2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年初春文楽興業

やっぱ蛇と言えば、大神神社。宮司・鈴木寛治氏揮毫の「巳」睨み鯛に挟まれた「巳年」何というか…、大らかな書である(笑)
2013年初春文楽に初心者を連れて行くことになった、我が母である。
私の母だけあってエンターテインメントは大好き、だが古典モノには手が伸びない。
それが行きたいと言い出したのは、「仏価を得ず」(三浦しをん氏)を読んだせい、
私の母だけあってミーハーが身上なんである。
小説自体は、凡庸なエピソードを漫画チックに盛りつけた風なのが
着眼点と題材がいいだけに、もったいないと毎度思うのだけど、
回覧した先々で文楽に行きたいと、皆が言い出すので、
サスガは文楽ラブな作家さん、読ませ上手の本領発揮だ。


くいだおれ太郎の文楽人形。
クリスマス、初詣 117
さて、ご案内させて頂きましたる演目は、住太夫のご本復後初舞台、ではなくて、
本朝廿四考/十種香の段、奥庭狐火の段」の方、赤姫(姫の「王道」の総称)が華やかだし、
白狐がぴょいぴょい飛び跳ね、動きのある舞台は初心者にも飽きないはずだ。
住太夫に簑作は知らずとも、人形遣い・桐竹勘十郎が三林京子の弟で、てなことは
母も知っていて、どうせなら知っている人のお舞台の方がいいだろう、と選んだ次第。
錦秋(文楽)、顔見世(歌舞伎)と続いて、初春(歌舞伎)も控えている私としては、
初心者と一緒であっても、最後部の二等席。
人形の動きが見づらいせいか、それとも小説の影響(主人公は太夫の卵)か、
母は、義太夫節と三味線に、いたく感銘を受けていた。
私もそうだったんだよね、人形遣いのあの呼吸、あの動きの妙もさりながら、
調子を束ねる三味線にのって、義太夫節が絡みつく。
劇場空間はうねりに満ちて、観客は翻弄されるばかりだ。
アレがどうして退屈なのか、ハシモト君は相当、音楽的センスに欠けている(笑)
しかも自分の金でもないくせに、札束で頬を叩く言動ってどうなん。
おまけに「普通科入試」が「素晴らしい決定」って…、どうしたかったん!?
他 「団子売り」「ひらがな盛衰記/松右衛門内の段、逆櫓の段」
逆櫓で、私は初めて人形の「豪快さ」が解ったような気がする。

文楽初春興業に着た取合わせ。初春なんで白い帯でいっか~。
初春なので、白い帯でもいいか。
さて、成人式
今年はドラマがなかったせいか「花魁風」、てなアキレタ娘ッコはいなかった。
ヤレヤレではあるが、年々、着物がコスプレ化している実感は増す。
それでも、着物を海外の人に着せて上げたいってなお嬢さんもいたし、
自家薬籠中の着物姿となるべく、奮闘する(悪戦苦闘中の)お嬢さんもいて、
微笑ましくも頼もしくもあって、女子力アップを目論む乙女心は捨てたモンじゃない。
貢献すべくオバチャンとしては、もうちっと手を上げねばならんのだがなぁ。
息切れしたのか、自己嫌悪の度合が激しいのか、成人式着付けはしたくない、
と、凹んでいる平成二十五年成人式後、なんである。

どんな帯結びを載せたっけ、と過去記事を見たら、同じグチを言ってるよ、私。
今年は(も)帯結びの稽古が進まず、ロクな写真が無い…。
んで、初詣時の着物。出しっぱなしなんで同じ(笑) 羽織が派手なので帯上げだけグレーに。
初詣は派手な羽織を着たので、帯上げがグレー。
国立文楽劇場のHPは、コチラ。4月は心中モノかぁ…。
国姓爺合戦をまた観たいなぁ。
文楽だと荒唐無稽さが増して、一層、楽しいのに。




[ 2013/01/23 ] 和事礼賛 | TB(0) | CM(6)

お母様、初めて?
意外。。。
我が家も、絶対に行かない人、いますけど。
[ 2013/01/28 20:58 ] [ 編集 ]

おはようございます!

ぎゃー!
すんません。あけおめコメント見たら、“くり乃々”って呼び捨てになっちゃってる...(汗)
正月早々すいませんでした!

成人式お疲れ様でした。
古典芸能に着物。いいですね〜。
残念ながら僕はどちらにも縁のない人生だったので、憧れはもの凄くあるんですけど。

以前教えて頂いたり、文楽劇場のリンクに飛んでみたりして調べると、一番安い席ならば映画観るぐらいの金額で行けるんですね。知りませんでした。
是非機会を作って触れてみたい世界です。

着物、コスプレと言われたら、僕は断然、鬼平犯科帳の密偵をやってみたいと思ってるんです。“小房の粂八”みたいな、通り名に憧れるんですよね〜(笑)
[ 2013/01/30 08:32 ] [ 編集 ]

おはようございます。


文楽  観たこともございません。
 あ~教養がないってのがばればれ~~(^_^;)


[ 2013/01/30 08:34 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

ウチの母は、ミュージカルやらハイカラなもんは好きなんですが。
HANG ZERO家で絶対に行かない人、父ちゃんでしょ?(笑)
ヒメちゃんはお気に召しそう^-^
[ 2013/01/31 22:46 ] [ 編集 ]

旅ガラスのたびぱぱさん。

たびぱぱさん

お仕事で日本全国を飛び回っておられるのですから、
「旅ガラス」は失礼ですよね^^;;
二つ名で呼ばれてみたくなるのは、なんででしょーねー。
でも、私は「おまさ」より奥方の方が、いや、大店のお嬢様!!
仲間内で、振袖秘密クラブ(個人宅でお互いに着せあいっこする。)を
計画中です(爆)
外に出る勇気は、ないわ~~。

リンクまでとんで頂いて、有難うございます!!
わりっと、しょーもない話が多い^^;; のですが、
やっぱり、「芸」って、求心力があるなぁって思います。
Eテレで放映してますが、劇場まで行かないけど、観てると面白い、
と仰る方々もいたので、一度、ご覧になってみてください^-^

おお、たびぱぱ、これからお堅いのはナシにしようや^0^

[ 2013/01/31 23:07 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

bali★toshiさん

教養が無いなんて、何をおっしゃいます!
bali★toshiさんみたいに、好奇心たっぷり、
色んな事、ご存じなのに!!

それに、1億人の内、観たことない人99.8%だと思います、はい(笑)
[ 2013/01/31 23:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/247-55dd1742









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。