2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリアートフェスティバル@デンパサール

寒くなったのでバリの太陽を偲び、またまたバリ日記再開してます。
しがむように(笑)、いつまでも続きますので、まぁ...、お付き合い下さいませ。

( ̄∇ ̄;)
バロンの登場
バリの代名詞に「芸能の島」、がある。
普通にそこらのおっちゃん姉ちゃんが、ミュージシャンやダンサーで、
観光ショーじゃなくても、お祭行列やローカルさん達のイベントでよく目にする。
職業としては成立せずとも、才の有無は必要で、そこらのおばちゃん兄ちゃんでも、
やっぱりガムラン奏者やバリダンサーは、バリ人の中でも尊敬されているようだ。

何せ、国立の芸術大学まである島、一年に一度、全島挙げてのコンクール
バリアートフェスティバル」が、州都デンパサールで6月中旬から一ヶ月行われる。
県ごとに勝ち抜いてきた代表者達が、ダンスやガムラン、あるいは芝居、
連日連夜、研鑽した芸事を披露する。
バリ島に限らず、ジャワ島を始め他州から、日本や韓国からも参加するらしい。
自国の伝統芸能は、と思わん部分がないこともないわけでもあるわけだけど(笑)

会場は、博物館や大学もある広大な「国立アートセンター」。
広い公園内に点在する野外音楽堂で、この期間は日がな一日、何かをやっている。
ダンスが観たいけど、これがと言うわけでもなく、何を観ても同じという見識程度で、
出掛けたのが「Kumara Eka Cita 楽団(クルンクン県)」の古典舞踊。
説明を、と言われると・・・、ラーマーヤナの仮面劇・・・、で勘弁して下さい(笑)
いやぁ、これが、言葉はわかんないけど、やっぱり、楽しいのなんのって!
隣り合わせたのが、日本語ガイドをされている方で、ご親切に説明して下さった。
光は踊り、熱が弾ける。
観客席からイキナリ現れた悪霊達の恐ろしげな扮装に、
近寄られたチビッコ達は悲鳴を上げて半べそなんだけど、
これはオネエキャラで、滑稽で猥褻な仕草で場内を大いに沸かせる。
てか、いいのかぁ?!児童や幼児の前で、かなりあからさまなんですが。
この楽団の特徴は、ガムラン演奏が子供達でなされていること。
これがまたイッチョ前で上手なこと、バチをくるくる回す辺り、堂に入った仕草だ。
勝ち抜いてきただけあって、今まで観たどのダンスやガムランとも
迫力が違う、気迫が違う。

バリのお茶子さん。女の子は、舞台よりお菓子に釘付け。
どこの参加グループにも、村人達が応援しに大勢やって来るそうだが、
広くはない観客席はいつの間にやら満杯で、舞台にまで観客が溢れている。
外国人観光客の姿より、ふらりと立ち寄った、そんなローカルさん達でいっぱいだ。
おやつを買う人、踊り出す女の子、むしろ?天幕の下、皆、この一時を五感で堪能する。
補欠だろうか、ガムラン奏者とお揃い正装の少年は、客席でふて腐れた風だったのに、
演奏が始まるや、舞台をひたりと見据えていた。
ペットボトルが笛。夢は、バリダンサー。

会場の外には、ブロマイドのように出演者達の写真を売っていた。
有料の演目もあるが、基本無料。私が観た分は、無料。来年も行くぞ~♪♪

ボクの写真は、誰か買ってくれたかな。
バリアートフェスティバルHPは、コチラ。
2010年のバリアートフェスティバル日本語情報(HISさんのブログ)は、コチラ。
公式サイトの方が、なかなか更新されへんのやわ。
確か、5月中頃にやっと2010年の情報が更新された記憶が。
バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。






いつもどこかで、こういうことが行われてるイメージあります...
で、割と、輪に入りやすいというか...
違和感なく座れるというか...
踊りは、変なんですけど...
っていうか、だれも、隣人日本人に注意を払わず、みんな舞台を凝視してるんですよね。
ある意味、すごい場ですよね。
[ 2010/12/09 19:00 ] [ 編集 ]

すごいお面だねぇ
こりゃ子ども悲鳴あげるわ、うん(笑)
草で編んだ屋根からこぼれる光もきれいだし
みんながたのしみにしてる娯楽なんだねぇ

ブロマイドまで^m^
踊りの甲子園だね(笑)

[ 2010/12/10 16:23 ] [ 編集 ]

日本のお神楽みたい。
昔はそれぞれの村や里にその時のお祭りがあったから、それと同じみたいね。
その卑猥なしぐさなんてのも同じだよねーー。
性の象徴のナニを堂々とご本尊みたいに祭っているんだもん。

人はどこから生まれるのか・・ってことかぁ



ののナビでもいいってことよーー。

一晩中語り明かしたいわねーー。3年前の夏にお会いした時も、初対面の気がしなかったものね。
やっぱ飲み明かすのがいいかーーー
[ 2010/12/10 21:06 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

「どこかで、いつもお祭が行われています」
と、バリの紹介がされていますが、本当に、
捜さなくても、どこかで遭遇しますよね^-^
ただの宣伝文句じゃないですもん。

更新するために写真を、改めて観ていたら、
皆さん、本当に舞台に集中していました。
特別、な感じ^-^
[ 2010/12/13 17:54 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん

まきちょんちゃん。

客席から、いきなりわぁぁぁあああ!と、出て来るの。
マジ、驚くで(笑)
獅子舞で、泣き出す子いるでしょう、
あんな感じ、恐いわ、そら^^;;

草編みの天幕に、しめ縄とか玉串の紙垂みたいなんが、
ぶら下がってるの。
すんごい手間がかかってると、思うのよね。
そういうのが、バリっぽく思えて、好きなん^0^

踊りの甲子園(爆) まさに!!
[ 2010/12/13 17:59 ] [ 編集 ]

マダム忘れな草様

マダム忘れな草様

そうそう!お神楽みたいなの^0^
私、お神楽って観たことないんですが、やっぱり卑猥なの?
ええ~、意外~~。
石見神楽や宮崎のんも、行きたいってずっと思ってるんですが。
日本創世記は、男女の求愛からですもんね^^;
子孫繁栄、五穀豊穣。
こざかしく、蔑ろにはできないところなんでしょうが。

おおお!なんか、気分が盛り上がってきます~~。
じっくりと、つまんないこともあれもこれも、
温泉宿で語り明かしたい~~*^^*

[ 2010/12/13 18:06 ] [ 編集 ]

昔昔なぁ

川に浮かんだ船の劇場で

仮面劇演っとったんや

演しものは「小栗判官」

ガムランに乗せてなぁ


そのまま船は明けない朝に向かって

出航したきり帰ってきぃひんわ


なつかしいわ
[ 2010/12/13 22:21 ] [ 編集 ]

chaboさん

chabo師さま

一引き引けば千僧供養、
えいさらえい。

まるで、花園神社の赤テントみたいな、
見せ物小屋のような、
まがまがしい夢のような。

湯の峰は、ほんまにええお湯。
chaboらん楽士も、お試しあれ。

[ 2010/12/15 14:44 ] [ 編集 ]

こんばんはぁ~☆
1ヶ月もお祭りが行われるのですか。
大きなイベントですね! そして
賑やかだこと♪
ラーマヤナのショー、カンボジアで
観たのですが・・・そういえば・・・
バリはヒンドューが多いのでしたね。
ちゃんとストーリーがあるのですが、
内容まで思い出せません(-.-;;;
なまはげを連想します(笑)

このイベントに合わせて渡航なさっ
たのでしょうか?
バリ好きな方には私以上に面白い
情報ですよね(^-^)/
[ 2010/12/16 23:12 ] [ 編集 ]

姫様

姫様

州ごとの勝ち抜き戦が、その前から行われていますから、
もっと長いイベントですね。
郷土芸能勝ち抜き戦・・・。
とってもバリっぽいですね^^;;

ねらって行きました!
一度は、どんなイベントなのか観てみたくて。
シーズン的にも内容的にも、全然観光客用じゃないのが、
とっても楽しかった(笑)
沖縄のエイサー祭りにも行きたいと、思っています。
カンボジアのは確か、赤いクメール時代の迫害で、
絶滅寸前だったんですよね..。
きっと、お話は同じ様なんでしょうが(笑)
ナマハゲ、そんな感じです。
文化の伝搬がここにも(笑)
[ 2011/01/21 17:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/141-88995766









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。