2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バーチャル避暑/ホテルのせ川@奈良県野迫川村

ぐにゃっと湾曲した川。半分凍っている。
ぐにゃっと湾曲した川。半分、凍っている。
公的交通機関が一切ない「ホテルのせ川」は、宿泊客の便宜のために、
高野山駅~宿を夏季40分、冬季60分かけて送迎してくれる。
高野龍神スカイラインは、快適な山間ドライブを楽しめる上、
ドライバーのスタッフさん(支配人である)が、名ガイド。
台風12号(平成23年)の爪痕や紅葉スポット(季節であれば)、
珍しい地形等も案内してくれ、すでに観光。
道中、日中には見られないというカモシカや鹿にも遭遇して、相当、お得気分である。

ホテルのせ川の部屋。シンプルで清楚。部屋のお手洗いはウォシュレット。
ホテルのせ川の部屋。シンプルで清楚。お手洗いはウォシュレット。
小さな集落に似合わぬ近代建築がニュッ!と目に付いたら、それが「ホテルのせ川」。
私達が予約したのは、奈良県発行の台風12号復興用チケットを利用した24時間ステイ。
(2012年2月現在。2012.8月現在の「じゃらん」の宿泊プランは、コチラ。)
湯治としゃれ込んだワケだけど、巨大な冷蔵庫の如く、館内は冷え冷えとしている(笑)
遊べる川やキャンプ場(新築キャビン有り)もあるから、避暑が基本で、
冬の利用は、(物好きのことなんか)考えてなかったのかもしれない。
息も凍るエレベーターから降りて、部屋に入ると、おお、暖房が入ってて暖かい。
お約束の冬みかんを乗せたおコタも、すでに温々^-^ テンションが一挙に上がる。
シーズンには登山客の日帰りで賑わうという温泉は、多分、私が一番乗り。
広々と寒い脱衣場だから、勝手に温泉暖房のスイッチを入れる。
温泉自体は加熱循環のため、とろり感が少々欠ける物の、新湯投入のみで加水はなし。
ジャグジーがない方の湯船には塩素臭もない、期待以上の良泉だ。
小さなかけ湯用の槽?は、ぬるくてより源泉に近い肌触り。
支配人さんによるとPH10以上、強アルカリの美容液温泉だ。

夕食。八寸、地場産野菜の部、地場産お肉の部、恨めしげなアマゴと月桂冠(残念)。
夕食の八寸と小鉢、冷めているのが残念。 かしき鍋、野菜の部。村の手作り豆腐、村の杵つき餅、イキの良い野菜。細胞ピチピチ。 かしき鍋のお肉。鴨、シシ、雉。 恨めしいアマゴ。地酒じゃないのが無念す。
しみじみと美味い朝ご飯。白菜の手作り古漬けでよござんしたのに。
朝ご飯。真ん中の小鉢は、豆腐をう~ん・・・、なんかしたの。味は濃いけど化学調味料なし。白菜の漬け物でいいのにさ。  朝ご飯。ツヤツヤの白米。懐かしいような花麩とかき玉味噌汁。

村の外食処も担っているホテルの食事処は、残念ながらいかにも食堂だけど、
宿名物の「かしき鍋」(鴨、しし肉、雉の鍋物)は、お肉の新鮮さが売り物。
村特産のお素麺(三輪素麺系ながら半田素麺並みの太い麺)に、
村の手作り豆腐、杵付き餅もシミジミと美味しい。
特産のアマゴの塩焼きだって、川魚を好まない私でも臭みがなく、コレはイケる。
野菜も肉も鮮度が命、アクが出てしまう前に料理されて美味しくなるんだろう。
お鍋の〆はお雑炊にしたけれど、朝食の白いご飯が噛むほどに心に染みた(笑)

冬場だけの特別サービス、おぜんざい。でっかい杵つき餅入り。
冬場だけの特別サービス、おぜんざい。でっかい杵つき餅入り。
館内や部屋は、正直、ちょっと哀しくなっちゃう(笑)部分もある。
それは清潔さや居心地の悪さとはまた違って、手に余る建築物の大きさ、というか。
だけど、それはハードの部分。(注:とても清潔に、お掃除されています。)
少ない人数で、ガイド付き(笑)送迎から給仕まで、
どんな質問やお喋りにも、気前よくお付き合いしてくれた。
日本で一、二を争う過疎の村に住む、働き盛りのスタッフさん達の頑張りに、
温泉、おこた、お鍋料理以上に、心がぽかぽか温もったんである。


1㎞くらい離れた民宿から、この集落まで毎日通って来るワンコちゃん。
どうやら、手前のブチ犬さんに会いに来るらしい。

奥にいるのが日参するコ。どうやら、手前のブチ犬さんに会いに来るらしい。
また、野迫川に行くんだーっ!今度こそ、立里荒神にも行くんだーっ!!
でも、夏にするわ(笑)
携帯電話はかろうじて、ソフトバンクだけが通じる「ホテルのせ川」のHPは、コチラ
だけど、村内全域のカバーは無理。アンテナが安定してないと友人は言っていた。
本とお酒を持ち込んで、湯治よろしくゴロゴロ、山と清流に培われた空気は美味。
それと、HPはあんまり(ほとんど)参考にならないので、
コチラと、コチラをご参照下さい、高評価です。
野迫川村の一集落。
逝く夏や 討たれ落ちたか蝉ひとつ
この遠足に関連した関西圏サイトマップは、コチラです。
国内で宿泊した温泉宿の過去記事一覧は、コチラです。

[ 2012/08/29 ]   日本のお宿 | TB(0) | CM(2)

へぇ。
真冬の野迫川、そうなんですね。
車で林道を走ってて(四駆でダート)。。。
くまに遭遇したときは、死ぬかと思いましたけど。
くまが驚いて木に登ったときは、もっと衝撃でしたけど。
[ 2012/08/31 01:05 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

くまーっ!?
熊ですかーーーーっ!!
鹿とカモシカだけでも、喜んでいたのに(笑)
雪の上に点々と、ウサギや鹿、私の足跡が残りました。
熊ねー。足跡があったらデカイでしょうねー。
(いや、そんな程度ではなく)
[ 2012/09/02 22:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/220-6586ecf0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。