2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Beautiful Sunday@サヌール

モテ男になるぞーっ!
サヌールの北エリア「サヌールビーチ」は、日曜日ともなれば、
ローカルさん達が大勢やってくる。
ラ・タベルナがあるシンドゥ・ビーチから、遊歩道を北上していくと、
浜辺にパラソルとテーブルを並べたカフェは消え、
昔ながらに品揃えが変わらない土産物屋や、ブンクス専門のワルンに変わっていく。
ビーチにもデッキチェアはなくなって、欧米人や日本人は少なくなってしまう。
木陰でピクニックする家族や、小さな凧を手に、はしゃぎまわる子供達。
バリ人は凧揚げが大好きで、上手に操るのがモテ男の条件らしい。
バリヒンドゥでは、アグン山が一番の聖地で、海には魔物が住んでいる。
だから、バリ人は海で泳がない、と昔のガイドブックには書いてあった気がする。
そんなことはない。
女性の水着姿こそ少ないけれど、裸ん坊で泳ぐ子供や、服のまま海に入る男性は多い。
浮き輪やビーチボール、浜茶屋のように、店表にはそんな商品がずらりと並んでいる。
地元はもちろん、州都デンパサールからもやって来る、人気の海水浴場だ。
サヌールの北側のホテルの宿泊客は、ドメスティックや華僑が多いように見えた。

そんなホテル、インナグランドバリビーチの北側に、「ル・メイヨール美術館」がある。
生活するには、結構、目がクラクラ。
バリに住み着いたベルギー人、ル・メイヨールの住居に作品を並べた小さな美術館だ。
外国人らしくバリの伝統様式に倣って、精緻な彫刻を施した壁に、精緻な彫刻の調度類。
バリ風に靴を脱いで上がり込む展示室は冷房なんかなく、コリ(バリの狭い観音扉)と
壁全部に架けられた絵画、埋め尽くされた空間に息が詰まりそうになる。
持って帰りたくなったテーブル。表の間なのか、彫刻がみっちり。外側だって、彫刻がみっちり。
目眩を堪えて眺める、グラスマットに描かれた絵画は褪色したのか、
ル・メイヨールの作風なのか、1950年前後の漁村風景を、涼やかに淡く描き出す。
緩やかな砂丘が続く海岸線は変わり果て、サヌールの漁村は失われた。
けれど、絵筆を握る画家をひたと見つめる視線の穏やかさ、しなやかな背筋は、
今、海で歓声を上げている彼らと、変わりはない。
記憶されてはいるけれど、もう戻れない過去と現在、時間軸が捩れて、
サヌールの村人達は遠くに消え去らず、熱い陽光の下、私の目の前に息づいている。

小さなタイムカプセル「ル・メイヨール美術館」は、Rp2000(20円くらい)だったかな。
お立ち寄りの機会があれば、海にも出てみて下さい。
ル・メイヨールが愛した風景、世界が、貴方にも見えるかも知れません。
リーフの沖に子供達はゴムのチューブに乗ろうと、頑張っている。リーフの遥か沖には、ペニダ島。
バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。








サヌール・・スミニヤックのちょうど反対側なんですね。
ハワイでも観光客とローカル達のビーチは棲み分けられてましたね・・・
[ 2010/11/10 20:24 ] [ 編集 ]

バリ人ってほんとに凧揚げ好きよね~

空見上げると正月でもないのにいつも凧が・
こんな美術館あったんだ?
知らなかった・・・
[ 2010/11/11 18:22 ] [ 編集 ]

そういえば、タコ、あがってますね。
ゲイラカイト、なかったかな。
ゲイラカイト持ち込めば...
そう、フリ○ンで泳いでる子供、おおいですね。
[ 2010/11/11 21:09 ] [ 編集 ]

ご無沙汰しております。
朝ご飯はやっぱりブブールとかがいいなあと思いながら読ませてもらいました(笑)。
バリは乾季ばかり行っているので、私も美味しいフルーツにあまり出会った記憶がありません。
いつもバナナラッシとか邪道なジュース飲んでいるような・・・。
凧上げは大会もあって、外国人も参加するんだと聞きました。
ぜひ一度、参戦してみてください♪
[ 2010/11/12 02:54 ] [ 編集 ]

久しぶりに読みました。
いいなぁーーーと頭ン中でもーそーいや想像しながら・・・
やっぱり経験してないから想像の域がでない・・。

今月奈良へ行こか~と思っていたのだけど、知人の仕事の都合がつかず、それでもいいやーーと思いながら今日に至り、飛行機もホテルもパックで安いのはなくなって・・・行くのは諦めました。
もっと早くにそれが分かっていれば、ののさんに会いに行くようにすればよかったのかも~~なんて。
次回は来年の2月頃になりそうな。ホンマに行けるのやろうか・・・・
[ 2010/11/12 03:20 ] [ 編集 ]

こんばんはぁ~☆
バリの人、凧揚げが好きなのですか・・・
それに素敵な美術館ですね!!!
バリを書いている方は100万といるよう
に思われますが、全く存じませんでした。
へぇ~へぇ~へぇ~(^-^)
凧上げと書くのだと今迄思っていました(大爆)

全部の展示を一日では観られないような
美術館も好きですが、こじんまりとした
個人の美術館も大好きです!

>バリ人は海で泳がない
を拝見して、沖縄人は海で泳がない・・・
を連想しました(笑) 泳いでいるのは
観光客だけ(笑)
[ 2010/11/13 01:13 ] [ 編集 ]

へ~~~~~知らんかった!!!
亡き父は毎年凧を手作りするような
人で我流なんだろうけどすごくうまくつくってた
竹ひご?みたいなのうまく曲げてバランス考えながら凧糸通して
和紙はってポスカで(笑)それっぽい絵を描いて年末年始、走らされたな~~~
バリにいけばヒーローだっただろろうに^m^

[ 2010/11/15 14:56 ] [ 編集 ]

元気パパさん。

元気パパさん。

一応、サヌールもホテルの前は、プライベート...、
というか、セミ・プライベート・ビーチ。
物売りさん達は入れませんが、結構、ローカルさん達は、
微妙な位置で遊んではります。
あの、びみょ~さが、サヌールの良さです(笑)
[ 2010/11/16 16:39 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

気ままなアンさん。

乾季は風が強いから、凧揚げシーズンなんですって^-^
空港に到着して、ホテルに向かう途上、
空を見上げて、あ、凧。バリだな~♪
と、思います。
7月は、凧揚げ大会が、サヌールであります!
[ 2010/11/16 16:42 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

一時期、流行っていた気もします。
でも、多分、子供が持っているのは一次元凧。
ボン君も、チャレンジしてバリの女の子をゲットするんだ!

そうそう、海で泳いでる子、そうなんです。
温泉やプールでは、いなかったと思いますが...。
マンディの子もいるし^-^
(水遊びとマンディ、どう違うんだ?)

[ 2010/11/16 16:48 ] [ 編集 ]

されこーさん。

されこーさん。

お久し振りです^-^
やっぱり、ブブール&ナシチャン派か(笑)
一度、バナナパンケーキ、お試し下さい。
これは逆にホテルでは、珍しいメニューとなっております(笑)

あ、乾季はね、バナナ。
バナナだけは、外れないです。木なり完熟です。
乳酸菌なしのバナナジュース、もしくは、トマトジュース。
お砂糖抜きは、言い忘れちゃいけません(笑)
パパイヤなんか通年、美味しいし、バナナも。
なんで、こんなフルーツなんだーー;;

凧揚げは男の遊び。
バリでは、そんなハシタナイこと出来ませんわ。
[ 2010/11/16 16:58 ] [ 編集 ]

マダム忘れな草様

マダム忘れな草様。

いやぁ、お久し振りでも、そんな増えてないです(笑)

もし、私の旅日記で、妄想旅行していただけるなら、
そんな嬉しいことはありません!
「マダムは、こんなビンボくさい旅はしないのよ」
なんて、ことは仰らず、屋台のご飯、食べましょう(笑)

そうそう、どうなさるのかなぁ、と思って、
奈良に行くの、おいてたのに(笑)
2月?
いつでもお付き合いしますが、2月の奈良、寒いっすよ、
盆地ですから、底冷えが。

[ 2010/11/16 17:01 ] [ 編集 ]

姫様。

姫様。

7月には、サヌールで凧揚げ大会があるんですよ^-^
空港に到着して、凧を見付けると、
ああ、バリに来たな~♪
ものすごく高いところに揚がっています。
空が大きいんです。

こぢんまりとした、で、ふと思い出しました。
姫はご存知かも知れませんが、奈良にある「松柏美術館」。
上村家三代を集めた小さな美術館ですが、
私は、ものすごく好きなんです。

一瞬、誤字ったか!と焦りました。
フライド凧、としてしまったか!(笑)
何せ、変換にオマカセなので^^;;


[ 2010/11/16 17:15 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん。

まきちょんちゃん。

学校で、手作り凧の授業があったよ。
私、手先が不器用やねんけど
(頭も不器用、とか言わんように)
バランスが悪かったんか、揚げるんが下手やったんか、
空を舞いませんでしたわーー;;

お父さん、日本の空でも上手なんやったら、
バリの空は、広くて揚げやすかったと思う。
絶対、モテモテやな!

[ 2010/11/16 17:19 ] [ 編集 ]

がいどぶっく伝説

凧はふらんくりんの挿絵以来

痺れそうで怖いねん

せやからあげひんわ


にぃらいかないやなぁ
[ 2010/11/16 22:08 ] [ 編集 ]

chaboさん

chaboまげぷりんさん

ニライカナイを探しに、
太古、あたしの先祖が海を渡った。
丸太をくり抜いたアウトリガーで。
お伴は、
でっかい石のコイン。
よう、しずまへんかったで。

だいじょぶ、雷さんのいてはらひん日に
揚げておくれやす。
しびれるほどのいい男。

[ 2010/11/17 16:30 ] [ 編集 ]

猫又ののさん!
おぉ!更新ペース上がってますねぇ♪そうこなくっちゃ(^○^)!

>バリ人は凧揚げが大好きで

お土産やサンに変なキャラ(怪獣とかカエルとカメレオンを足して割ったような生き物とか。。。)のくっついた凧がたくさん店頭においてありました。一瞬姪っ子に買って帰ろうかと考えましたが、絶対に泣くなあと思って、思いとどまりました。バリ島はあんなに可愛いいバリ猫ちゃんを売っているのに、どうしてこんなへんてこりんな人形がうっているのでしょうか。。。

今日もありがとうございました!
[ 2010/11/18 02:59 ] [ 編集 ]

ほぷほぷさん

ほぷほぷさん。

更新ペース、上がっているんでしょうか!
一瞬、その気になって確認すると、11月はコレが2本目でした(笑)
一か月10本以上が目標です(笑)
でも、お忙しいのにありがとうございます。
クマピヨちゃんに、なかなかお会いできなくて寂しいですが、
お待ちしておりますね!

バリ猫、昔、びみょ~な顔つきだったんですよ~。
あの、ぽわん^-^かわいいのは、ここ、ん~10年くらい?
昔の、あの猫、ほぷほぷさん(の姪っこちゃんのために?)今度、更新しよう(笑)
ほんで、凧は、船の形の、きれいなのもあるはずだから!うん!!
[ 2010/11/22 00:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/134-cc5fed61









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。