2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タンジュン・サリ(Tandjung Sari)@サヌール

拍手すると、私の方をじぃっと見ながら、リンディックを演奏してくれる。
バリで最も古いリゾート地、サヌールに「タンジュン・サリ」という老舗ホテルがある。
全室ヴィラの、どちらかと言えば、こぢんまりとしたホテルだ。
アマン、フォーシーズンズと、きら星の如き贅沢なリゾートとひと味異なり、って、
クレア系ラグジュアリーホテル(古い)には、足を踏み入れたこともないけどさ(笑)
あえて言うなら、数多の伝説に包まれて生き残った木造の美しい旅館、って感じ。
到着するや、フロントマンは客の名前を呼び、「Welcom」と挨拶をする。
名乗る前なのに、なぜ名前が解るんだろう、タンジュンサリが、伝説たる所以だ。
スタッフ達は客に挨拶をするとき、いつも一瞬、動きを止める。
そして、穏やかな笑みと柔らかな抑揚で「ハロー」と言う。
庭に点在する不思議な彫刻や、バティックを多用したインテリア、網代の雨戸。
ビラの庭にある小さなバレでうたた寝をしていると、練習中のガムランが聞こえてくる。
高い塀に切り取られた青い空に、椰子の葉が光の粒子を跳ね返し、バリ絵画のようだ。
私の中での、贅沢で上品なバリタンジュン・サリなのだ。

さて、一等お気に入りのホテルは、次のお楽しみに置いておいて(負け惜しみ)、
今回は、タンジュンサリのレストランでディナーする。
農園サラダ。ピーナッツソースも美味だけど、野菜が瑞々しくめちゃ美味。
自家栽培野菜のサラダ、手打ち麺のミーゴレン。アラックのカクテル(軽めの配合)。
暑いバリでは、手打ち麺とか生麺、という物を見かけない。
イタリアンレストランで、手打ちパスタを口にするくらいかなぁ。
かつてなく美味なミーゴレン。右手にわずか、精進ナシチャン。
リングイネみたいな手打ち麺は、乾麺独特の粉臭さがないせいか、
ケチャップマニス(甘い醤油)も控えめに、口に馴染みやすかった。
ツレのベジタリアン用ナシチャンプルから摘んだテンペの香ばしく、美味しいこと。
観光客ナイズというより、洗練されて、ヌーベルバリネとでも表現したくなる味。
バリ飯ならば、屋台かタンジュンサリだな(笑)
まぁ、お値段(税サ++)も相応に、コスモポリタンではございます、いくらだっけ。

是非とも食べたくて注文した料理だが、実は「ランチ用」とは知らなかった。
私があまりにも情け無い顔になったのか、お姉さんはすかさず奥に確認しに行き、
「ランチ用だけど、材料があるので作ります」と言ってくれた。
この、客の要望に素早く応えてくれようとする辺り、さすがタンジュンサリ
リンディック(竹の木琴みたいなの)の音色が、波にたゆとう。
レストランのランタンの灯りが届かない闇に海が溶け込み、ビーチチェアは白い朧だ。
この一時、バリにいる幸せを手の平に包む。
タンジュン・サリという伝説。
アラックのオレンジジュース割。テーブルウェアは、全て同グループのジェンガラ。
なぜ、ストローが黒? 違和感を感じるのは、私だけ??


タンジュン・サリ(TandjungSari)のHPは、コチラ。
バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。









なんや

美人かと思ったら「木琴おじさん」やないかい!

まさかこれもぬーヴぉーやおまへんやろな?

まあええわ

どないしても乃々にかなうわけおまへんもんな


( ↑ ある意味単純)
[ 2011/01/31 01:33 ] [ 編集 ]

ランチ用OKでよかったですね。黒いストロー・・・始めて見ました。
[ 2011/01/31 07:51 ] [ 編集 ]

いいなぁ...
こういうところで、独特のリズムが流れる中で...
いや、こういう場所なら、古くても、あの臭い、ないんでしょうね。
どうも、なんか、街中のあの臭いの印象が...
[ 2011/01/31 20:08 ] [ 編集 ]

よいホテルですね。
客の名前で挨拶してくれるなんて、
日本旅館のおもてなしって感じ。
バリで屋台というと、こわーいと思ってしまう小心者なので、ホテルのディナーの方をチェックしておきます。

バリは前も思ったんですが、空の色が違いますね。
実際の景観はもっときれいなんでしょねー。
[ 2011/02/01 04:54 ] [ 編集 ]

おはようございます。

ホテルでのディナー
 さすがにバリでは経験ございません
もちろん高級ホテル滞在も(笑)
 クタのメルキュールが一番高かった(爆)

黒いストロー  嫌だっ・・・
[ 2011/02/01 10:07 ] [ 編集 ]

タンジュサリってとこがよほどええとこなんだね(笑)
観葉植物がいたるとこにある印象なんだけど
壁にまで植物描いてるんだねぇ
植物も大事にしてるんやねバリの人って

オレンジに突き刺さった黄色い花の
方が私には不自然に見えたよ(笑)
え?刺さってるよね??
真っ暗闇の中ボワッと白く浮かび上がるようなビーチチェアーでこれ飲んでたら
たしかに黒いストローじゃ的はずしそう?(笑)
[ 2011/02/04 23:02 ] [ 編集 ]

ちゃぼさん

どっこい彩なすchaboさん

せっかく見付けた美人さん、
おいそれとお目にかけられるかってんだい!
拝みたかったら、拍手の10コも押してから、
出直しておいでな。

いやぁああね、いつだって、ちゃぼちゃんには
優しいじゃん♪

[ 2011/02/07 17:31 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん。

食べられて嬉しかったです♪
黒いお箸は、平気なんですけどね~^0^;;
[ 2011/02/07 17:33 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

ビール飲んで、ちゃかぽこ聞いて、波の音。
ぽわ~んと、してくるんですよねぇ。
多分、バワンメラ(小タマネギ)の匂いじゃないかしら。
あと、スパイス。
ご飯は、以前より匂いがなくなりました。
ビールやアラック飲んだくれて、忘れちゃえ(笑)
[ 2011/02/07 17:52 ] [ 編集 ]

EZ30さん。

EZ30さん。

よいホテルです~。
チェックインする前に、「ミズ・くり乃々、ウェルカム」ですから。
その方は伝説的ホテルマンで、今はもう退職しちゃったのが残念。

コワイと思います、屋台の(笑)
その場で料理するのならまだしも、加熱したのを盛り合わせるので、
傷み具合が.....^^;;
しかも、嗅いでも、腐ってるのかそういう匂いなのか(笑)
今んとこ、セーフです^0^
いつ、アタってしまうか^_^;;

空が青くて、木々の色が複雑に反射します^-^
グアムやサイパンも、そんな感じではないでしょうか。


> よいホテルですね。
> 客の名前で挨拶してくれるなんて、
> 日本旅館のおもてなしって感じ。
> バリで屋台というと、こわーいと思ってしまう小心者なので、ホテルのディナーの方をチェックしておきます。
>
> バリは前も思ったんですが、空の色が違いますね。
> 実際の景観はもっときれいなんでしょねー。
[ 2011/02/07 18:05 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

bali★toshiさん

ええ~、そうでしたっけ~~??
ホテルディナー、あれだけのご経験でもない~?
( ↑ しつこい 笑)
高級ホテル体験は、タンジュンサリだけです。
あ、ミンピの方が高いんだ!
タンジュンサリの方が、敷居が高いような気がしていました^-^

ですよ、ね、黒いストロー....。
 
[ 2011/02/07 18:09 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん。

まきちょんちゃん。

もぉもぉ、すんご~く、好きなホテルなの。
多分、滞在しやすいホテルは、他にいっぱいあるだろうし、
機能的でキレイなホテルも、今はたくさんある。
でも、バリに行きたいと思いだした頃から、
バリのホテルはタンジュンサリ、憧れでした^-^

観葉植物に活け花、バリでは至る所で目にするよ、
きれいだよ^-^
蓮の花の壁画、ってお店も、あった^0^;

ああ、そうか、お花を挿すのはよく見るから、
もうすでに違和感がなかった(笑)
これも、改めてみると、変だよね!!(爆)
[ 2011/02/07 18:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/146-47c26c87









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。