2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南紀勝浦温泉「ホテルなぎさや」@和歌山県那智勝浦4.

外観。左端が大浴場の窓、右端が旧館。
この旅行では十津川には泊まらず、ずずず~~~いいっと、山を下って
和歌山県那智勝浦町まで出て来た。
この辺りは、こぢんまりとした宿は皆無で、昭和の大型ホテルばかり。
温泉ならば、どこに泊まっても外れはないし、自慢のマグロや海の幸は私には猫の小判。
で、湯快リゾートと同価格帯で見付けました、南紀勝浦温泉ホテルなぎさや」。
旧館のお部屋。お手洗いはウォシュレット。
割り切って選んだ一番安いプランの部屋は、木造の旧館二階建て。
廊下のみしみし、建具も懐かしいというか恐いというか(笑) 
でも部屋は明るく、良家の婦女子が生活した「寮」、そんな言葉の懐古な趣、
鉄筋コンクリートの大箱より情緒があって、私は好きだ。
部屋から海は見えるし、ウォシュレットだし、何より清潔、全く文句はございません。
ただ、部屋が2階だから入り江の風景だったけど、1階はどうだろう?
露天風呂への通路があるので、景色は目隠しの植え込みだけかも知れない。

露天風呂。大浴場はHPでどうぞ。
大浴場は、目隠し磨りガラスで、風呂ン中で突っ立ってないと海原は見えない、
けれど!一方の壁が水槽で、水族館よろしくお魚たちが泳いでいる。
何かなぁ、昔、ジャングル風呂とかを設えた、ああゆうノリかなぁ。
多分、勝浦の近海魚だと思うので、水族館ていうよりイケスぽい地味さがあるけど
こういうの、私は喜んじゃう(笑) 万人向けではないかもだけど。
露天風呂は別館を通って、敷地のドン付き、女風呂は小さな浜辺に面してある。
細長い湯船で、海の間近で浸かろうとすれば、お一人様用のスペースしかない。
でも、チェックインすぐ、食後、夜と幾度も通い、星を数えながら楽しんだ。
豊富な湯量、硫黄臭漂うとろりとした湯、もう、これだけで料金分は頂いた、って感じ。

お夕飯1. 巻き寿司、鮪のカルパッチョ、鮪に蝦のお刺身、鮪の佃煮?お夕飯2. 天ぷら(サクサクで旨し)、桜餅の銀餡(メチャ旨し)朝食1. 和歌山らしくなんば焼き付き。フグ?の一夜干しもあった。
魚を好まない上、大箱ホテルだから正直、料理は全く!期待していなかった。
いえいえ、どっこい。なんて、丁寧にひかれた出汁だろう。
頃は桜、桜の葉でくるんだ飯蒸しの美味しかったこと。
お運びのお姉さんの、「品がかぶりますが」と前もっての一言があったから、
デザートが桜餅でも、がっかりしないし、お姉さんのプロの機転にも感心した。
マグロの本場だけあって、刺身や小鉢、強肴、ご飯まで鮪づくし。
鮪がお好きな方なら美味しいんだろう・・・、多分。ゴメン、食べてないんで。
入り江沿いに、短い遊歩道もあって、そこで魚釣りもできる。
宿泊した別館の、向こうにあるのは社員寮なんだろうか。
そちらの方が新しく、頑丈そうには見えたけど(笑)

那智のお山から流れる水は激しくても、美しく甘い。
けれど台風12号が清流を暴れ龍に変え、その惨状はあまりにも…。
私が書く、被災された方々への言葉はなんとも空々しく通り一遍だ。
それでもせめて、一時も早く、参拝客や観光客で賑わいを取り戻すことを心から願って、
那智勝浦観光協会のHPは、コチラ
復興ボランティア方々、温泉も楽しめるプランも出来ました、
また是非に泊まりたい、南紀勝浦温泉ホテルなぎさやHPは、コチラ
那智勝浦にある温泉旅館も、被災された方々にふるまい湯をなさったそうです。
台風12号の後、勝浦の漁港は土砂、木っ端、丸太で覆われていたとか。
漁港関係者のご努力でそれらは取り除かれ、また、
マグロの競り市の見学(お問合せ下さい。)は、コチラ
朝市も10月には再開されるそうです、コチラ
安心な毎日を過ごせますこと、早く平安が訪れますこと、心よりお祈り申し上げます。
なぎさやの入り江の風景。
紀伊半島の過去記事一覧は、コチラです。
国内お宿サイトマップは、コチラです。

台風12号、その後
那智の大滝のしめ縄も先日、無事に架けられましたし、
新大阪から那智勝浦まで、バスが運行されることになりました、コチラ

※くり乃々のヒゲ範囲(=^・^=)ニャ♪情報につき、いい加減かつ古いこと、ご了承下さい。

[ 2011/09/29 ]   日本のお宿 | TB(0) | CM(10)

なかなか渋いお宿ですね。

那智勝浦の温泉街は被害が無かったようですね。ホテル浦島には2回泊まったこと有ります。2度目はめずらしく大雨でホテルでずっとお風呂入ってました(笑)
お魚苦手なんですか~お刺身が苦手な方はいらっしゃいますけど・・・
[ 2011/09/30 07:54 ] [ 編集 ]

以前から

「那智」の地名に妙に胸騒ぎを

覚えてたオラ


ゆりいか!


龍神の住まう

女子寮だったんだ!!!
[ 2011/09/30 21:37 ] [ 編集 ]

私も南紀で泊りましたが・・
ちょっとハズレでした。
ここいいですね~

お魚キライなの?
[ 2011/10/01 14:26 ] [ 編集 ]

一度か、二度、泊まったことあります。
宿を取り忘れて、勝浦いったときとか...
安くてそこそこの宿って、案内所で聞くと、ここを進められて...
トンネル通って...
くじらかなんかの観光船が前を通りますよね。
そうそう、あそこ、露天の前から釣りもできたはず。
ガシラ、つれた記憶が...
あと、うみたなごとか...
煮付けにしてくれた記憶が...
コストパフォーマンス考えると、いいお宿かも...
勝浦のめはりがたべたいなぁ...
[ 2011/10/01 16:27 ] [ 編集 ]

こんにちは、

伝統的な温泉旅館のお部屋の感じ、
なんか、なつかしい感じがします。
[ 2011/10/01 22:16 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん。

お天気パパさんが、大雨ってお珍し~(笑)
そういう時、このホテルは退屈せずに済みそうですね。

温泉街には被害はなかったけれど、やっぱり、
熊野三山が被害被ってますから、観光客は
遠退きますね・・・。
温泉三昧でいいや♪っていう私みたいのが
行かなくちゃ(笑)
送迎バスも出るようですし^-^b
[ 2011/10/06 15:57 ] [ 編集 ]

chaboさん

eurechaboさん

え~・・・・、
フ(腐は含まず)ジョシには、少年達は含まれんのー・・・。
え~・・・、
私の脳内では、温泉で戯れる少ぴーーーーーーーー。

不適切発言がありましたことをお詫び申し上げます。
m(_ _)m

[ 2011/10/06 16:04 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん。

あの行程で、南紀を周るというのに、
ちょっとオドロキでした(笑)
大阪からでも遠いのにー。
ここは、お薦めです^-^
想像以上に良かったです。
勝浦が、どこをどう通っても遠いのが無念です(笑)

う~ん、苦手です(笑)
ヒラメとかシタビラメとかは好みますが、
鯛、鮪、ブリが苦手><
子供の頃に、食べ過ぎちゃって~~~。
・・・・・・・・・・・・。
[ 2011/10/06 16:09 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

私、実は、全然知らなかった。
道路から見えない、秘密っぽいアクセス(笑)ですよね。
まさに仰るとおり「安くてそこそこ」
でも、この値段でこのお味なら、
断然、某チェーンよりお薦めです、私。

釣り、してはりましたよ~。
お道具を貸してくれて、釣れたのを捌いて下さるそうですが
クエが釣れたら(ありえん・・・)どうすんねん、
で、止めました。
男性用露天風呂は、前面が海!!ですもんねー。
魚釣りしてる方に見えますが^^;;

十津川の道の駅(だったかな?)で買った新種のめはりが
美味しかった。
行きたいなぁ、早く。
[ 2011/10/06 16:15 ] [ 編集 ]

ぴきさん

ぴきさん

こんにちは~^-^

私は、そろそろ昭和の大型旅館に
「レトロ」の時代が来るか?!とも思ったりします(笑)
ほら、団地が若い方に受けてたりするし。
(ああ、年をとった。)
でも、別館が私はお薦めです^-^
[ 2011/10/06 16:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/174-2b5bc0a2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。