2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新穂高ロープウェイ&神宝の湯@奥飛騨温泉郷

快晴である!!
広告写真のような、ロープウェイ
宿のロビーにあるモニターを確認して、フロントの方にも確認して、
新穂高ロープウェイに乗るべく、出発!
多分、どこの宿でも、新穂高ロープウェイ展望台の天候は確認してくれると思う。
何せ、私はこの展望台からの眺望を楽しみに、旅行が決まってからというもの、
毎日毎日、ライブカメラを見てたのだ。(ここをクリック)
麓は晴天でも、山頂が晴天とは限らない。
麓が雪だるまマークでも、山頂まで雪とは限らない。
2011年冬、10日~15日間隔で、真っ青な空になる。
くり乃々が観察した「新穂高お天気日記」でした(笑)
ライブカメラに写る雪だるまさんとは、すっかりお友達。

焼岳の噴煙。
                     
                これが噴煙画像をクリック!
この日、ツアー客もたくさんで、乗り場は長蛇の列。
添乗員さん同士、飛騨高山で過ごす時間が取れない、と、嘆いておいでだった。
登山客の荷物測量があるからと思いきや、チケット出力に時間がかかるから。
昔のような印刷したチケットの方が早いんちゃうん、コストはかかるんだろうけど。
満員電車並みに詰め込まれたロープウェイから降りると、おお!
あっちの山並み、こっちの山並み、ぐるぐる展望台をまわって、雪の回廊も歩いてみる。
雪の上に大の字になって、思う存分、凍った空気を吸い込みたい。
雪の壁に反射する日の光は、結晶となって凍てつき、一層の輝きを増す。
樹氷と、怖いような青い空。
澄み渡った空気の青空は、墨が入ったように見えるほど青いのだと知った。

凍った空気の代わりに温泉、「神宝乃湯(かみたらのゆ)」。入湯料は600円也。
湯けむりに包まれた「神宝の湯」
新穂高ロープウェイの乗り換え口「しらかば平駅」にある。
白木造りで山の素朴さを演出しながら、露天のみの温泉は、
濃い硫黄臭を登らせながら、透明な湯をきらきらとこぼしていく。
山頂展望台よりも、ちょっと空が遠くなったが、墨が抜けた空は真っ青だ。
こんな極上を許される私って、どんだけ「よゐこ」?

飛騨牛の串焼き。焼き鳥大で安くはない分だけ、飛騨牛(笑)
山頂の食堂で食べた「飛騨牛の串焼き」、恐る恐るだったんだけど、おお♪♪
お茶がフリーサービスで、しかもハーブティ^-^ この日は、カモミール。
2011年の雪だるまさんは、2メートル以上あった、新穂高ロープウェイHPは、コチラ。
雪だるまちゃん。もう二度と会えない…。
旅行前の週は零下30度近い日もあって、楽しみにしてたのに(笑)、零下10度、
それでもカメラが壊れないよう、カイロを入れて暖めていた。
お昼近くなると、ロープウェイも山も独り占め状態。
山の向こう、青い空の下、白くけぶるあたり辺りが白神山地。だったかな??
日本国内旅行・奥飛騨温泉郷編の過去記事一覧は、コチラです。




[ 2012/02/07 ]  日本・温泉旅行 | TB(0) | CM(8)

いつかリベンジ

お~メッチャいい天気ですね。
30年くらい前、インターネットなど無い時代。
平日会社休みとって、このロープウェイに乗りに行きました。
最高のメッチャいい天気・・・が・・しかし・・・点検のため休止・・
いつかリベンジと思っています(笑)
[ 2012/02/07 20:33 ] [ 編集 ]

これは、絶景ですね。
今度、行こうかな。
しかし、ふれば最悪ですよね。
ただいま、穂高じゃないけど、周辺のお山のヘリスノーボード計画中のボンです。
[ 2012/02/07 20:55 ] [ 編集 ]

元気パパさん。

元気パパさん

お天気パパさんにも、晴れじゃない日があった( ̄∇ ̄)
と、一瞬、期待しました(笑)
そうですかー。
休止ですかー。
交通費、返して気分になりそうです、私なら。
是非是非、雪見ビールを楽しみにリベンジ再訪!ですね。

[ 2012/02/08 16:57 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

絶景です!
私、山の名前を知らないし、感慨もない(笑)んですが、
ほぉほぉ~~、と、見回してました。
職員さんにも、滅多にない晴天と褒めて?もらいました(笑)

ボン君、ますますチャレンジ進化中ですね!!
[ 2012/02/08 17:03 ] [ 編集 ]

せめてこの山の名前は忘れんといてや


あれは3年前


頂上で雪合戦したわ
[ 2012/02/08 19:24 ] [ 編集 ]

chabo茸?さん

chabo嶽?さん

雪合戦して、はしゃいでてた。

手が冷たかったし、ぶつけられた雪が首筋に冷たかった。

でも、何だか、喉の奥が振るえて

うふふあはは、と止まらなかった。

chabo嶽は、どっかん、

怒らないでね。
[ 2012/02/09 16:58 ] [ 編集 ]

おはよ~~ございます。

見事な白と青のコントラスト~
久々に行きたくなった~

このロープウェイの終点から西穂山荘まで
夏なら一時間かからないのに
2月に登ったときには3時間かかったよ~
[ 2012/02/10 10:09 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

この時は、本当に見事な、絵に描いたような晴天でした!
地元の方にも、ほめられた?くらい^0^

う~ん、西穂山荘まで、1時間で行けるもんかなぁ。
はるか彼方に見えましたよ。
鍛えている方は違うのかなぁ。
冬は勇気がありませんが、夏、下山したい(爆)


[ 2012/02/10 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/188-1a122c80









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。