2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミンピリゾートムンジャンガン(MimpiResortMenjangan)/ヴィラ編

コートヤードビラの門。夜は両脇に明かりが灯る。
お泊まりしたビラの門。夜は両脇に灯りが灯ります。
インターバルの後、滞在したミンピ・リゾート・ムンジャンガンでは、去年と同じ、
プール近くのビラをちゃんと取ってくれていた。
ビラの門扉を開けて、こぽこぽと音を立てる温泉浴槽と東屋を見ると、
ただいま~、が思わず知らず、口から出てしまう。
高い天井も、細長く広々としたバスルームも、ウェルカムフルーツとフランジパニも
セーフティボックスの怪しい日本語案内も、クセのある部屋の鍵も、みんな変わりない。
配置のシンメトリーと、ベッドに相違(ダブルかツインか)があるだけなのに、
前の部屋とは違って、とってもしっくりと体に馴染む気がする。
たった1回リピしただけなのに、気分はすっかり常連さんだ。

ミンピの写真を見ていると、潮と硫黄の混ざった匂いがよみがえる。
 左側の扉で隣のビラとつながるが、鍵がかかっている。

潮と硫黄の混ざった匂いが漂う。まざまざと蘇る、バリの匂い。
チェックイン時間より早かったのに、温泉の湯口は開かれ、底から漏れることなく(笑)
浴槽の青いタイルを映して、水色の美しい湯を満々と湛える。
散らかる前に先ずは部屋の写真を撮り、荷ほどきも済ませたら、お楽しみだ。
このために、バリ北西部くんだりまで来たのだ。
バリでは珍しく高温のまろまろした湯が、優しくまといつく。
 ※ 熱いお湯を好まないため、お水を足してぬるくする、ことが多いみたい。
不思議な顔した石像がこぽこぽ吐き出す温泉は、湯の花を優しく攪拌している。
源泉からの距離の問題かなぁ。第一段階で泊まったビラとは、泉質が違って感じられる。
こちらの方が源泉から離れているから、ぬるくて湯の花が少ない。
ここは常夏バリ、ぬるい方が長湯が出来ていいのだ。
より新鮮さに拘る温泉マニアさん達には、ヨガスタジオに近いビラをお薦めする。

どのコテゴリーも同じインテリア。シンプルだけど無機質ではない。
このアングル、ミンピの写真にはよくある。こうとしか撮りようがない(笑)
ただいまぁ、と、お昼ご飯を食べにレストランに顔を出す。
私達がまた戻ってくると知らなかったレストランスタッフは、おやという表情の後、
にっこりと笑って、また来たね、と言ってくれる。
イジェンはどうだった?と、小旅行を知っていたスタッフが声をかけてくる。
しんどかったけど、イジェンカルデラ湖は素晴らしかったよ、
でも、このレストランで見るジャワの山の風景も、とても素晴らしいよと言っておく。
ちょっと厳つい顔をした彼は、目尻を和らげ、日本語メニューを置いていった。

ベッドコーナー。ウェルカムフルーツ&フラワー。虫よけクリーム常備。
シンプルだけど、かわいいベッドコーナー。 虫除けクリームが常備。
ランチメニューはディナーに比べ、ちょっとお安い値段設定。
いくら安かったかは、いい加減はできないから書かない(笑) 
親子丼や鶏の照り焼き、「ミークワ」じゃない「ラーメン」もあったと思う。
残念ながら、日本食が恋しくなるほどの長期滞在はしたことがないから、
バリでの日本食は食べたことがない。
日本人スタッフがいないホテルの日本食って、どんな味なんだろう?
このために泊まると言ってもいいバレ。でも左側、スダレと植込みの向こうはすぐ通路。
ここでゴロゴロしてビールを飲む。至福。
 だけど左側、スダレと植込みの向こうは通路なんだよ。外からは見えないけど、さ。

どんどんどんどん値上がりするミンピリゾートムンジャンガン(MimpiResortMenjangan)
HPは、コチラ。
二桁更新って難しい…。バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。


[ 2012/07/01 ]   バリ・お宿 | TB(1) | CM(8)

覚えているもんなんですね。
現地スタッフ。
そういえば、ハワイの某ホテルのポーターさんも、オーストラリアのコンドミニアムの管理人も。
結構、覚えてくれてたなぁ。
きっと、そういうものなんでしょうね。
だから、リピートってなるんでしょうね。
っていうか、バリ、食べ物さえ合えばなぁ。
日本食のないのよりも、あのすべての味付けが。。。
[ 2012/07/01 22:56 ] [ 編集 ]

いいですよね。バリのビラ・・

思い出しますね。プール付の朝ごはん作ってくれるビラ・・もう一度行ってみたいです。

外国人はぬるいお風呂が好きでよね。特にフランス人は猫舌でぬるいお風呂だそうですね(笑)

>ここでゴロゴロしてビールを飲む。至福。
わかります。人生最高の時間ですよね。
[ 2012/07/02 07:46 ] [ 編集 ]

Selamat pagi

お~~これぞ至福のとき~
 ごろごろ ビール  最高じゃないですかぁ。
 はぁ~  行きたい~~っ
[ 2012/07/02 09:27 ] [ 編集 ]

ふと

旅を

言葉にするって

どういうことなんだって思った



そしたら

口から源泉が
[ 2012/07/02 19:08 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

私、同じ店、同じホテルって、行ったことないんですよ。
だから、人さまのお話でよっぽどリピしてるのかなぁ、
なんて、思ってたのですが(笑)
一度、行ったお店のスタッフが通りすがりに挨拶してくれたり
ありますからねぇ。
バリ人がそうなのかと思ってましたが、やっぱりサービス業の性
なんですかね。

あははは、ダイジョーブって!
現地並みイタリアンも増えましたから^-^
あれかな、私と一緒で赤玉ねぎとかの匂いが苦手かな?
私、甘しょうゆの味も好きじゃない(笑)
[ 2012/07/03 23:16 ] [ 編集 ]

元気パパさん。

元気パパさん

自分のお部屋で作ってもらう朝ごはん、食べたことないです(笑)
そういうビラにも泊まってみたいなぁ。

フランス人、ぬるぬる(変な表現)なんですね(爆)
日本人は、反面、はふはふ熱いお汁すすって、
くくくく~っと熱い湯に入るの好きですもんね~。
冬は、あちらも底冷えするのになぁ。

私、お城に行ってもお寺に行っても、
このベランダで酒飲んだら美味しかろ~。
そんな観点で見学してます(笑)


[ 2012/07/03 23:21 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

Selamat malam

風呂上がりにビール、ひと泳ぎしてビール。
そういう一時のためだけに、生きてます(笑)
私、もうじきだ~。
でも、帰ってきたら、地獄だ~↓↓↓
[ 2012/07/03 23:24 ] [ 編集 ]

湯口からchaboさん

chaboさん

汲めども尽きぬ湯を

手のひらで掬うように

指先でなでるように

そんなこと思うから、ほら。




スライムchaboさん、女湯は厳禁。

[ 2012/07/03 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/204-e2ddbddd


あなたのお部屋がヨガ教室になる!

ヨガをやりたいけど、何から始めたら良いかわからない!?そんなあなたに、ヨガインストラクターも絶賛の自宅での極意を習得できるガイドブックがあります。 まだ、月謝を払ってヨガ教室に通いますか?
[2012/07/10 09:17] URL 自宅でヨガの極意を習得ガイドブック







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。