2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Reef Seen(リーフシーン)のウミガメ保護@プムトゥラン

海から見たリーフシーン。カフェ兼ダイビング受付兼お土産物屋。
海から見たリーフシーン。カフェ兼お土産物屋。
わざわざプムトゥランまで行ったのは、ハラを満たすためだけではない。
タートルプロジェクト(TurtleHatchery/カメの孵化場)」に行きたかったからだ。
リーフシーン(ReefSeen)というダイビングショップが行うウミガメ保護
本当は、その先にある真珠の養殖場にも行きたいと思っているが、
売りこみが恐くて、未訪。
(店があるかどうかは、不明。ただ、経験上、そうなのではないかと邪推している。)

ウミガメ保護所の入り口と孵化場。
ウミガメ保護所の入り口と卵の保護スペース。
ベモ道に「TurtleHatchery」の看板があったハズなんだけど、と、きょろきょろする。
ロビナから来る途中でも探したんだけど、撤去したのかやっぱり見つからなかった。
ベモを停めて運転手に、ミンピで書いてもらったメモを見せると、説明してくれる、
が、言葉が解らない…。
近くまで乗せてと言うと、え?という顔をする。はず、本当にすぐ近くだった。
小道を指して、真っ直ぐ行って海の近くにあるから。と丁寧に教えてくれた。
道案内分も含めて1人Rp2000払うと、とても喜んでくれた、そんくらい短い距離(笑)

触りたいよ~~~!!
触らせてくれよ~~~っ(笑)
昼下がりのカンカン照る道は、小さなホテルやホテルのカフェが点在する。
5分も歩いたか、海の匂いが一際濃くなった時、警備員がいるゲートに到着した。
コテージが数軒、海際にレストラン兼ダイビングショップのバレ、
その間に小さな小さな、ウミガメの保護プールがある。
スタッフが活動の趣旨と活動内容について、こちらの英語能力を危ぶみながら
説明してくれたが、私は、小さなプールで蠢く子ガメ達に夢中で、耳に入ってこない!
いや、彼が心配した通り、理解する能力がないだけなんですが…。

迷子やケガの子も預かります。プロジェクトを表現した壁画に囲まれています。
お兄ちゃんお姉ちゃんたちもいます。
敷地内には、村人から購入した孵化場、そして、孵化したシーズンごとに分けられたプール。
迷子やケガした子を保護したプール。
ロンプラに載っていた、海に帰しても戻ってくるというウミガメ君は死んでしまって、
剥製になっていた。          ガラスに入ったブーマー君。
ブーマー君の剥製。保護所はこういう壁画に囲まれている。
生を全うできないと解ってて、彼は旅立たなかったのかもしれない。
古い「歩き方」に、Tシャツ購入か寄付をすれば、子ガメをリリースできる、
と書いてあった(と思う)が、Tシャツを買っても、誰もそんなことは言ってくれなかった。
帰宅してHPを読むと、寄付すれば、だそうだ。無念。
リリースの機会があるなら、三重県紀宝町のウミガメ公園で聞いた通りを、
演説する気満々だった。(英文までこさえていたw)
「昼間に、たった1匹をリリースするのは、天敵に餌を与えるのと同義。
自然に倣って、夜更けに一斉に放流しないと生存率が下がってしまう。」
環境保護先進国、鯨ラブな豪州人オーナーとは思えない虐待行為だ。
寄付すれば良かった、子ガメ触りたかったのに(笑)
入場料、おぼえてないっす・・・。(営利目的ではないので、気前よぉ払ったって下さい。)
リーフシーン最強の生き物(笑) リーフシーン最強のイキモノ(笑)
ReefSeenリーフシーンHPは、コチラ。
The Turtle Projectのページは、コチラです。
佳境に入りつつあるバリ旅行記、過去記事一覧は、コチラです。
[ 2013/08/29 ]   バリ・行道楽 | TB(0) | CM(8)

こんなところあるのですね。
ウミガメ、四国に行くと、よくウミガメ博物館にいきますよ。
日和佐の。
時間つぶしにちょうどいい。
[ 2013/08/30 00:04 ] [ 編集 ]

こんにちは~@休憩中です(笑)

ウミガメさん
 やっぱ海の中で見ると最高だよ~~
 なかなか竜宮城へは連れてってもらえないけど・・。

あっ パダンバイには 竜宮城ポイントがあった~
[ 2013/08/30 10:53 ] [ 編集 ]

かめかぁ


かめねぇ


竜宮城まで



Rp5,000,000,000で



どうや?
[ 2013/08/31 09:06 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

コチラの方が、スランガン島(サヌール近くの亀島)よりも
ずんとマトモでした(笑)
個人でやっている小さな施設ですけどね。
日和佐のは、まだ行ったことがないんです。
去年かな、全然、産卵に来なかったとか…。
[ 2013/09/01 17:12 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

こんにちは~。雨が降ったりやんだりの大阪です。

海の中で見るウミガメ!憧れです!!
ムンジャンガンのシュノーケリングでも
遭遇することもあるとか。

助けてあげないと、連れて行ってもらえませんよ。
誰かに頼んで、イジメてもらっておくとか(笑)
パダンバイの海って明るいイメージ^-^
[ 2013/09/01 17:16 ] [ 編集 ]

caメboさん

ああ、失礼、Hが抜けてしまったわ。

そんなあなたに今日から、

「chaボッタクリタクシー」って名付けてあげる。

ほんまに竜宮、酒宴の広間やろな~。

裏口やってみぃ、わかっとるやろな~。


東南アジア海域においては、
今でも「ウミガメスープ」がご馳走のようです^-^
[ 2013/09/01 17:21 ] [ 編集 ]

子ウミガメ可愛いですね~(*^_^*)
私も触りたい!!

1匹リリースは危険なんですね!
あまりそういう事今まで考えてなかったです。
確かに生存率UPのために集団行動するんですよね、
弱い生き物は。。。

海には潜れない(泳げない)ので水族館で我慢^^;

アントワネット展楽しまれたようで良かったです♪
[ 2013/09/03 17:19 ] [ 編集 ]

*yoshimin* さん

もう、触りたくて触りたくて、ムズムズしてました。
口から手が出て来て、ひょいっと掴むんじゃないかってくらい(笑)

放流イベントで、真っ昼間にしているのがあるんですが、
アレも、虐待行為に等しいようです・・・。
夜中に海に帰って行くのは、天敵に見つからないための
自衛本能なんですって。
だから、一匹で、昼間に放流するなんて、
食べられろと言ってるのと同義・・・T^T
と、演説するつもりでした(笑)

私も、潜れないのぉ^-^
でも、海で泳ぐウミガメに遭遇するのが憧れです。

本当にありがとうございましたm(__)m
秋は目白押しで、*yoshimin* さんは大忙しになりますね!
[ 2013/09/04 10:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/277-b4f0c15f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。