2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

役に立たないお屋久立ち・登山弁当編

屋久島は、トレッキングは当然、何故かダイビングにしても早朝行動が鍵。
島がまだ目覚める前に、ハタラキモノの観光客達は行動を開始します。
家族経営の小さな民宿は、あなたの早朝出立を見送ってはくれません(笑)
朝から山に入るのに、朝食・昼食はどーなるのよー!(山に、店なんかありゃしません)

大丈夫って。
24時間営業の店こそありませんが、早朝から予約販売するお弁当屋さんが数軒あります。
営業時間はお店によって異なりますが、昼過ぎには終了すると思って下さい。
味の比較は未調査ですが、おかずもボリュームもそっくりなのがあるみたい(笑)
予約さえしたら、昼食用のお弁当を早朝に受け取ることも可能ですし、
お昼のメニューは、お店の個性が楽しめるようです。(今回は、未経験。)
大きい宿なら朝食分で、特製のお弁当を作ってくれるでしょうし、
民宿も、それぞれ契約している店があるようです。
モチロン、宿の朝食は無しにして、自分でお弁当屋さんに予約してもよいのです。
予約じゃないと買えないのか? 運に寄りけり、でしょう……….。
私達が行ったお店は、私達のが最後で、もう店じまいを始めてましたから、
やっぱりきっぱり、基本形は予約必須だと思います。
食べ物を持たずに、山に入る度胸と根性はないので、私なら予約するなぁ…。

繰り返しますが、コンビニはあっても早朝・24時間営業の店はありませんので
弁当屋以外で用意するのなら、前日に購入しておかなければなりません。
早朝弁当屋は、登山基地となる安房・宮之浦でしか見かけませんでした。
途上、売店もあるけれどお弁当はないし、開店してないこともあります。
飲料水は、登山口に自販機がありますが、トーゼン、山中にはありません。
だけど、山の水は、美味しいよ^-^(水場じゃなくても、OK。)

畏れ多くも紀元杉のお膝元で、朝ご飯弁当を頂きました。
500円の朝食分のお弁当...。
焼き塩鯖、卵焼き、ツキアゲ、小学校の修学旅行以来かもしれない赤いウインナー。
紀元杉の向かい側、「紀元命水」という実に有り難い湧水がお茶替わり。
2008年7月現在。




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/17-3277dd0f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。