2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

古典芸能と日本を、しつこく憂う。

夕暮れは 雲のはたてに物ぞ思ふ あまつそらなる人を恋ふとて
大和盆地の夕焼け
橋下現大阪市長が府知事時代に、文楽鑑賞後ホザキくさった(しかも公務のクセに)
「二度とは観ない」発言は、伝統芸能・古典嫌い、または関心さえない方々には、
快哉する部分もあったのではないか?
私の周囲にも、伝統芸能を敬遠なさる方々はいるが、あえてはお誘いしない。
伝統芸能を「鑑賞する方法」をお教えするのは、僭越でもあるし面倒くさいし。
おっと、「上から目線、だから!」と、お気を悪くなさらないで。
伝統芸能に限らず、案外、鑑賞ごとには「方法」があるもんだ。
サッカーでも野球でも絵画でも、映画だろうと三谷幸喜だろうとヨシモトだろうと、
面白さ、ツッコミ所、感情の波に乗って楽しむには、ツボとコツがある。
そのツボとコツを掴む要所は、やっぱり個人の趣向でしょう。
漫画も本も何も読まない、と言うコがいた。ちっとも理解できないから、だそうだ。
彼には「文字」を、3D(卑近な世界)に引き寄せる手段がなかったのだろう。
私に数字、数式の美を理解する手段がないのと、同じように。

私の小・中学時代、情操教育とは「日本を否定する」ことのようだった。
日本の絵は、遠近法もなく平板。(浮世絵にも遠近はあった。)
邦楽は、二拍子で単調。(五線譜に落とし込もうとするから単調になるのだ。)
歌舞伎は荒唐無稽。(確かにw だけどシェークスピアだって相当でしょ?)
欧米に汽車が走り出した頃、日本は駕籠を担いでいた。
(比較してどうする。王侯貴族が手づかみで食事していた頃、日本では誰もが箸だった。)
日の丸、君が代問題は今に始まったワケじゃない。
日本の伝統文化・歴史は、旧弊で不合理で抑圧的だと、教師達は口を揃えて貶めたもんだ。
そんな教育で、どうして日本の文化を観よう、触れようという気になれるだろう?
どうして、日本という国を好きになれるだろう?
自分たちのアイデンティティを、どこに求めよと? それともそんな物は、不要だと?

戦後民主教育は、教師不信と反動を私にもたらし、
鏑木清方の透明な美しさに魅入り、長唄や歌舞伎のTV番組を観るとも無しに観、
ヨシモトよりも落語を好む、ババくさい子供を作った。
美術館でも歌舞伎、文楽においても私はイヤホンガイドは使わない。
鑑賞事は、目の前にある物を味わうお遊びであって、お勉強ではないからだ。
(だから、伝道者よろしくご案内するのがメンドーなのだ。)
ただ、子供たちが「関心を持てる」「共感できる」教育を、蔑ろにしてはほしくない。
ITやダンスの授業もよいのだろうが、和事の位置づけは、今、どうなっているんだろう。
バリで、子供たちのバリダンスやガムランの授業を観るにつけ、
自分たちがどんな「文化を持っているか」を知ることは、自分たちの幸福・幸運を知って、
自分たちの中に、揺るぎない根っこを持てることなのだと信じている。
ふふふ、アタクシが政権をとった暁には。
アタクシが政権をとったあかつきには・・・( ̄一 ̄)



[ 2012/10/22 ] 和事礼賛 | TB(1) | CM(6)

そうは言っても。。。
子供の頃に本物を見ていると。。。
その時はわからなくても、大人になれば、あれがそうかぁ。。。って。
そうなるんだと思います。
日本人の伝統の良さって、無言の継承かもしれません。
知らないうちに、すり込むことのできる芸術とか。。。
社寺仏閣とか仏像とか、お祭りとか。。。
結局、無意識ですから。
[ 2012/10/22 20:48 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

無言の継承、そうであればいいなぁとは思います。
自分の身の回りに、和を美しいという価値観さえあれば、
そうなるとは思います。

私が子供の頃、着物は、そう特別な物ではありませんでした。
今は道楽者のような気がします、着ていると(笑)
結婚式や卒業式に着て行ってもいいの!?
こう言われると…、こいつら何人だ?
振袖が第一正装だから、成人式に着て行くんだろう??
今や、コスプレですなぁ。

神社仏閣、日本の街並み、そういう物を折に触れ
観ていれば、きっと落ち着きを感じられるようになるのでしょう。
でも、そういうのは、触れられる環境を大人が心がけないと、
次世代の意識には残らないんだと思います。
HANG ZEROさんが、お子達になさっていることは、
成長して行く過程で、ポンっと腑に落ちる、
そういうことが大事だと思います。

なのに為政者が、不要だと切ったら…。

[ 2012/10/22 22:22 ] [ 編集 ]

あん人は 数学も 分からんと 言うて おまへんでしたか?

これなぁ

言うたら

「嫉妬」の問題や ないんかな~

「橋下流」立ち上げたいんとちゃうんかな~

だってあん人「TV芸人」でしょ?


でな

おら逆に思ってん


こいつら(教師もふくめてだよ)

どないにモダンなふりして西洋気取ってても

根っから「日本人」やないか!!!


って


ずっと思ってん


ただな

「形」や「所作」みたいなもんは

「身体的文化」やから「訓練」は必要やし

そん中からしか「自覚」は生まれへんのんやけど

それやさかい余計「小乗」的な「相伝」にしかならんやん


踊りの下手な黒人かて大勢いるんやで~~


ああ まとまらん


奥歯にたこ焼きはさまっとるわ

[ 2012/10/23 02:27 ] [ 編集 ]

chabo焼きさん。

いや、ほんまにおますのん、chabo焼き。

あ、ごめん。ちょぼ焼きやった。

もぉ、ちゃぼっと、焼きいれたろ思たんやん。

あの教師たちも、子供ん頃は、屋台でちょぼ焼き、買ぉたはず。

そやのに、なんで「日本の文化は貧しい」や!

あ、そーか、彼らはアイスの大人食いに憧れのあった年代かぁ。


マジな話。いっつも真面目なくり乃々ですけど。
>「形」や「所作」みたいなもんは

>「身体的文化」やから「訓練」は必要やし

例えば、姿勢や歩き方。
日本は、着物や正座を捨てて、洋服と椅子に変えたけど、
洋服姿を美しく見せる所作は、導入しなかった。
今、私たちは、着物を美しく見せる動作さえ忘れてしまった。

でも、ダンスはいいんだと思う。
体って、動かせる体を作る所から始めないと、
どんな型にも動かせないもん。
それを学ぶことは、いいことかもしれない。

もぉ、どんなダンスも踊れないよぉT▽T
[ 2012/10/23 23:32 ] [ 編集 ]

こんばんは!

>私の小・中学時代、情操教育とは「日本を否定する」ことのようだった。

この1行で、初めてくり乃々さんの年齢を想像しました(笑)

僕も伝統芸能とは縁の無い生活をしてきたので語るものは何もありませんが、社会人になった頃一度だけ祖父母を連れて歌舞伎座に行ったことがあります。

表現方法や美術的な点で凄く面白い!とは思いましたが、一度観ただけでは全く理解出来ないことも分かりました。特に鑑賞方法みたいなものが。

あとは正直言うと、高級なイメージで、僕とは縁の無いものだとも感じました。だから子供達にも観せてあげたいけど、“無理”です。悲しいかな。

日本人って変なところがあって、自分に身近なものを否定するポーズをとったりしますよね。GAPってロゴの入ったTシャツは平気で着るのに、そんなのないけど、多分ユニクロってロゴの入ったTシャツは着ないですよね。

でも日本人ってやっぱり日本が好きなんだなぁ~って思います。そんな景色知らないはずなのに、なんでこんなに心が落ち着くんだろう?とか、ある年齢を境に、食べ物も、聞く音楽も、何だか知らないけど和風なものに惹かれたり、そういうものを理解したいと思うようになったり。
最近特にそういう不思議体験する僕は、やっぱり年を取ったと言うことなのでしょうか?(笑)
[ 2012/11/18 23:00 ] [ 編集 ]

たびぱぱさん

え?あたしゃ、ゆとり世代ですよ(爆)
でも、正直なところ、起立して君が代を歌うのは、
ごっつい抵抗がある年頃です(笑)
同年代ごろの友人に聞くと、そうでもなかったらしい。
でも追及すると、教材がやっぱり洋物ですもの、美術史なんか。

ん~、高いというイメージがあるのがネックだなぁ。
それとも東京は高いのかもしれないです(笑)
大阪の松竹は3階席(いわゆる大向こう)は、5000円ですから。
文楽だと2500円以内。
三谷幸喜とか新幹線なんかより、安いか同じくらい、
それこそ、オペラに比べたら庶民的(笑)
いっつも、天井桟敷ですんで^^;;

筋立てを追うと、ついていけません(笑)
特に、今の興業のやり方だと、筋はあってないようなもの。
基本、単純なんですよ、庶民の娯楽ですし、
人間の感情なんて、それこそ日本人ならああそうそう、って、
何百年も変わらないのでは…。
でも、孝行ですねぇ、おじいさまとおばあさま、どんなに喜ばれたでしょう^-^
きっと、人生で一番!贅沢で楽しい観劇をされたのだと思います。

ユニクロロゴ、絶対!着たくないですねー(爆)
GAPやベネトンのロゴマークはつけてましたが^0^;
そして、日本の藁ぶき屋根や農村に住んだことも、
親戚の家もないんですが、旅行先でそんな風景に出合うと、
絶対に足をとめ、深呼吸したくなるような、そんな気分になります。
いらかの屋並み、しみじみと美しい、そしてお味噌汁の湯気(笑)
[ 2012/11/19 00:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/228-66bd0a7a


まとめ【古典芸能と日本を、し】

夕暮れは 雲のはたてに物ぞ思ふ あまつそらなる人を恋ふとて橋下現大阪市長が府知事時代に、文楽鑑賞後
[2012/10/25 03:50] URL まっとめBLOG速報







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。