2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手打ち蕎麦 季節料理「きらんくや」

年間降雨量が10000mlを越す屋久島
木々に守られた土壌で浄化されたその大量の水は、超軟水として名水の誉れ高い。
と、なりゃ酒が美味いはず。
残念ながら稲作に適さず、銘酒は産まれなかったが、名焼酎には恵まれた。
そっちの話じゃない、名水だけが作ることのできる絶品蕎麦の話。
屋久島にだってもちろん、名峰・愛子岳の湧水を使った別嬪蕎麦屋「きらんくや」がある。

ヤクスギランドを機嫌よく下りてきて、さぁ、お昼ご飯だー。
安房の港付近のバイパスに乗らないで、「民宿まんまる」の看板を目印に曲がって、
えっと……….、あ、小さな看板発見。(この説明を、鵜呑みにされませんよう)
まるでオリエンテーリングである。
ごく普通のお宅の駐車場に迷い込んだりしながら、小さな手書き看板に導かれ、
砂利道に揺られながら着いた先は、やっぱり普通にお宅やん。
外観
きらんくや」と大書された屋久杉の立派な看板がなかったら、住宅地の一軒。
ご近所様も新築ばかりで、開発ほやほやの宅地なのかもしれない、半分原野だし。

開店早々に乗り込んだ店内は、屋久杉の香りも清々しそうな和風モダンだ。
古い豪勢な欄間も、お洒落に取り入れている。
インテリアに見合って、器や盛り付けもいかにも手打ち蕎麦屋風。
確か大盛り....。 これは、大盛り。

一口啜れば、蕎麦好きが嵩じて蕎麦打ちになったご主人の腕に、思わずうなっちゃう。
都の水を産湯につかってというけれど、島の名水で打って洗った蕎麦は、垢抜けている。
細く切られて、喉ごしは洗練され、辛口出汁が、繊細な甘味を引き立てる。
大阪暮らしも長いけれど、蕎麦出汁だけは、東京仕込みに限るって。
噛み締めて、旨味を楽しむ。そば湯も甘味が浸みてるぞ。

弥次が取った「蕎麦御膳」?は、地場産卵の卵焼き、蕎麦豆腐、蕎麦ご飯?付きで1000円。
これまた、滋味と美味のオンパレード。
鹿児島産の新蕎麦の頃はどんなに美味かろう、なんて女将さんとしゃべっている間に、
観光客やらお昼休みの事務員さんやらで、混み合ってきた。
天ぷらの揚がる小気味いい音が、聞こえてくる。
ご近所に住む常連さんは、突き出しの蕎麦のかりんとに、先ずはビールだ。
屋久島の森もいいけれど、ここは一つ、島焼酎のお湯割り片手に、
きらんくや」で島の恵みに埋没するっての、いいよねぇ。





蕎麦豆腐

空気&水のきれいなところで食べるおそばはおいしいんだろうな!!蕎麦豆腐ってどんな味だった?
食文化って本当に環境が影響してるんだよね!海外でもそうだけど、日本でもそうなんだなぁって読んでてつくづく思ったわ^^

ちょいと姉さん!大盛りってどういうこと?!ダイエットどうしたん 笑
[ 2009/07/08 11:07 ] [ 編集 ]

屋久島は過去の上陸で、ここともう一軒、蕎麦屋に立ち寄りました。
蕎麦が美味しかったという印象は、この店の方だったかな。
どこへ行くんだろうという道を通って辿りついたのが印象的です。
今でもココ、あるんだろうか(笑)
[ 2009/07/08 21:08 ] [ 編集 ]

屋久島でそば???
意外ですね。
でも、水もおいしそうですし...
[ 2009/07/08 22:31 ] [ 編集 ]

Re: 蕎麦豆腐

みこちゃん

蕎麦豆腐の味、正直、憶えてない(爆)
だって、一年前だもん^0^
胡麻豆腐の胡麻の代わりに、そば粉が入ってるの。
香ばしくって、美味しい^-^ ああいうの好きだ。

食べ物って、環境直結よね。水・土壌・飼料。
肥料や手間だけでは、どうしても作れない味って、あると思う。
水で美味しくできる、本当は、日本が誇れる最高の味だったはずなのに。

あ、この頃、ダイエットしてなかったの
でも、今も私、そばは大盛りよ(笑)
[ 2009/07/09 12:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

されこーさん

もしかして、松竹でしょ、傾向から行くと(笑)
松竹、行きました。佇まいがいいと、褒めます(笑)
また一軒、名水手打ち蕎麦屋が、できたらしいんですけど、
やっぱりどこか解らないんですよ(笑)
挑戦だー!
[ 2009/07/09 12:31 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

HANG ZEROさん

鹿児島県は、名蕎麦の産地なんですって。
北海道より出荷が、多いそうですよ。
水が良いから、焼酎もうまかった(笑)
きっと、お気に召します。
[ 2009/07/09 12:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/24-9e2215a8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。