラーメン 山小屋」です。
お願い。どなたか食べに行って、御礼方々この弥次喜多の分もお支払い下さい。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/11-5282f4c3









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。