2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「民宿宝山荘」の手打ち蕎麦「小さな蕎麦屋さん」@奥飛騨温泉郷/栃尾温泉

小さな蕎麦屋さん外観。この写真で初めて屋号を知った(笑)
峻険な山々に、根深な積雪の奥飛騨である。
水が良いに決まっている。
と、なれば蕎麦が美味いに決まっている。
新平湯からも歩ける栃尾温泉にあるのさ、旨い手打ち蕎麦屋が。

大盛とちゃうかったと思う。生わさびにわさび葉の佃煮。
飛騨地方の民家らしい深い軒の建物、「民宿宝山荘」の表玄関に、
「純手打ちそば」と染め抜かれた藍染の帷が、目に美しい。
民宿の若主人が奥さまと一緒に始めた、小さなお蕎麦屋さん。
一人でいっぱいの狭い靴脱ぎ場から上がったら、本当に小さなお蕎麦屋さん。
(更新する写真を見て「小さな蕎麦屋さん」と、屋号が看板にあるのに気が付いた。)
でも、旨さ本格、味のスケールは小さくないよ、てか、これ大盛りちゃうし。
田舎そばかと思えばさにあらず、手打ちの蕎麦はやや白め、きりっと洗練されている。
お出汁も(関西人からしたら)醤油は濃い目ながら、醤油辛さがしつこくない。
蕎麦がきとお品書き。
蕎麦がきが、これまた珍しくも唐揚げになっていて、タレがかかっている。
蕎麦がきを頂きながら、コレを揚げたら、ビールのツマミになりゃせんかと
かねて夢想していたけど、ナルホド、こうなるのか、旨いやん。
油のコク味がついて、そば切りと両方食べても、風味に飽きが来ない。
コレを食べに奥飛騨再訪、する価値は絶対にあるって、ほんま。
お蕎麦についてた「ワサビの葉っぱの佃煮」が絶品。お持ち帰りがあると良いのに。

オマケ。
このお蕎麦屋さんは民宿でございますから、温泉があるんでございますよ。
お蕎麦を食べたら、ナント、無料でもらい湯ちょうだいできます。(2011年当時)
見えにくいけど、柱の根元にご注目あれ。手前の手水は、う~ん、源泉?湧水?(笑)民宿宝山荘の露天風呂。よろしおっせー。
木の香りがしそうな湯殿は、本格的な木造。
飛騨らしく錺も凝ってて、殿様の湯殿みたいだ。
温泉だから冷たくないが、湯の透明な美しさがまさに、清冽。
硫黄臭が漂って、いやぁ、二重にごっつあんでした。
栃尾の集落
奥飛騨温泉郷栃尾温泉にある民宿「宝山荘」のHPは、コチラ。
日本国内旅行・奥飛騨温泉郷編の過去記事一覧は、コチラです。




美味しそうですね。
山の西と東で、印象が違いますね、おそば。
東に行くと、黒くなって、おだしも醤油辛くなって。
何か入れないと食べれないような。
西は、そうなのかぁ。
[ 2012/02/09 18:53 ] [ 編集 ]

お蕎麦大好き

蕎麦がきから揚げ・・コレを肴にビールが欲しい!!
本物のわさび摩り下ろしながらのお蕎麦・・最高ですね。
う~ん食べてみたい!!!
[ 2012/02/09 20:16 ] [ 編集 ]

そういや。

私そばがき食べたことナイ。
そば粉練ったもんですよね。
それを揚げたらドーナツみたいなもんかなあ。
アテにはなりませんかそれじゃ。
蕎麦、おいしそう。
ここんところうどん続きでしたが
ひさしぶりに蕎麦屋さんに行きたくなりました。
ワサビ、有料でいいから出して欲しいかも。
出してくれるのそじ坊ぐらいしか思いつきません。
[ 2012/02/09 21:07 ] [ 編集 ]

こんにちは~♪

くり乃々さん
ブログリニューアルですね!

更新頻度といい、
今年のくり乃々さんは一味違いますねぇ(^○^)b

古川にお気に入りの旅館があるので、
高山は訪れますが、栃尾は一度もないですねぇ。。
っていうか、冬は車で栃尾どころか奥飛騨にすら行く勇気がありません(笑)
でも、信州にも近いし蕎麦は美味しいですよね。
写真のそばがき珍しいですねぇ。
最初、あべかわ餅に黒蜜をかけているんだと思いました。
これは、ぜひ食べてみたいです。

そういえば、奥飛騨でかまくらが崩れたなんていうニュース見ましたが、
大丈夫なんでしょうか??

いつもありがとうございます!
[ 2012/02/10 04:54 ] [ 編集 ]

おはようございます。

わ~さっき一杯書いたのに消えちゃった。。


栃尾温泉
 川沿いの露天風呂には寄りますよ~~
[ 2012/02/10 10:15 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん

私、蕎麦がき好きで、あれこれ食べるんですが、
美味しかったですぅ、これ。
自分で作るなら、もっとお団子くらいの大きさにして(笑)

是非!リベンジついでにお立ち寄りくださいませ!!
[ 2012/02/10 22:24 ] [ 編集 ]

Akiyoさん

Akiyoさん

そう、そば粉をねりねりした物。
だけど、奥が深いっす。
そんで、ドーナツとは、全く異なる食感です(笑)

奈良の桜井かなぁ、で、食べた蕎麦がきは、
軽やかでふわんふわんもっちもち~。
天使の羽…、形状から言うと、天使のケツですな。
あれが目からうろこに美味しかった。
そんで、これも、へぇへぇ~~~、って美味しさ。
蕎麦がき、作ってみようかなぁ。(蕎麦切りは、初手から諦めている。)
私、そじ坊のワサビが不思議でしょうがない。
チェーン店が、あんだけワサビ、どっから仕入れてるんだ?
でも、あんまり辛くない気がする、あっこの(笑)

[ 2012/02/10 22:34 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

そうかぁ、この山はただ高いだけじゃないんですね、
文化の分水嶺なんだ。
私は、白いお蕎麦が意外だったんですが、
そういうものだったのかなぁ。
湯の山が、あんまり醤油ショーユだったもんで(笑)

この山を越えて、蕎麦と温泉を食べに行きたい…。
この山、高くて・・・・。

[ 2012/02/10 22:37 ] [ 編集 ]

ほぷほぷさん。

ほぷほぷさん。

きゃ~、お久しぶりです^0^ いつも有難うございます。
毎日更新できるくらい、奥飛騨日記は出来上がっているんです(笑)
バリ日記も、あと数回で終わります、くらい書き上げてます。
実は、書き終わったまま放置している日記もあります…。
書くと満足しちゃうんでしょう^^;

久しぶりに変えたら、カスタマイズの方法を忘れて、
ず~~~っと、スタイルシートを眺めてました…。
フォントの色と大きさ、行間は変えられたけど…、
画面の幅?を変えてみなくちゃ…。
よく、ああいう記号で、こういうデザインが出来上がるもんだ…。
素晴らしい、どういう頭なんだろう。
ほぷほぷさんのは、オリジナルですものね。

私も、車で冬の京都にすら行く勇気がありません。
古川のお宿は、最初の頃のブログにありましたね、
ステキなお宿でした。
高山までは行くんですがねー、この先のこの山を越える所に、
なかなか行けない…。

私が行った時はノイシュバンスタイン城は、霧でした。
濃霧の中、馬のひず目の音が響いて、私はルードヴィッヒ2世が、
橇で現れたのかと…。
観光馬車のひずめなんですけどね(笑)
続き、楽しみにしております^-^

ミニミニ雪まつり、地元の方々が協力し合ってやっておられたみたいだったのに。
ちょうど、その日記を更新しようと思ったところだったのに。
お気の毒なことになって…。



[ 2012/02/10 22:55 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

bali★toshiさん

ええ~、消えちゃったんですか、もったいない~。
せっかくだったのに、有難うございました。
また、宜しくお願いいたします(笑)

川沿いの露天風呂、男湯の方が川に近いんですよ、確か。
この日、宿とロープウェイとお蕎麦屋さんに入ったもんで、
端折ってしまいました。
結構、勇気が必要なお風呂だと記憶しますが…(笑)
[ 2012/02/10 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/189-bc5067da









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。