2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

港町点描@ギリマヌッ(Gilimanuk)

 同じような写真ばかりだけど、ぐるり、この風景しか無いんだもん。同じ様な写真ばかりですが。だけど、ぐるり、この風景なんだもん。
イジェンリゾート滞在の最後の日、また村の散歩に行こうと思ってたのに、
雨が降っている。
棚田の向こうの山が靄を纏って色を失うと、熱帯の草花を配置した色鮮やかな庭園にも、
やがて音を立てて雨が降り出す。
深い軒先や木の葉を打つ雨は私の耳朶をも叩きつけ、水球に閉じこめられた気分だ。
体の軸がずれるような不安に、サマセット・モームの「雨」を思い出す。
日頃、小説を読まないツレが、地元が舞台の短編(困ったときの友)だけは読んだという。
あいにくどちらも、その一編しか読んでいないので、文学論には発展せず(笑)
昼までの滞在予定を切り上げて、朝食後、バリに戻ることにした。
4輪駆動車で港に向かうべく山を下りだすと、熱気と比例して喧噪も増していく。
私が先ほどまで過ごしていた場所は、別世界だったのだ。
 港はピーカン!のお天気。人も車もバイクも同じ乗降口。
バリ島行きのフェリー。
文字通り下界に降り立った気分で、排気ガスを浴びながら、バリ行きのフェリーに乗った。
帰り道も同じ商品、同じ実演販売が始まる。さすがに飽きるぞ、違う商品にしてくれ(笑)
 クタパンではジュクンを見なかった。バリでは見ない、舳先が反っくり返った船。
クタパンの港にいた船。ジュクンとは形が全く違う。
ジャワ島発のフェリーにも小ザル達がいるんだけど、どちらかというと大人が多い。
しかもフェリーから飛び込むのではなく、海に投げ込んでもらったお金を拾うだけなのだ。
その点、バリの方がアトラクションとして上等だと思う(笑)
釣りをするためにバリに来た、という親子と一緒に港を歩いたら、
パスポートチェックの係官はいるのかどうだか、声もかけられなかった。

バリに着いたのは11時頃、ミンピリゾートのチェックインには早過ぎるか。
10分ほど歩いて、ギリマヌッの市場に行ってみたが、もう半分以上が店じまい。
トマトも買えず、ぶらぶらと集落を歩いてみる。
 家畜小屋がズラリと並ぶ。アスファルトではなく、黒い砂の道。
ここには、家畜小屋がズラリと並んでいる。アスファルトのようだが、黒い砂の道。
海岸沿いには家畜小屋が並んでいて、豚や牛、ドゥッカル(馬車)の馬もつながれていた。
船から見えた小島は白砂だったが、バリ北西部の浜は黒砂で、大きな黒い波が打ち寄せる。
ランチがとれそうな店はないかと、期待もせず歩く道は人影もない。
暑さに負けて港近くまで戻り、商店街(というか)で冷えてない缶ビールを捜す。
冷やしてある缶ビールは高いのだ、お酒を捜す時だけ、私は体力と時間を惜しまない。
おばあさんの露天で買った、ほこりまみれの2本がお店の最後の缶ビールだった。
チェックイン出来るまで、ミンピのプールに入ってようよ。
客待ちをしているベモに乗ろうとすると、ツレは、港から走ってくるベモに乗ろうと言う。
(チャーターカーに早変わりするのを避けるためだが、最初に釘を刺しとけば問題ない。)
「走ってるベモなんか、ないやん。」(フェリー到着から時間が経っているので。)
どうせボラれる時にはボラれると割り切っている私は、さっさと乗ってしまう。
ごっつぅ、ぼられましたけどね、値段なんか聞かないでRP10000払っておけばよかった。

ミンピのチェックインは14時だけど、すぐ入れるようにしてくれた。
フロントで新聞を読んでいたフランス人は、大汗をかいている私達に不審げで
ジャワからフェリーとベモ、ベモ道から歩いて来た、と説明したら呆れられ、感心された。
日本人はケチだ、ガッツがある、と感心したんだろう(笑)
このクラスに泊まる観光客の移動は、フツー、タクシーかチャーター車だよね、うん。
※ ギリマヌッの港にタクシーはありません。あればさすがに乗っています、多分(笑)
 むんず!!とえり首を掴まれている。
えり首をむんずと掴まれている

目指せ、二桁(@一ヶ月)更新(笑) バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。

[ 2012/06/28 ]   情景・バリ | TB(0) | CM(6)

笑いました。

>お酒を捜す時だけ、私は体力と時間を惜しまない。[元気パパもまったく同じです(笑)

フランス人・・爆笑でしたね。そのクラスホテルで汗はかいてないでしょう(笑)

RP10000・・100円以下・・(笑)
[ 2012/06/28 20:27 ] [ 編集 ]

なんだかんだで。
堪能ですよね。
あの国で歩き?
怖くないかな?
ま、乗り物乗ってても怖いけど。
[ 2012/06/28 22:06 ] [ 編集 ]

文学論

眩暈


やがて還る

晴れ渡った空の下の

無常に抗う


一点の血のどよめき



濡れちゃえば

良かったのに
[ 2012/06/29 19:15 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん。

しかも、少々重くてもお酒なら運んでます(笑)
たかだかRP3000安いのを探して、私は、ほんまに~(笑)

ツレが言うには、フランス人は体力で時間を買うそうですが、
そのおフランス人にも勝ったようです(笑)

そう、30円100円なんですが...6(__)
[ 2012/06/30 23:45 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

え?そぉお??バリって安全な方ですよ(笑)
特にミンピ辺りは田舎ですしね、
変に話しかける人もいないし、物を売り付ける人もいません。
ほんま、田舎なんです...。
[ 2012/06/30 23:48 ] [ 編集 ]

謙虚な。

大chaboさん

私の体の、海を知っている部分

私のどこか、風をはらむ部分

地と水と樹木が混とんとした

果てまで続く沼を見はらす、目。



やだよ。猫だもん、濡れるのは。
(しかも、道があっ!という間に、ずぶ泥の川)
[ 2012/06/30 23:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/203-17ad9d9a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。