2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

La Taverna(ラ・タヴェルナ)/パブリック編

ラ・タベルナの前庭。
サヌールのオンザビーチのホテルは、JLラナウタンブリガンに入り口を設け、
海に向かって、細長く敷地を伸ばしている。
海に到達しないまま、途中で止まっている海無しホテルも、まぁ、何軒かある。
南国は緑の生育速度が速いのか、緑陰濃いホテルは多いが、
創業40年も経つ老舗ホテルの庭は、それは見事だ。
ラ・タベルナも道路沿いに、総敷地面積の1/3はありそうな前庭がある。
ちまちまと店が続く通りがふと途切れ、見上げんばかりの大木と緑のエントランスは
好奇心での安易な立入を拒み、秘密の高級リゾートのようだ。(実は3星。)
朽ちかけた邸宅を演じたような門を潜れば、木々の影に、コテージやビラが点在し、
通路には白砂がまかれ、降った雨もきれいに吸収してハネも上がらない。

さて、このホテルには各部屋にテレビがない。
大体があんまり観ないんだけど、頃はFIFAワールドカップ真っ最中。
時期も時期なら、寄りによって選んだホテルにテレビがないっ( ̄□ ̄||)
ご安心あれ、庭には大きな東屋があって、応接セットとテレビがある。
が、夕方以降、滞在客の誰彼がそこで憩って、うたた寝したり酒を飲んだり。
だからレーザーバーに出掛けたワケだけど、それはそれで楽しい経験だった。

プールの水吐きカエル
長方形の大きくはないプールが一つ、レストランの横にある。
レストランを過ぎればビーチで、デッキチェアに座っているとタオルを持ってきてくれる。
物売りやマッサージおばさん達は、ホテル警備員にやんわりと追い出されるが、
客の顔色で判断するその、阿吽の呼吸と距離感は、微妙で絶妙だ。
ホテルを振り返ると、ラ・タベルナの椰子の木は、群を抜いて高く青空に映える。
蘭や観葉植物(名称知らず)を着床させた太い木には、リスも住んでいて、
オープンエアの居間(テラス)でビールを飲みながら、視線を泳がせているだけなのに、
南国の陽光のページェントには飽きることがない。

リスが棲む大木。台湾リスかな?
ひっそりとスパもあって、ホテルにしては安かったのに、利用し損なった。後悔。
ホテルスタッフはいつもニコヤカ、ツアーの勧誘もなく上品だったが、
門前にホテルのドライバー達の待機場所があって、通りかかる度に声がかかるのが…。
一度も利用しなかったので、高いか安いか解らない。まぁ、安いってこたないやね。

ラ・タヴェルナ(LaTAVERNA)のHPは、コチラ。脳天気な音楽が流れます。
バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。



[ 2010/10/19 ]   バリ・お宿 | TB(0) | CM(14)

リスどこどこ~~~
画面に鼻の脂ついちゃったよぉ(笑)

売り子もホテルの従業員と仲良くしないとなんだねぇ
商魂たくましいや♪

しかしこのドスコイカエル(笑)
やっぱここではカエル泳ぎしないとだね
クロールなんてしたら
「ちがーーーーーーーーう!!!」って飛び込んできそう

わが家のリビングの「クワズイモ」
ここでなら復活するだろうなぁ
(顔くらいあった大きな葉っぱがいまでは掌サイズ)悲
[ 2010/10/19 17:19 ] [ 編集 ]

すごいなこの木...
何か宿ってそうな...
オーストラリアでも思いましたけど...
日本でもそうですけど...
木は木でも、あるところにある木は、オーラが...
そうそう、海外行くと、意外と小便小僧が動物だったり...
[ 2010/10/19 18:36 ] [ 編集 ]

テレビは大型薄型テレビがありましたが・・・
目覚まし時計がなかったですね。
ホントのリゾートにはいつもありませんね。フィジーのホテルもなかったです。
[ 2010/10/19 20:37 ] [ 編集 ]

サヌールはバリ島の中でも「大人のリゾート」って感じですよね~

クタのレンタルハウスのオーナーさんの息子ちゃんがサヌールのプライベートスクールに通ってたのでよく遊びに行きました・・
[ 2010/10/20 10:15 ] [ 編集 ]

南国って、風景でいいなー。
みどりの色が違います。
TVなかったんですか。
私は、海外のTVが好きなので、ないと嫌だなー。
ケーブルTVのところなど、日本で見ている番組の数シーズン先のがやっているので、
くぎずけです(笑)
[ 2010/10/20 11:21 ] [ 編集 ]

猫又ののさん
こんにちは!

見事なお庭ですね!
手を加えすぎていない感じがいいです。
インターコンチのお庭はいかにも人の手で造られたって感じでした。

>物売りやマッサージおばさん達は

将来ジンバランにも物売りが押し寄せてくるのでしょうか。
それだけが心配です。

>門前にホテルのドライバー達の待機場所があって、通りかかる度に声がかかるのが…。

僕の許容範囲が狭すぎるんだと思うけど、通りがかりにクラクション鳴らされるの、これだけは一生慣れないだろうな。。。これを含めて楽しめる心の余裕を僕にください(^^;)

いつもありがとうございます!
[ 2010/10/21 03:48 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん。

まきちょんちゃん。

あ、リスだ、リスだ~♪
と、カメラを出してる間に、高いところに(笑)
NHKの動物番組みてて、「台湾リスだったのか!」
と初めて知りました。
バリのホテルには、結構、住み着いてるみたい^-^

お客さんの中にも、浜辺のマッサージを
楽しみにしてる人もいるから、そこら辺はね。
でも迷惑そうな顔したら、素早く追い払ってくれるの。

ドスコイカエル(爆)確かに、ドスコイやな^0^
しかもクロールしたら、すぐ壁にぶち当たりそうやねん。
これ、クワズイモっていうの?
植物の名前、どうもわからんねん。
そんで、すぐ枯らしてしまうねん・・・。
まきちょんちゃんチのクワズイモさん、
大きな鉢に植え替えてあげれば??
[ 2010/10/21 16:43 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

このホテルは、お庭が見事でした^-^
バリのバンヤン樹?とかいうのは、神々しいの。
木から見たら、人間なんかネズミみたいに
ちょろちょろ生き急いでて、アホらしいでしょうね(笑)

そうそう、母乳形式のもあるし(爆)
でも、カエルは初めて見たかな?
[ 2010/10/21 16:49 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん。

ああ、時計ってのもありませんでした。
初めて、気が付きました(爆)
でも、バリの時計ってあんまり信用が・・・(笑)
フィジーの海岸でビール!!
これもいいなぁああ。

[ 2010/10/21 16:51 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

気ままなアンさん。

お帰りなさい!^0^
海外からの移住者が、早くから住み着いた土地なんです。
だから、おじいさんおばあさんが犬連れて散歩してたり。
オシャレじゃないけど、浮ついてない、そんな所が好き。

プライベートスクールかぁ。
「お金持ちです」と、ガイド氏なら言うんだろうなぁ。
クタから、どうやって通っているんでしょう?
自家用車?やっぱ、ベモ・・・?
[ 2010/10/21 16:55 ] [ 編集 ]

EZさん

EZさん。

緑の色が濃いんですよ~。
山の方に行くと、緑のグラデーションで、
緑色って、こんなに種類があるんだなって、思います^-^

私は、室内にいることが少ないんです。
大抵、テラスやバレで、ぼ~っとお酒を飲んでいる(笑)
外の方が、照明が明るいし^0^;;
それと、ローカル放送クラスのホテルにしか、
泊まっていない(爆)

[ 2010/10/21 17:01 ] [ 編集 ]

ほぷほぷさん。

ほぷほぷさん。

バリは、お庭がきれいなホテルが多いですね。
でも、ここは本当に庭木が見事でした。
サヌールは、そこを何気に自慢にしていると思います(笑)
グアムでも、素敵なホテルに滞在なさったでしょうね^-^

う~ん、海辺のマッサージやマニキュアを
楽しみにしてる人もいますからねぇ。
私も、あの安っぽいお土産を見るの、好きですし。
ただ、サヌールは、ホテルマンが客の様子を見ています。
売り子も、ホテルの客には声をかけない。
その替わり、待機させてもらってる、みたいな^-^
次回は、マッサージおばさんを体験するぞ!

クラクション、あれね~、本当にうるさい。
こんだけたくさん走ってるんだから、
乗りたきゃ、乗るわよ!って、思います。
でも、あれもリゾート内だから。
フツーに、例えばデンパサールを歩くと、
全く鳴らしてきません。
こっちはタクシーを拾いたいのに、
あ、あ、あ~!鳴らせよ、チクショー、みたいな(笑)

余裕や慣れ、じゃなくて、旅行タイプの好き嫌い、かも??
多分、私は、大自然しかないリゾート、苦手かも。
あるいは、リゾート客しかいないリゾート地、とか。
だって、そういうのに行ったことがないから。
生活している村がある、市場がある、不潔さや不便にメゲズ
現地の交通機関を利用して、ってそういうのが好きみたい。
バリは、それが手軽に楽しめ、また嫌がられもしない。
だから、私は好きなんだと思います。
ヨーロッパが好きというのも、その延長線のような(笑)
いや、タダの貧乏性か・・・。

クマピヨちゃんの恋人岬、小さな映画を観ているようでした。
階段を登ってる、そういうのちゃんと表現されてるし!!
何度も見ちゃいます^-^
[ 2010/10/21 17:28 ] [ 編集 ]

猫又ののさん
ふたたびこんにちは!

>タダの貧乏性か・・・。

いえ、猫又ののさんは正真正銘の「旅人」なんだと思います!
ずっと前からそう思っていました♪
かっこいいですよ(^^*)
[ 2010/10/21 18:54 ] [ 編集 ]

ほぷほぷさん。

ほぷほぷさん。

いえ・・・・。やっぱり貧乏性だと…。
大自然のリゾート、私も行きたい!
でも、南太平洋の小島リゾートと、イタリアの小都市だったら
イタリアに行きたいです。
ん~・・・・、還暦過ぎたら、リゾートを選びます!!
欲が勝ってるんですね~、やっぱ。

こちらこそ、いつも大感謝!です^0^
[ 2010/10/21 23:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/128-63fcda32









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。