2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイバイロビナ、その前にトランスポート見付けな。

バリパラダイスホテル前の田んぼ。椰子の木の向こうは、海だ。
バリパラダイスホテル前の田んぼ。椰子の木の向こうは、海だ。
ロビナ~バニュウェダン(ミンピリゾート)間移動は、アルナブアナには頼まなかった。
デンパサールに会社のあるアルナブアナから、北部~北西部の移動を依頼すると、
ドライバーが気の毒という親切心に、高くつくんじゃないかというケチ根性がプラス。
それと、ロビナのダイビングショップは、ムンジャンガンツアーが多い、
故に、トランスポートも簡単に(安価で)見つかるだろうとの目算もあったから。
バリパラダイスホテルに頼むと$40。これが目安、でも、この半値にならないか。
バリもガソリンは高いし、物価は急上昇、$20はキビシイよな、とは考える。

ホテルからベモ道まで500mくらい。その小道にこういうお店が4軒ばかしもある。
ホテルからベモ道まで、500mくらいの小道にこういうワルンが4軒ばかしある。
ロビナの繁華じゃない繁華街を歩きながら、看板に書かれたツアー料金を確かめる。
漫然と散歩しているようで「私」は、「常に情報の収集」を怠らないのだ。
ランドリーとか両替とか、レストランのビールの値段とか(笑)
旅行だか生活してんだか、みみっちいたら。そのくせ値段はすぐ忘れて、ドンブリだし。
んで、決めるキッカケだって、料金明記とか、店員が出て来ちゃったとか、
机1個の小さなダイビングショップで、目があったから値段を聞いてみた、そんな程度。
その目があった男性に、いくら?と聞いたら、いくらなら出す?と逆に聞かれて、
トランスポートは滅多にない仕事なのかと不安になる。

美しき体幹。市場帰りのイブ。
市場帰りのイブ。この美しき体幹。
ケチいくせに、思いっきり値切ることも出来ない私は、おずおずとRp25万と言ってみた。
小柄でガッチリ体型、いかにもスポーツ系の彼も、ちょっと困った顔でRp35万と言う。
間でアッサリRp30万、チップもガソリン代も全部込みだよ、と念押しして、
ツレの了承を得ようと保留にする。
(手配がカブるとか、ツレが相場に詳しいとかでは全くない。責任を分かち合うため 笑)

ようこそロビナへ。木が門柱。
ようこそ、ロビナへ。木が門柱。
歩き出して程なく、後からバイクに乗った男性から声をかけられた。
いつの間に聞いていたのやら、「バニュウェダンに行くんだろう、いくら出す?」
「Rp20万。」日影のない炎天下、暑くて、値段交渉なんかする気もないから言い捨てる。
話にならないと首を振る彼に、どうでもいいしと歩き出すと、$なら20でいいと言う。
だから現金で今、くれ、と。はぁ~!?$は今、持ってないし到着したら払うよ。
居所も定かでない男に、ぽんっと払える2000円、持ち合わせてるはず、ないだろ。

ロビナの小学校にて。新月のお祭の日。
ロビナの小学校にて。新月のお祭の日。
ロビナの小学校の前で、子供の送迎に来ていたショップの男性と出会った。
値段と日時の再確認をして、握手で成立、彼にとっても良い商売であればいい。
当日、「自分は店での仕事があるから、彼が運転する」と、案内してきたのは
入れ墨バリバリのいかにもチャラい大男。一瞬、大いにビビる(笑)
見知らぬ人(ホテルスタッフや紹介ではない人)に直接交渉して、送迎してもらうのは
実は初めてなのだ。

子供は面白いことを見つけ出す。学校の帰り道、バナナの葉でソリ遊び。
子供は面白い遊びを考えつく。バナナの葉っぱをソリにしている。
だが、サムと呼んでね(何で?)、という大男は、実に陽気で愉快なヤツで
アルナブアナのガイド氏に苛ついていた私は、バリの観光従事者を大いに見なおしたのだ。
シツコイ物売りや物乞いがいる、排気ガス臭いし。ロビナはイヤだと言い続けていた私。
最終日、サヌールやウブドのように無茶な料金を言う人はいなかった、と気付く。
ベモの運転手や、ダイビングショップの男性や、ルンバルンバツアーの船頭さんや、
騙すんでは、と危ぶむ私の卑しさに気付く風もなく、彼らは明朗で正直だった。
無事、ミンピリゾートまで送ってくれたサムに、気を付けて帰ってねと声をかけると、
身を乗り出して、機嫌良く手を振り返してくれた。
チップ込みの料金で交渉したのに、思いの外、快適だったロビナ滞在へのお礼分、
やっぱりチップを渡したせいかもしれない(笑)

逢魔が時。海の底では雲が揺らめき、夕陽を宝箱に納める。
逢魔が時。海の底では雲は揺らめき、夕陽を宝箱に納める。
次はミンピリゾートだーっ!またぁ・・・・・・、と仰らずに、
バリ旅行記過去記事一覧は、コチラです。

ああ・・・、海が恋しい・・・。ちょっくら近所の海で、ぱしゃぱしゃしてきます。
仕上げは温泉^0^
国内旅行記、書けるかなぁ~~~~。( ̄∇ ̄;)



[ 2013/08/01 ]   バリ・行道楽 | TB(0) | CM(8)

しらふやでぇぇぇ

だますも

だまされるも

しょせんどんぶりん中


宝箱開ける鍵無くさんよう掛ける保険みたいなもん

(違うだろうと囁くもうひとりのオラ)


あかん なんか あたま ぼう っと してて よぅわからん
[ 2013/08/01 18:06 ] [ 編集 ]

chaboんと海へ浸かってくらぁ。

小せぇお声で、優しくブルース。
膝には、いつもギターともふもふ3匹、

と、思いきやなんだぃなんだぃ、
陽気なサムboかぃ、

アタシはちょいと、酒の海に浸かる夢でも見るわな。
アンタはアレだろ、塩の通い路、雪の音しかしない夜でも
夢見るんだろ。

ぼう っとしたあたまもまた、良い夢みるさ
[ 2013/08/02 00:11 ] [ 編集 ]

こんにちは~@休憩中です(笑)

シンガラジャとか 結構田舎道でも ベモ走りまくってますよね~
 びっくりしたことがあります。。 たまに 団子になってくることも(笑)
[ 2013/08/02 14:11 ] [ 編集 ]

ま、テキトーな。。。
納得できたところで。。。ですよね。
しかし、バナナのそり遊びは楽しそう。
[ 2013/08/02 23:51 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

ベモがなかったら、困ります~。
ロビナでも、タクシーなんかないですもんね。
ああ、ウブドもないんだったー。
ベモがなかったら、ウチら、どこにも行けなくなります。
100円で済む道のりが、ホテルの車なら1000円!!(笑)
[ 2013/08/05 13:14 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

土産物屋のばあちゃんに、200円相当の品を、
ガンとしてまからん!と言われ、500円で買うハメに・・・(笑)

まぁ、買い物は、納得して、のハナシなんでしょうがないですT▽T

バナナの葉ソリ、いーでしょう^-^
ボン君なら、立ったまま乗っかってますね(笑)
[ 2013/08/05 13:16 ] [ 編集 ]

こんにちは!

ううう~ん、ローカル色いっぱいでいいなぁ~
盗難じゃない、東南アジアは日本人って分かると思いっきりフッカケてくるよね?無視して「じゃぁ~いらない!」と言うと、追いかけてきて安くなる!
どこも一緒ですね~
[ 2013/08/05 15:01 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

手垢がついたイメージ(笑)のバリも、なかなか新鮮でしょう?
観光地はショーがないですね、と、割り切るからアカンのか。
日本の温泉でも、土地の人価格があるんで、そんなモンかなぁ、
と、割り切らないと、ハラが立つ!
時々、日本語で「正直に商売しぃや!」と、文句たれます(笑)
今度、「正直者に神宿る」をインドネシア語で憶えてみよう^0^;;
[ 2013/08/05 18:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/270-132b7251









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。