2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立里荒神・龍神温泉ツアー4.食いまくり編

龍神温泉にある道の駅「木族館」。村の材木で作ったウッドテラス、満腹な景色と空気。
木族館。龍神の材木で作ったウッドテラス。
高野山に行く私のルートは、外環170号から371号だ。
住宅地を走るのでぐねぐね道ではないが、道の駅がない。
だから、お手洗いに行きたくなった時は、コンビニやマクドでお借りするしかない。
って、ことで、朝ご飯1.がマクドナルド。
ソーセージマフィンが食べたかったのに、グリルドソーセージを注文したツレが、
甘いパンケーキにソーセージがキショイ、と言うので交換してやった、ちっ。

花園村の物産販売所、よごみ(よもぎ)餅。 よごみ(よもぎ)餅。
高野龍神スカイライン沿い、花園村の物産販売所で「よごみ餅」を一つ、立ち食い。
よごみとは土地の言葉でヨモギのこと。草餅です。小さめで素朴な甘味でしたわ。
標高はどのくらいだろう、風が涼やかだった。
スカイライン最高標高、ごまさんスカイタワーのある龍神村の物産店では、寒いくらい。
昔はありきたりなお土産物しかなかったけど、今は村の特産品が増えて、楽しくなった。
レストランも山の幸を盛り込んだメニューになって、試す価値はありそうだ。

朝ご飯2.は、龍神温泉の道の駅「木族館」で茶がゆ定食、500円。
五目豆、干し椎茸の炊いたんのおから和え、夏野菜のマリネ。

木族館、茶がゆ定食。五目豆、おから和え、夏野菜のマリネ。
川沿いに張り出したテラスで、清流を眺めながら頂く。
室温に冷ました茶がゆは、焙じ茶の香りも高くサラリと美味い。
小鉢の五目豆がアッサリ薄味、朝から良い物頂きましたなぁ、という気分。
ただ、高級甘口梅干しなのが、イヤ。おかいさんには、ばあちゃんの梅干しでしょー。
それなら提供金額も、480円くらいで済むはずだ(笑)

昼ご飯1.は、ホテルのせ川のレストラン「伯母子亭(おばこてい)」。
ホテルのせ川、トンカツ定食。 ワラジとんかつ(笑)

さすがに夏休み最後の土曜日、宿泊客も立ち寄り客もそれなりだ。
ツレはアマゴ定食(お刺身、塩焼き)、私は・・・、トンカツ定食、1000円。
地場産のにゅうめんを食べたかったけど、暑くてそんな気分には・・・。
かかっていた甘味の少ないソースが不思議、味噌カツってこんな味かな?
冬には自家製浅漬けだったのが、既製品のお漬物でガッカリ。
夏は調理場も忙しくて、漬けるところじゃないのかな。
それにしても、でっかいトンカツだった。ご飯は、相変わらずふくふくと美味!

昼ご飯2.立里荒神参籠所での山菜うどん、550円。
昆布の淡く柔らかい出汁。舌を研ぎ澄まし、美しさに見入る。と、おまけのスイカ。
立里荒神参籠所、山菜うどん。なんて美しい出汁なんだ! オマケのスイカ。
地場産かな?肉厚で香り高い干し椎茸の炊いたんが、どっさり。
この煮物と塩漬け山菜でシツコイ塩味かと思いきや、お出汁は精進の昆布だしでアッサリ。
透明で、立里荒神のように清浄なお出汁なのだ、実に味わい深く、しみじみと滋味。
おまけのデザートに出していただいたスイカが、また、美味しくてですね~。

この日、起き抜けにクリームデニッシュと豆乳を平らげている。
数えると、ほぼ2時間おきに食物を摂取・・・。
食べ盛りはとうに過ぎているってのに、どーすんの。
この遠足に関連した過去記事、関西圏サイトマップは、コチラです。



おかいさんは、おいしいです。
茶粥がデフォルトじゃない地域、もったいない。
お芋が入ったり、磯自慢を入れたり。。。
花園のあのあたりに、おいしい蒟蒻があった気が。。。
どこだったか。
[ 2012/09/18 20:31 ] [ 編集 ]

おはようございます。
清流いいですねぇ~
 こんなところで食事すれば カップ麺でも美味しく感じてしまいそうです~~(笑)

僕も小さな旅してきましたぁ~
[ 2012/09/22 08:30 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

お茶漬けを煮たみたいで、気持ち悪いって
言われたことあります(笑)
もったいないですよね~、お茶の香りでしゃきっとするのに。
ああ、やっぱ地場産こんにゃく、多いんですかね。
この間、天川に行く途中にもありました^-^
田楽が美味しかった~♪
[ 2012/09/24 13:15 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

bali★toshiさん

あはは、カップ麺ですか?
もっと良いもの、召し上がってたじゃないですか。
この辺りは、魚も棲まない清流と、釣り師が言ってました(笑)
負け惜しみなのか本当のことかは、謎ですが、
清流には間違いありません。
[ 2012/09/24 13:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/224-e6aafeeb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。