2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「長作の宿 なかだ屋」@奥飛騨温泉郷/新平湯温泉

ロビーにある上がり座敷。ここで山の茶を、好きなだけ頂けます。
路線バスで、平湯温泉から新平湯まで。
お宿に着いたら、直行バスの到着時間なのに、チェックインがないから心配しました、
と言われてしまった、ごめんなさい。
みんな、長距離バスを途中下車して、温泉に入ったりしないんだ、しかも2つ(笑)
ツアー利用の大きいお宿だけど、ロビーにお雛様やいろり、太い梁と飛騨情緒たっぷり。
バリアフリーにも気遣いした造りで、各年代層、気兼ねなく滞在できそう。
お部屋はモチロン、ウォシュレット付き。
部屋からの眺め。ジオラマのような山。こういう髪の毛の赤ちゃんがいそうな気が…。
窓からの風景は、雪を被った屋根や庭はのどかで、峻険な白い山々が美しい。
旅行代理店手配(団体含む)は食事処、個人手配客は部屋食と棲み分けている気がした。
1泊目のお夕食。お刺身は鯉の洗いかな??食べないから…。おつゆ代わりのお蕎麦…。1泊目の朝ごはん。こちらの方は、本当に朴葉の焼き味噌をお食べになるんだろうか。
1泊目の晩ご飯。う~ん・・・、である(笑) 写真で見ると色々、ありそうなんだが・・・。
2泊目のお夕食。シンプル(笑)おつゆ代わりのおうどん…。2泊目の朝ごはん。飛騨なのに赤カブのお漬物が全然、出なかった!
2泊目の晩ご飯。飛騨牛ではないが、気分盛り上がる(笑)
飯蒸しの銀餡かけが、相当ツボ。
でも、私、こういう場合のうどんやそばは要らないかな、ピンクのゼリーも(笑)
往復の直行バス代を差し引いたら、宿泊費なんかたかが知れてる。
だから正直、期待もしてなかったし、文句を言ったらバチが当たりそうだ。
館内とお部屋が良かったから、それだけでも充分に宿泊代に該当する。
だから余計に、グレードを高くしたって、お土産物の味見的小鉢が増えるだけならば、
安い方の宿泊料金でいいやと、私は隣のテーブルを見て思ってしまった・・・。
お肉やお刺身の数、質が全く違う!てことは、あるかも?(笑)
でも、バイキング式の大手チェーンより、その企業努力が素晴らしい。

さて、そこそこ大きな器とは言え、掛け流しの温泉、「一応」は、深夜も入浴可能。
が、夜間に女性用となる檜風呂の浴室、寒い・・・・。
多分、湯けむりの排気のためだろうけど、窓が開いたまま凍りついて閉まらない。
通常、私は浴槽に入る前に体も頭も洗っちゃうんだけど、寒くて、頭に辿り着けない。
湯船に浸かると、ぬるくてちっとも温もらない。
2つの露天風呂は、内湯より温度は高めだけど、雪の中だからぬるくて寒い。
寒いと文句言いながら露天にも入る私だけど、諦める客が多かったよ、寒くて。
2泊目、このお風呂に入るのが、ほんっっとぉおおおに憂鬱、温泉で初めて(笑)
朝に女性用となるタイル浴室の方が寒くなかったし、黒い湯の花の浮遊を楽しんだ。
露天に行くまでが、足ぃがぁ、かぁじぃかぁむぅ!ってくらい冷たかったけど、何のその、
湯口に張り付き、山を見上げれば、銭湯の壁絵が何故、風景画なのか得心がいく。
朝に入れる方の露天風呂!!
お風呂写真(湯気がすごくて)はHPでご確認あれ、「長作の宿 なかだ屋」のHPは、コチラ。
和の可愛らしさと季節感を上手に演出、しかも、マッサージチェアが無料!
深夜の入浴が何故「一応」か。「お一人様での入浴はご遠慮下さい」とあったから。
一体、何があったんだ・・・。(私は4つ思いついた。ご意見はコメント欄に 笑)

新平湯温泉観光協会のHPは、コチラ。
奥飛騨温泉観光協会のHPは、コチラ。
日本国内旅行・奥飛騨温泉郷編の過去記事一覧は、コチラです。
国内お宿過去記事一覧は、コチラです。

寒いから、ちょっくら、近場で雪見風呂してきまっす。
バリの汗ダラダラ温泉も、恋しいぞ、うん。



[ 2012/02/03 ]   日本のお宿 | TB(0) | CM(6)

どこかと思えば。。
泊まったこと、ありますわ、ここ。
イワナとか、山菜とか。。
そう思えば、揚げ物とか。。。
なんなんだ?って思った食事だった気が。。。
紅葉の季節だった気がする。。。
[ 2012/02/03 20:38 ] [ 編集 ]

深夜は爆睡

温泉旅館
16時ごろ入浴・・夕食の前にビールグビグビ・・まったりと過ごし
夕食でまたビールと日本酒・・・
そのまま爆睡のパターンでは絶対に深夜は入れません(爆)
でも朝は5時に起きて入ります。そのあとビールですが・・なにか??(笑)
[ 2012/02/03 21:24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

HANG ZEROさん

おやぁ。HANG ZEROさんご一家も?
紅葉の頃は、お風呂もちょうどよい温度だったのでは?(笑)
イワナに山菜、よろしいやん。
オムライスとか出る方がいやですよ。
あ、ケチャップもお嫌いでしたね(笑)
[ 2012/02/06 23:33 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん。

この間、元気パパさん風の滞在をしてきました。
温泉上がってのビール、至福のひとときです。
ああ、酒飲みでよかった( ̄▽ ̄* )
でも、寝る前に一っ風呂浴びます、意地でも!!!(笑)
(ここでは、よぉ入りませんでした…サスガに)

よい旅館の朝ご飯って、お酒が欲しくなるメニューだと
思いませんか!?
[ 2012/02/06 23:38 ] [ 編集 ]

書き込みが遅くなってしまいました。
一日目のお料理は私が泊まった時と全く同じ。
ここは料金上げても既製品の品数が増えるだけでしょうね。
お風呂は私も寒かった印象です。露天なんて湯口付近以外は水風呂といっても良いぐらい。檜風呂開けっ放しにしてたら床が凍るんじゃないですかね?
女性スタッフの対応は良いのですが、ご主人が・・・
[ 2012/02/19 10:20 ] [ 編集 ]

日常生活の謎解きさん。

PBひひ淡州力さん

とんでもありません、ありがとうございます^0^

淡州力さんのお写真を見て、あっれ~!?^0^;
お料理って、シーズン通して変えないもんなんですね。
旅行代理店で、宿泊だけの手配、ありますでしょ?
お席が並んだのでチェックしちゃったのですが、
仰る通り基本形が同じで、小鉢が増えているだけでした、
別にいらないや、と…(笑)

新平湯って、湯温は高いと思ってたのですが、
何で、あんなにぬるいんだー…。
循環してて、ぬるくなるんですか??
源泉がぬるいと、加温循環なしかな、と納得するところなんですが(笑)
あの寒いお風呂だけは、なんとかしてほしいっす、T^T
女将さんは忙しそうでしたが、おしゃべりの内容もちゃんと覚えてくれていて
ロープウェイの情報も、すぐくれました、「女将さん」は(笑)
[ 2012/02/20 00:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/187-52b5b2a9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。