2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミンピリゾート・ロケーション編/ジャランジャラン

17時半に、本当に毎日更新してるから、試しに覗いてみ(笑)
私の体内ヒッグス粒子が重量を増した今日この頃、だらっと長文だ。


バニュウェダンの温泉浴場に向かう人々。洗濯物もいっぱい抱えている。
温泉浴場に向かう人々。
目指す所はない。
期待する景色も、別にない。
ナニカ、オモシロイコトガアルダロカ。
だから、ブラブラ歩いてみる。
基本形、勤労体質なもんで、一応、目標は定めてみる。
「海辺を見付けよう」
ミンピリゾート・ムンジャンガンは、海辺のリゾートなのに海辺が少ない。
南部リゾートのように、パラソルの下、海辺でまったり・・・、が出来ない。
海自体は美しいバニュウェダン(ミンピのある村)だ、小さくてもビーチはないか。

放牧場と化したサッカー場、そして、紫にけぶるジャワ富士(ムラビ山?)
放牧場と化したサッカー場とジャワ富士(ムラビ山?)
ホテルを出て左側をずっと行くと、牛の放牧場になっているサッカー場がある。
ただの広っぱだけど、棒杭がおっ立ててあるからサッカー場なんだと思う。
道の片側には、ぽつりぽつりと家が建ち、庭では黒い小ブタが走り回っている。
家寺はあっても家の影(アグン山の方向は、道の反対側)で見えないのか、
ムスリムが多いのか。
ウブド辺りの村々の様に、高い塀で囲っておらず垣根が開放的だ。
そんな道筋や、小ブタの写真を撮っていると、家の奥からわらわらと人が出て来る。
夕涼みの一時。
夕涼みの一時 この子に写真を持っていこう
             かわいい小鬼っこ。

6月は雨季の影響が残っているのか、気候の違いか、去年に比べまだ木々は緑だ。
左に行けば海だろうに、緑陰に惹かれて小道を右に曲がってしまう。
ぽかりと林が切り開かれ、開拓村だろうか、全体をぐるりと低い柵で囲って
横一列に、10軒足らずが寄り添っている。
バリの村々を歩き回った訳じゃないけれど、今までにこういう形態は見たことがない。
イスラムの集落だろうか、エキゾチックな建物は空き家に見えたがモスクなのかな。
カメラも向けかねていると、女の子(多分)が勢いよく自転車で乗り付け、
私の真ん前で、柵の中からじっと見上げる。
外国人は珍しくなくても、自分ちの前に立っている外国人なんて見たことがないのかな。
女の子の目線にしゃがんで、いい人に見えるように、精一杯、にぃーっと笑ってみた。
カメラを見せると、ちょっと斜めから、小鬼のような女の子は笑ってくれた。

風吹けば 沖つ白波たつた山 夜半にや 君が一人越ゆらむ
風吹けば 沖つ白波たった山 夜半にや君が一人越ゆらむ
その先に行きかけたら、犬数匹に真剣に吠えたてられ、どうやら通してもらえそうにない。
日も暮れそうだし、引き返すことにした。
サッカー場に落ちる日の中、おばあさんが頭上に桶を載せて歩いてくる。
この先の、井戸のある家からもらい水したんだろうか、温泉から汲んできたんだろうか。
一本道をゆったりと夕陽に染まりながら、おばあさんは地平線に消えていく。
その真っ直ぐな背を見送りながら、私はここではないどこか、
この世にはないどこかの村を夢想している。
自分が期待してる物は何なのか、それを目にしたことはあったのか、
それでも記憶に降り積むのは、こんな些細な事ばかりだ。

…………………、ビーチは、よ。
ちょっとけだるい少女
誰もいないと思ったら、こんな風に、ひょいっと誰かが待ち受けている。

ベモ道からミンピに向かう途上、週1くらいで闘鶏場が開かれる。
覗きに行ったら、一人の男性に強く睨まれた。
バッソやサテの屋台もあって賑やかだったし、愛想のいい人もいたが、
女がふらりと立ち入って良い場所では、なかったのかもしれない。
闘鶏場。さすがにこれ以上は入れなかった。 負けたん?( ̄∇ ̄)
単に、負けただけかも。

ミンピリゾートムンジャンガン(MimpiResortMenjangan)のHPは、コチラ。
もぉ、ええで、と思っておられるあなた、まだ続くバリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。




[ 2012/07/07 ]   情景・バリ | TB(0) | CM(10)

まぼろしの村

博打場に婦女子が屯うようになってから

とんと興味が失せちまった



何がいけない訳じゃねぇだろうけど

人の幻に無闇に

入っちゃいけねぇことだけは確か




くわっかどぅどるどぅ
[ 2012/07/07 19:23 ] [ 編集 ]

闘鶏場?
なんか、激しそうですね。
バリの闘鶏。
いや、っていうか、そういうのは、おおっぴらにあるんだ。
知らなかったです。
[ 2012/07/07 20:47 ] [ 編集 ]

バリの女の子は皆フォトジェニック。
なんかサマになってます。
幻の村、夢想の村。
その言葉と写真で遊佐未森の
「地図を下さい」って曲を思い出しました。
いや、なんとなくね。
ぷらっとどこかに行きたくなりました。
[ 2012/07/07 23:19 ] [ 編集 ]

闘鶏場

ひよっとして女人禁制の賭博上では・・・
海辺のないビーチリゾートですか・・(笑)
[ 2012/07/08 04:14 ] [ 編集 ]

闘鶏場に限らず、バリのちょっと奥まったところは
オトコだけ屯してる場所がかなりあるよね??

ベモってもしかして、ぎゅうぎゅう詰め?
[ 2012/07/08 08:41 ] [ 編集 ]

文字通り過ぎて、困っchaboさん

chaboさん

おうよ、板一枚の地獄。

女だてらにこたえれね~。

ちっ、ポケモンじゃあるめぇし、

動物同士、闘わせてどないすんのや、あれ?


でも、正直、闘鶏は見たくないの、ね。
[ 2012/07/09 00:13 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

賭博は、一応、禁止っす。
でも、村のインフラにお金が必要な時は、
(お祭りとかも、ね)
認可されてるんだそうですよ。
そんで、すっげ~~~立派な雄鶏が、籠に入ってたら、
それは闘鶏用です。
割と、あちこちで見かけるの^-^
でも、中に入りかけたのは初めて。
闘鶏自体は見たくなかったから…。

[ 2012/07/09 00:17 ] [ 編集 ]

Akiyoさん

Akiyoさん

いえいえ小僧っ子もかわいいです^^;
でも、なんだか女の子、妙にフンイキがあるんですよね。
男の子は、ほんとに小僧っ子(笑)

遊佐未森って、知らないの。
検索したら、「地図を下さい」のyoutubeが上がったから、
会社で聞いとく、ウチのん、鈍いから(私の機動力と一緒で)。
ふらっとどこかに、って、行ってるやん。
ヨワオさんほっぽって(笑)
いじけちゃうよ、連れてってあげないと^0^

[ 2012/07/09 00:22 ] [ 編集 ]

元気パパさん

元気パパさん

女人禁制って、今の日本じゃ忘れちゃうけど(笑)、
まだまだ、そういう目がある方が多いですもんね~。
まぁ、闘鶏は見たくなかったら、いいんですが...。

真っ当な海は、レストランの前くらいです!
入江の奥に細長く敷地がある感じかなぁ。
近隣のホテルはビーチリゾートですが、温泉がね(笑)

[ 2012/07/09 00:27 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

気ままなアンさん

あ、そうそうそう。
そんな感じ、「タムロってる」
こっちは知らず知らず、構えますが、
大抵は、どこ行くの~、どこから来たの~程度でした(笑)

このベモは、長距離ベモ?だから、ちょっと大きいんです。
でも、市場に行く時は、荷物が多かった...。
[ 2012/07/09 00:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/208-d851e0e6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。