2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Segara Agung Hotel(セガラアグンホテル)お部屋編@サヌール


セガラアグンホテルへ至る緑の小道。車が停まっているのがホテル。
ホテルへ至る緑の小道。車が停まっているのがホテル。右手はレスパティのヴィラになる。
空港のあるデンパサールからバリ北部のロビナまで、約3時間。
行けないことは無いけど、到着が夜9時を過ぎてしまう。

Selamat Datang、ようこそ、SegaraAgungへ。
Slamat datang(ようこそ。)
じゃぁサヌールに泊まろう、んで、行くなら2泊はしたいなぁとなった。
たった2泊だからビーチ沿いじゃなくてもバリ風でなくても、価格優先。
迷ってる内に、AGODAの早割?セールで出ていたガゼボビーチもなくなって、
タムカミもレスパティもなくなって、サリサヌールはリニューアル休業だそうだし、
値頃ホテルがどんどん満室になって、う~ん、タンジュンサリかハイアットでいいけど(笑)
で、情報と言えば「トリップアドバイザー」の口コミくらいしかなかったセガラアグン
HPから予約した。
ハイシーズン価格(+$5)に++21%、締めて$59(レートの関係で、支払い時は$58くらい)。
ハイアット(以前に利用した、良いホテルだ)の横の道(直進したらビーチ)を入って、
右に曲がって、レスパティ・ビラ沿いの突き当たり、小さな敷地の小さなホテルだ。

木彫りの大きなベッド。足元の壁側に、作りつけの大きなクローゼット。
部屋内。ベッドの足元方向に、大きな作りつけクローゼットがある。 
スタンダードはHPで見る限り、シャワー時にトイレがびしょびしょになりそう。
昔は個室バスルームってだけで大満足だったけど、旅行期間は断然、短くなったしね。
バスタブと冷蔵庫がつく中間カテゴリー「スーペリア」(コテージタイプ)は、満室。
だから、スタンダードも満室になったとツレにウソをついて、デラックスにした。
デラックスは2階建てのビルディングタイプで、伝統的バリチックな外観が嬉しい。
門と言い(多分)オーナーの家と言い、このホテルは、今時珍しいコテコテバリなのだ。

全てバリ風のデスクコーナー。TVの下にあるキャビネットに冷蔵庫が入っている。
ベッドの反対側にあるデスクコーナー。鏡、机、TVが入っているキャビネット、全部バリ風。
部屋内は、ファブリックも含めてとてもシンプル、クローゼットも大きい。
ベランダには、ソファー大の木製ベンチとテーブルセットがある。
そんで電気をつけて、気が付いた。明るいじゃないか。
日本じゃ高級になればなるほど薄暗いが、バリのホテルやレストランはどこも暗い。
目の悪い私は、メニューを読むにも懐中電灯が手放せない。
2010年に泊まったラ・タベルナに至っては、昼間でも部屋内では何も読めず、
その暗さに気分も暗く、閉所恐怖症的ヒステリーが出そうなギリギリの滞在日数だった。
(長期滞在、考えられない、絶対!)
でも、白々と明るい蛍光灯の下で、私はセガラアグンの部屋を見回し、考える。
白いベッドカバーに残るシミ、シャワーカーテン、タイル目地のカビ。
シミなんて、ヌサドゥアの高級ホテルのソファにもあって、そんなもんかと思っている。
第一、シャワーカーテンなんて、私が泊まったバリのホテルでは見たことがない。
う~ん。
バスルーム。年季が入ってますが、ゆったりサイズでお湯もガンガン出まっせ。バスルーム。年季はいってるが、広さゆったりお湯もガンガン。
このホテルの設え佇まいとも好きだし、敷地は狭いけど、広さが苦痛な場合もあるし、
何よりベランダで風に吹かれる昼下がり、リゾートを絵に描いた気分だった。
冷蔵庫に入ってるビールも、Rp20000くらいか、何より値段表があって明朗会計。
でも、う~ん。
オシャレな間接照明は暗い!!と怒る私だけど、やっぱ蛍光灯って・・・、チープ?
ツレは印象に残らない、というより、どこかがナニゲにお気に召さなかったらしい。
私は実のところ、部屋に漂い出て来るトイレの消臭剤の匂いがすんげぇ苦痛で、
バリのお香を焚いてみた。

デラックスカテゴリー。この玄関ポーチが心地よいのだ。
デラックスカテゴリー。庭からのアプローチ。
それらを差し引いても、にこやかなスタッフ、静かな敷地、シミカビはあっても清潔。
何よりも、デポジットが不必要という素晴らしさ!!
「良心的」が代名詞のホテルで、私は、好感度高いんですが。

お湯、エアコン共に申し分なし、SegaraAgungHotel(セグラアグン)のHPは、コチラ。
(コテージは、閉所恐怖傾向のある方には向かないような気がする・・・。)
2012年7月、バリ旅行の過去記事一覧は、コチラです。
警備スタッフ。首輪だけ残してどっかに行っちゃうけど(笑)
首輪だけ残して、どっかに行っちゃう警備スタッフ(笑)



[ 2012/11/25 ]   バリ・お宿 | TB(0) | CM(4)

NoTitle

Selamat pagi

いいところじゃないですかぁ~
 僕はいつだって価格優先(笑)

ただ サヌールは なぜか プリサントリアンのクラブルームが多いけど~(爆)

あ~  まったりしたい~~~



[ 2012/11/26 09:16 ] [ 編集 ]

NoTitle

いってみると、いろいろありますねぇ。
旅行ガイドもあてにならないし。
実際に行った方と自分の感覚も違うし。
それが、トリップの醍醐味だったりしますね。
[ 2012/11/26 21:29 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

bali★toshiさん

プリサントリアンの、しかもクラブルームに泊まられる方は、
価格優先、とは言えません(爆)
サントリアン、両方ともいっつも候補に挙げてるんですが、
まだ、泊まったことないんです。

あ~、私もサヌールのビーチサイドでぼへ~~としたいです~(笑)

[ 2012/11/27 13:17 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

その人の「フツー」がどこにあるか、で、評価が分かれますでしょ?
日頃、米国系大型に泊まってる方は、バンガローが苦手、とか
ラグジュアリー系ヴィラに泊まってる方は、
セガラアグンは苦手だろう、とか(笑)
そういうのが一目なんで、ブログって参考になります。
ガイドブックは、私にとっては「読み物」です。
特にロンプラが楽しい(笑)
[ 2012/11/27 13:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/235-93094c5d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。