2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

立里荒神・龍神温泉ツアー3.季楽里(きらり)龍神

龍神村を小又川方面に行ったところにある、天誅倉。天誅倉@龍神村
日帰りのつもりで出掛けた「秋を捜しに、立里荒神お参りツアー」は、
相次ぐ山道で、もう運転にウンザリ。
朝一番で入湯を済ませた龍神温泉に戻って、急遽、宿をとることにした。
泊まってみたい老舗宿はあるけれど、何せ、日帰りのつもりだったから、
カードで支払える宿にしか泊まれないT^T まだまだゲンナマがモノをいう日本。

サルスベリの投げ込みが似合う、季楽里の玄関ホール。
季楽里龍神の玄関ホール。サルスベリの投げ込みが、風土に似合う。
龍神温泉の外れに位置する「季楽里」は、3セク系公共の宿。
狭隘な山間の温泉街にしては、ツアーも受け入れる大箱の施設だ。
涼やかな清流が恋しいかして、ほぼ満室。
電話をした際、「一番、古いお部屋しか空きがなくて・・・。」と、語尾を濁されたので、
どんだけ古いねん、とビビったけれど、大層立派な木の香漂うロビーから一番遠い部屋は、畳も新しくて充分、OK。ただ、玄関が狭く、部屋のドアが開閉しにくい。
というか、三和土(靴脱ぎ場)に立つと、自分の体が邪魔でドアが開けられない。
ベランダはあるけれど、ベランダの目隠し?で、景色は無し。
もっとも道路越しの渓流までは微妙な距離だし、植え込みで見えない。
新館ならば渓流の景色も見えるだろうし、玄関も広くウォシュレットトイレのはず。
どうかな?もう一度泊まるなら、私は2000円足して景色の良い方、選ぶかな?
龍神は遊ぶ所もないし、部屋でぼんやりするには景色の良い方が、私は心地よい。

食事は朝・夕ともブッフェ式。
お夕食、一部。   和朝食      洋朝食  何でこう、不味そうな写真に。
お夕食。 和食の朝ご飯。 パンの朝ご飯。
鹿のタタキや鹿肉の煮込み、なんて変わり種もあったし、
お野菜の炊き合わせも小鉢に、きれいに盛ってあった。
宿泊する年齢層が比較的高いせいか、宿泊人数が多過ぎないせいか、
某温泉宿再生グループの殺伐とした食事風景よりも、落ち着きがあって穏やかだ。
多分、盛ってある皿が大き過ぎず、料理の補填がコマメで静かに行われているからだろう。
夕食を始めたのが遅かったので、何がくやしいって、取り損なったデザート!
ち~っとも期待せずに取った「ミルクプリン 柚子のジャム添え」が、
めっちゃ美味い! 濃厚なミルクと柔らかなゼラチン具合。
これなら他もと、ケーキの皿を見に行くと、クリーム系はすでになく、
チョコレートとオレンジのタルトだけ残っていた。
これも、ブッフェのデザートとは思えない!ケーキ屋さんの味がする♪
季楽里 龍神」ではムリムリお菜で腹を満たさず、デザートの余地を残すべし。

部屋の写真、撮り忘れたので野川弁財天、階段にいた子ワンコ。
踊り場部分でお昼寝してました、逃げたけど(ーーメ)

野川弁財天にいた、なつこくないワンコ。かわいいのに。
野迫川で買った凍み豆腐も保冷剤ごと預かってくれたし、心地よく過ごせるお宿、
季楽里(きらり)龍神」のHPは、コチラ。
お風呂の写真は撮影禁止だから、HPでご確認下さいませ。男女の入替はなし!です。
野迫川村(@奈良県)観光案内は、コチラです。
この遠足に関連した過去記事、関西圏サイトマップは、コチラです。
また、日本の温泉宿の過去記事サイトマップは、コチラです。




[ 2012/09/15 ]   日本のお宿 | TB(0) | CM(2)

ここ、何年か前にできたか、リニューアルされたかのお宿?
なんか、行ったことあるかも。
去年だったか、おととしだったか、リピートしようと思ったとき、台風の被害の影響で、NGだったんです。
もう、しっかり営業されてるんですね。
[ 2012/09/16 23:57 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

そうそう、リニューアルあるしたとこ。
でも、何をリニューアルしたか、覚えてないんですよ。
泊まったのは、始めからあった建物だと思います。
川原に下りやすいから、お子さん連れだと楽しめますよね^-^

龍神村自体は、被害は少なかったのかな?
道路が、いまだにあちこち補修中でしたが。
でも、去年の台風で、紀伊半島のお商売はどこも傷手を被りましたから、
どこも頑張って欲しいですよねー・・・、大変でしょうが。
[ 2012/09/18 14:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/225-4791d33e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。