2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

凧揚げ大会@サヌール

いつの日か。会場を目指す親子鷹。
いつの日か。会場を目指す親子鷹。
高い建物のないバリの空は大きい。
その大きな空に悠然と舞うは、上半身を揺らさずゆったりと歩むバリ人のようだ。
バリの空港を出て宿泊先に向かう途上、いつも私は、空にを捜す。
乾季に吹く強い風は、揚げに向いているのだそうだ。
バリアートフェスティバルも終わった7月半ば。
何せ、南部の滞在日数は短いから、イベントがない方が心平らかだ、と思っていたら、
セガラアグンのドライバー氏が、サヌールのビーチで凧揚げ大会があると教えてくれた。
おお、それは是非に行かねば。

今日は稼ぎ時。担いでいるのは落花生、こんなにたくさん売れるのか? かき入れ時。担いでいるのは落花生、こんなに売れるのか?
フロントでガイド本の地図を示し、会場はどこだと聞く。
シンドゥビーチ辺りだと思い込んでいたら、もっと北、地図にはない辺りを指さす。
「タクシーじゃないと無理」と言うのに、ツレはマクドまでベモで、そこから歩けと言う。
明確に場所を示せなかったら、タクシーにボラレるとの考えだろうと邪推する。
揚げ会場までと言えばいいだけやん(ボラレるにしても)と、私は思っている。
ルートの把握は己の足で、がモットーなのかどうか、体力の消費は過酷なのよ、マジで。
ともあれ、堤防の内側に続く遊歩道はローカルワルン街で、一体いつ客が来るんだろう。
海が見えないのが残念なロケーション。
きっと、週末になれば、たくさんのローカルさん達がビーチに遊びに来るんだろう。
遠くの空に色とりどりが舞い、お揃いのサルンにTシャツで
ユニフォームとしゃれ込んだ人々がぞろぞろと歩いていく。

出番待ちの列? 出番待ちの列?
会場は、駐車場や牛の放牧場(サヌールに牛!)も通り過ぎた海沿いの、
とても広い原っぱで、日頃はただの原っぱなのか、荒涼としているほどだ。
いぶし銀組。手前のリールがたこ糸。 いぶし銀組。
そこに大勢の老いも若きも男も女も(男の方が断然、多い)、出番待ちやら結果待ちやら、
じゃんがじゃんがガムランを奏でるやら、10畳大の凧を掲げてうろうろするやら、
そりゃその凧の大きさとたこ糸のふっといこと!物干し綱くらいはありそうだ。
クール?な軍団。 クール?な軍団。
さて、ケンカ凧ではないが大会なので、やっぱり優劣があるらしい。
それが上がった高さなのか凧の美しさなのか、第一、高さってどうやって測るのよ。
ウミガメ凧。グループではなく、孤独な闘いだった。 ウミガメ凧。趣味的な個人参加。
それでも、櫓の上からスピーカーでの実況中継?は緊迫の度合は増し、
時に悲痛などよめきや勇ましい雄叫びが、参加者の間から沸き起こる。
どこにスリルを感じたら良いのか、ちっとも解らん(爆) 
凧をテント替わりに使う。ってくらい大きい。 凧はテントにもなる、ってくらいに大きい。
空を見上げるよりも、行き交う人々の表情や興奮ぶりを眺めるのが、私の見物スタイルだ。
ルールが解ればもっと楽しめたろうとは思うが、競技にかける男達のジョーネツだけは
ひしひしと伝わって来るってもんだ。
ゴミでもレンズに付いた雨粒でもないよ、揚がった凧だよ。何だかな、でしょ?(笑) デカ凧も空に揚がると、ゴミみたい・・・。
毎日がイベントの旅行者だけど、ローカルさん達のイベントに遭遇すると、
そのお得感はグンと増す。

あっちは賑やかだねぇ。屋台街の姉弟。
あちらは賑やかだねぇ。屋台街の子供達。
2012年7月、バリ旅行の過去記事一覧は、コチラです。
ちょっくら、湯治に行ってきやんす^^;
12月中には、サヌールを出立でっきるっかな!?



[ 2012/12/13 ]   バリ・行道楽 | TB(0) | CM(6)

NoTitle

おお、こういうの、嬉しいですよね。
地元のお祭り。
訳が分からず参加して。
訳が分からず、酒飲んで。。。
そういうの。
しかし、タコって、日本だけじゃないんだ。。。
[ 2012/12/13 22:09 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

いいもの観られました、って感じでした^-^
バリの人は、凧揚げ好きですね~。
男の子は海岸で、よくやってます。
モテ男の条件なんだそうですが・・・・、
それ、男が言ってるだけだし(笑)

何がスリルかわかんない、
それが祭りの楽しさってことで、楽しかった^^;;
[ 2012/12/14 15:30 ] [ 編集 ]

NoTitle

Selamat pagi

いつみてもいいなあ~ この景色
 一番最初にバリに行って 見た大きな凧にはびっくりしましたが。

こんなにインドネシア好きになるとも思ってなかったですけど。


バリに行きたい~
 でも まだ行けない・・。

まぁ 年末は インドネシア人留学生が 我が家で年越しにやって来る~(笑)
モスリムだから 食事が大変かも~

まぁHANAFIみたいにひと月もいないからいいけど(笑)
[ 2012/12/15 09:12 ] [ 編集 ]

NoTitle

こんにちは!

サヌールのビーチって大会じゃなくても凧が多いけど・・・大会ともなると気合いが違う?
すっごいね~!
こんな大掛かりな大会なんだね!
そういえば、葬式も村中総出で凧上げてたけど
独特の死生観かしら?
[ 2012/12/15 13:44 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

bali★toshiさん

Selamat siang

昔は、サヌールの海辺で、きれいな色の凧を売り歩いていました。
最近、見かけませんね。
でも、凧揚げを楽しむ人たちは相変わらず、多いですね^-^

ムスリムさんのお客さん、何をお料理したらいいのか、分からない!!
まだ、ヒンドゥのお客様の方が、楽そうだ・・・。
でも、日本で生活されてる方だから、食べる物は大丈夫なんでしょうか・・・。
賑やかなお正月になりそうですね!!
[ 2012/12/19 14:55 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

気ままなアンさん

ビーチは多いですね~、凧揚げ。
村中総出で、気合いは、もう全然!!違います!!
確かに大だこで、気合いも迫力も違うんですが、
空に舞う凧はやっぱり、のぉんびりしてるように見えます・・・。

へ~・・・、お葬式にも凧揚げするんだ~~。
ダンスやガムランと同じように、儀式の意味合いがあるんでしょうか。
魂が凧に乗って上がっていく、とか、ね^-^
[ 2012/12/19 15:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/239-356aa588









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。