2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バニュウェダンの温泉/ミンピリゾート・ロケーション編③

この世の果てにそびえる山に湧く秘湯、ナンテね。でも、この道の果てにはある。
ベモ道から、まっすぐまっすぐ、一直線に行けば村の温泉場がある。彼方の山へは、海を渡らなくては行けない。
村の温泉場には村人用だったのか、観光客も入っていたのか、
入り江沿いに、バスタブの跡だったろう瓦礫が残っている。
その土台部分?に温泉の井戸があり、村人達が洗濯したり汲んで帰ったりしている。
持って帰って何に使うの?と聞いたら、煮炊きにも使うと言っていた。
乾季ともなれば枯れ果てるバリ西部においては恵みの水、必要な生活用水なのだろう。
その温泉井戸から入り江へと、こぼれ落ちる個所で、男達がよくマンディをしている。
初めて来た時には女性達もいたが、今はもっぱら男性しかみかけない。
と言っても、マジマジとは見ていないのでよく解らない。

ミンピのスパ室から見た村の温泉場。こうしてみると、こんもり緑の中に潜んでいる。
ミンピのスパ室から見た村の温泉場。
村人用にはRP3000(多分)で入れる、シャワー室みたいな小屋がある。
なぜ村人用かと言えば、離れた場所に、観光客用温泉小屋があるからだ。
1人Rp30000だったか25000だったか憶えてはないけれど、
ずいぶん高いと思った観光客用の温泉に、入ることにした。
ら、小屋に鍵が!でも、村人がすぐに管理人を連れてきてくれた。テリマカシバニャッ!
温泉を溜めるまでしばらく待ってと言われ、村の温泉場でまた遊ぶ。
夕暮れ時だしほどほどで顔を出すと、まだ溜まってないけど浸かることは出来るよ、
とのこと。え?どんだけチョロチョロしか出ないんだ?と、粗末な木の扉を開けると、
154cmの私が立って、目線にフチが来る。ジェット噴射のように湯が注がれる。
浴槽、でっけー!!( ̄□ ̄;) 満杯なら154cmの私は、溺れてしまう。
時間がかかるし値段も高いはずだよ、6世紀末頃の横穴式石室くらいはあるんじゃね?
それはともあれ、塀に囲まれた露天は、脱衣所も荷物を置く場所もない。(トイレはあった。)
しかも、中からは鍵がかけられないじゃないか。
と、扉を開けると、子供を連れた管理人がチンマリしゃがみ込んでいる。
自分がここに座って見張ってるからダイジョーブ、ごゆっくり~♪ だそうな・・・。
服は、タオルを入れたビニールバックに突っ込んで枝に吊し、とりあえず、一っ風呂。
って、ホントに大きくて、地下墳墓に入った気分になる。
しかも、注がれる温泉の凄まじいこと、硫黄の匂いがプンプンするぜ。
これは、日本式にゆったり浸かる温泉ではなくて、ダイバー達が体を温めるための
温泉プールとでも考えた方が良さそうだ、プールにしたら小さいけどね。

ここで番をしてくれていたが、娘ちゃんは始終、機嫌が悪そうだったT▽T娘ちゃんは、始終、不機嫌そうだったT▽T(カメラ目線だけど) 
管理人の話によると、フランス人の友達?に頼まれて、管理しているらしい。
村の温泉に汲み上げポンプがあるから、ミンピとここに配湯しているのだと思う。
(て、ことは、ノーヴァスガワナは違う源泉なんだろうか。配湯ポンプは見たことないし。)
湯口の人形がミンピと同じ造りだったから、てっきりミンピ資本と思っていた。
コレ。ツレによると、名は「ケメ」ちゃんという。温泉を吐き出すよい子らしい。 ミンピのビラにあった湯口。温泉をはき続けるよい子のケメちゃん。
もしかしたら、地場産業支援グループが行っているボランティア活動の一環なのかも?
管理人にゆっくりゆっくりって言ってるのに、やわやわと小声の英語混じりの
インドネシア語は加速していって、私には、到底ついていけないスピードで、
とてもじゃないが聞き取れず、本当のところは全くの不明である。

場所はミンピを出て右、すぐの突き当たりを右、ミンピの敷地が終わった辺りにあります。
徒歩3分~5分くらい。いつも人がいるのが村の温泉場で、そのちょっとだけ奥にあります。
村の温泉場で「ホットスプリング」「アイルパナス」とか言ってると、
誰かが管理人を連れてきてくれます、多分。
村の温泉場の前でニコニコ挨拶してたら誰彼、声をかけてくれるし、これは絶対。

トド どんだけデカイか、トドを放ってみた。よぉワカランなぁ・・・。(写真が縦にならん)
ミンピリゾートムンジャンガンのHPは、コチラです。 
終わるかと思ったけど終わらないバリ旅行記の過去記事一覧は、コチラです。



バリのローカルの温泉??
って、なんか、凄そう・・・
っていうか。。。
これは、温泉なんですかね?
温水プール???
[ 2013/10/17 22:07 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

温水プールみたいでしょう?
多分、ムンジャンガンでダイビングする人たちが、
行く前に予約して、水着で入るんでしょうねー。
さしずめサイズは、オランダ人かオーストラリア人用(笑)
1段目の腰掛け部分で、しゃがんでるとアゴまで来る深さです・・・。
源泉、モッタイナイねん(笑)
[ 2013/10/18 14:01 ] [ 編集 ]

この浴槽はリンク貼られているHPと同じ場所ですよね???
なんかHPのとは違うような・・・同じような・・・

それにしても深いですね!
うっかりしてたら溺れそうだ(-_-;)

タイは南部ということはプーケットですか?
だとしたら懐かしいのですが(^^)
[ 2013/10/18 16:45 ] [ 編集 ]

白いとど

横のものを縦にもしねぇ


まぁるいお皿を四角く拭く


そんなこんじゃぁ


オラのスピードについてこれねぇぜぃ



ああ ええねんけど
[ 2013/10/18 18:57 ] [ 編集 ]

*yoshimin*さん

ね?同じようなコンセプトだと思いません?^0^
仰ってるのは多分、ホテル内の温泉です。
入江や漁船を見ながら温泉、とてもナイスですが、
日中、日が照って…、暑い・・・。

10人ぐらいは入れそう(笑)
源泉ドバドバ、もったいなーい。

プーケット、却下されました…--メ
ショーとか、すんごく楽しそうだったのにー!!
どの辺にお泊りになりました?^-^
[ 2013/10/19 05:17 ] [ 編集 ]

chaboれてみなせぇ

あっしの色香にさぁ( ̄一 ̄ )


chaboさんのスピード。

リストの指さばきとか、6弦のピックさばきとか。

そりゃぁ、ついてけっこねぇやな。

だって、円盤、四角く周るんだろ?

ちょっと、かっくんかっくんしてるかも。

てかさ、トドは白じゃねぇさ、グレーだよT^T
(色の調合してみたのにT-T)

                
         れおののだ(女だからここはダ、だ)・だ・ヴィンチ


[ 2013/10/19 05:27 ] [ 編集 ]

温泉~~
  熱~いのがいいなぁ(笑)

岐阜も温泉の宝庫
 最近は月に一度くらいだけど 中津川のロウソク温泉ってとこへ出かけてます。
ラジウム・ラドンたっぷりの 湯治場だけど・・(笑)
[ 2013/10/19 09:20 ] [ 編集 ]

ちょっと~この浴槽って、深過ぎだよ~!!

日本だったらもうちょっと、浴槽もなんとかするんだけどね。
あっ!でも何にもしないところがこの国の良さ・・・か?

[ 2013/10/21 10:51 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

ロウソク温泉!!
行ってみたいような、みたくないような(笑)
好奇心満々なのは確かです。
そうですかー、月一でお出掛けですかー。
ロウソク温泉日記、読みたいです*^▽^*

私は、すぐのぼせちゃうんで、ぬるいのにだら~~~が好きなんですが、
ここ、熱いと言うより、湯の勢いで押し倒されちゃう(笑)
[ 2013/10/23 13:56 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

新鮮な温泉をきれいに使うためには、小さな浴槽で、
がんがんかけ流す、コレが一番だと思うのですが、
まー、バリですから・・・。
ダイビングツアーの大きなオーストラリア人が入浴する、
と思えば、ピッタシ!なサイズなんでしょうか・・・。
ガリバーの巨人国に来たみたいだT^T
[ 2013/10/23 13:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/284-d1d865c2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。