2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Warung Nengah(ワルンヌンガー)@Pemuteranプムトゥラン

ディズニー映画に出て来そうなモスク。プムトゥラン(Pemuteran)にて。
ファンタスティックなモスク@プムトゥラン
そんなワケで、ご飯に困ってしまうのには、やっぱり変わりはない。
一々、ホテルの車で隣のホテルに行って、食事の間、待ってもらうのはイヤだ。
夜はベモもないし、第一、街灯もないってか、原野の一本道を、
ベモ道から10分以上も歩くのはイヤだ、いくら私でも。
人が恐いんじゃない。野獣や悪霊が出そうなんだもん(笑) 夜の犬は、マジで恐い。
去年、ツレが幾度も訪れたベモ道の角っこワルンは、よく分からない店になった。
ミンピの前の小さなワルンは、卵と野菜を入れてインスタント麺を作ってくれる、
そんな店が1軒増えて、ミーゴレンやナシゴレンくらいなら作ってくれそうだ。
ランチだからそんなでいいんだけど、金を払ってインスタントもなー(笑)

手前の黒板がある方が入ったNengah、奥の看板がある方が本家Nengah
手前の黒板がある方が食べたNengah、奥が本家Nengah
んで、ベモで、ん~~~、25分くらい?のプムトゥランに行ってみることにした。
美しい珊瑚礁目当てのダイバー達で、街はバニュウェダンより賑わっている。
初めてミンピに行った時から、何というリゾート地だろう?と不思議だったのだ。
ワルンマサカン(食堂)だけでなく、年々、観光客向けレストランも増えていくようだし。
と言っても、楽しいショッピング、にはまだまだ、全く至らない。

道路に面して、まず家寺。ニワトリ親子がお散歩中。
道路に面して、まず家寺がある。
イブオカのバビグリンを食べて以来、ツレは「バビグリン」という文字に異常反応を示す。
それで、ベモを降りてすぐに「バビグリン」を見つけ、そこに決まった。
Warung Nengah(ワルンヌンガーネンガー?)、まだ新しいオープンエアの「レストラン」だ。
「ハロー、ハロー」「スラマッシア~ン」声を張り上げても、誰も出てこない。
お掃除したてのお手洗いを拝借しても、誰も出てこない。
違う店に行く? いや、お手洗い、無断で借りてもたし^^;;
やっと、隣のワルンの調理場から年配の女性が顔を出し、「ちょっと待ってね~」。
程なくやってきた若い女性に、ツレが勇んで「バビグリン!」と告げると、
彼女は「ネネ~(おばあちゃん)」と言いながら、隣のワルンの調理場に戻っていった。
ここは嫁か娘が始めた観光客向けレストランで、隣の地元客向けワルンが本家本元のよう。
ばあちゃん手練れのバビグリンが食べられるんでは!ツレは大満足である。
私は、ミンピのレストランに無さそうなモノを食べるつもりが、豚肉の黒酢炒め。
ブラックペッパーを効かせた、黒酢炒めです。
ヒヨコやへたばった仔猫がうろつく裏手から運ばれて来たそれらは、実におしゃれ。
ヨメ?娘?の仕事は、おしゃれな店舗に相応しく盛りつけることらしい。
豚肉の黒酢炒めは無難だったが、バビグリンは地元客仕様で、たいそう美味かったらしい。
横からつまんだ唐辛子炒めが美味しかった。
お幾らだったか??私のは350円くらい、バビグリンは500円くらいかな?
きっと、隣のワルンで食べたら、RP10000は安かったはずだ(笑)
そこで充分だったんだけど、何の料理があるか解らなかったんだよなぁ。
(観光客向けには、店表にメニューが置いてあったり、黒板に書かれたりしている。)

モスク前のワルンにて。にこにこにこにこ。
モスクの前のワルンにて。にこにこにこにこ。
佳境に入りつつあるバリ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
[ 2013/08/25 ]   バリ・味道楽 | TB(0) | CM(4)

これが、おしゃれな盛りつけなわけで。。。
(ーー;)
っていうか、観光客向けなのに。。。
バリって、田舎に行くと、こうなんだ。。。
波乗りトリップの時は、ガイドがついてくれるから。。。
まったく、田舎事情がわからないです。
[ 2013/08/25 23:54 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

オシャレじゃないですかーっ!ガラスのお皿ですよーっ!!
( ̄∇ ̄;)

ほんまにのどかですよ、バリは人口密度が高いですけどね。
そうやって、私はどんどん田舎にずれていきます。
車にさえ気を付けていれば(車が通らない道も多いですし)、
お子たちも、のんびり冒険が出来ますよ^-^


[ 2013/08/26 16:59 ] [ 編集 ]

こんにちは!

それにしてもくり乃々さんのバリ日記はディープだねぇ~
目の付け所がシャープ・・・古い?

確かにこのガラスの大皿に余白?を残しての盛り付けはオシャレです♪

[ 2013/08/26 20:29 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

ディープっていうか、ただただ、散歩しているだけの成果です(笑)
どこかにロングステイしてても、田舎に行って、
ビンボーくさ~いことしてるんでしょうねー。

書いてて、自分が可哀相になりました(笑)
[ 2013/08/27 14:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/276-988bdc78









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。