2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミンピリゾートムンジャンガンのレストラン/ディナー編

乾季に辛うじて残るフランジパニ(プルメリア)。
乾季に辛うじて残っているフランジパニ。
さて、晩ご飯はやはりミンピリゾートで食べなくちゃいけないんである。
何度も言うが、まっ暗い原野をトボトボ歩くのは恐いし、
ホテルの車で、ワルンまで食べに行くのもバカらしいし、他のホテルってのもなぁ。
だから、滞在中の晩ご飯はいつもミンピリゾートレストラン。正直、飽きるよ(笑)

初日は・・・、何だろう、コレ?多分、豚肉のココナツクリーム煮。
オシャレなローカルフード、何だっけ?まぁ、好きなタイプ。
チットは辛くてもいいのにな、て味だったと思う。
白っぽいのはロントン。インドネシア風お餅というか、餅粉を固めたというか・・・、
これがたまたまなのか、ロントンがそういう物なのか、お餅に較べて水っぽいです、はい。
それとアペタイザーとして、パパイヤと蝦のなんちゃらサラダ。
パパイヤもエビも少しで良いから、レタスをドドーンと食べたいよー。

2日目。タフゴレン入りチャプチャイ。厚揚げの野菜炒め、まんまですが、ホッとする味。
厚揚げ入りチャプチャイ(野菜炒め)。一番、好きかも(笑)
メニューに前からあったかな、ベジタリアンカテゴリーに初めて気が付いた。

3日目。お昼にプムトゥランで豚肉の黒酢炒めを食べた日なのかな、
晩ご飯はガドガド(温野菜サラダとでも申しましょうか。これも厚揚げ付き)。
ガドガド。キューリをてんこ盛りにしてくれー(笑) おジャガやテンペと豆腐のゴレンなど。
ミンピのピーナッツダレは、甘ったる過ぎなくて美味しい。
レストランのガドガドは、こんな風にどこかデコラティブ、鍋物の白菜かい。
そして、ブブールインジン。
甘く煮た黒米とココナツミルク。ブブールインジン。これ、好き。
前夜、メニューにないのを承知で、スタッフにブブールインジンを食べたい、と言った。
予約したら翌日には用意すると快諾してくれたので、早速、お願いしておいたのだ。
バナナのスライスが入っていて、とても素朴で、これこれ、こんな味!
お値段は、メニュー外につき不明だが、常識内の金額だったんだろうと、思う。

4日目。ベジタリアンモドキだったので、アヤムゴレン(鳥の唐揚げ)!
アヤムゴレン(鶏の唐揚げ)。本当はサンバルなんだけど、しょう油に唐辛子入れてもらった(笑)
これはサンバルがダメな私が悪いから、評価はアテにならない(笑)
サンバルの代わりに唐辛子入りしょう油、辛くて美味し。バリの鶏肉にハズレはないし。

5日目。また、鶏肉フライのチリソース和え?かな?エビじゃないみたい。
鶏唐揚げの甘酢あんかけ。ピーマンの緑が欲しいところですなぁ。
これはどこで食べてもハズレのない、想像通りの味。困ったときの定番メニュー。

コレがなくっちゃ、始まらない!!
コレがなくっちゃ、始まらない。
ミンピは「地元への貢献」を企業理念としているだけあって、近在の村人が働いている。
だから、スタッフの顔ぶれに変わりないのが珍しくもあり、嬉しいところでもある。
2年前、日本語を喋っていたスタッフも、なぜか心許なくなっており(笑)
ホテル内に日本語の掲示物が増えた割に、話すと言う部分においては後退したようだ。
オンシーズン(7月中頃)、サヌールにおいてさえも日本語を聞かなかった今回の滞在、
バリの辺境の地バニュウェダンに立地するミンピリゾートにおいて、初めて日本人、
しかも大型バス2台分もの団体と一緒になった。バリで団体・・・、何のツアーだ?
その一夜だけ、ヨガレッスンのバレでインドネシアンビュフェをしていた。
3000円か4000円くらいだったかな。団体は皆、そこで食べることになっていたようだ。
新月の闇、バレだけが煌々と浮かび上がり、リンディック(竹木琴)の音色がこぼれ落ちる。
遠い祭り囃子や眺めるだけの灯りは、なぜ幸福そうに見えるんだろう。
諦めて席についたいつものレストランに、夜風は一層ひいやりと、潮の匂いを運んでくる。
テーブルの上の小さなローソクがふいに揺らめき立ち、闇を払った。
朔が過ぎ、闇が優しいバリの夜。オーブがいっぱい写ってるなぁ(笑) 月といつもながらのオーブ(笑)

これらのお料理は主食(ご飯やおじゃが、ロントン等)付きで、一皿500円~800円くらいかな。
ミンピリゾートムンジャンガンのHPは、コチラです。 
終わりが見えてきそうなバリ旅行記の過去記事一覧は、コチラです。
[ 2013/10/24 ]   バリ・味道楽 | TB(0) | CM(8)

おお、あの変なお餅。。。
おいしいのか美味しくないのかわからないお餅。。。ですね。
初めて食べたときは、ハワイのタロイモのなんていうんだっけ?あれ。。。みたいな、まずい!って思ったんですけど。。。
ホンダシ持ってた友人が炊いたら。。。
まぁまぁ。。。な味に。
失敗したきりたんぽみたいな。。。
[ 2013/10/25 22:04 ] [ 編集 ]

おはようございます。

フランジパニ~~南国だァ~~


美味しそうな食事にみえるよ~~
 僕 こんなに食べてないかも~

チャプチャイ好きだよ~~
 おいしい 安心する味だし~~(爆)
[ 2013/10/26 09:16 ] [ 編集 ]

結構多彩なメニューですよ!
メニューにないものを作ってくれるホテルレストランはいいですね~
以前、バリヒルトン(旧)でバリのローカルメニューを注文したら断られた・・・それ以来ヒルトン系は好きじゃない(笑)
[ 2013/10/26 09:32 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

そうです、あの美味しいのか美味しくないのか
全く!判別の付かないお餅です(笑)
最初、お餅よりもあっさりしてるから、
美味しいような気がしたんですが…、
あっさりてより水っぽい、ですねぇ…。
だからって、まずい!ってんでも、ないんですよ、私…。

ホンダシで炊いて、お雑煮風にした方が
スイトンみたいで美味しいかも^-^
[ 2013/10/27 22:22 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

レストランのデザートって、同じような物ばっかりなんですよ。
アイスクリームやフライドバナナ。
もっとローカルスイーツも出してくれたらいいのに。
だから、デザートは?って聞かれた時に、
「ブブールインジンなら食べたい」って言ったんです^0^
嬉しかったです~~。
言ってみるもんだな~、そう思いました。
ヒルトンよりミンピが勝った?^^;;
[ 2013/10/27 23:05 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

訂正を入れたから、お返事の順番が変わっちゃいました。
ごめんなさい<m(__)m>

こんばんは~、この青空、フランジパニが恋しいです…T▽T
朝晩、寒くなったから、特別、そう思います^-^

チャプチャイ、美味しいですよね^皿^
困った時の、色々とゲンナリ疲れた時の、
救いのメニューです。
ホテルレストランの無難な味でも変わりませんし!(笑)
[ 2013/10/27 23:30 ] [ 編集 ]

美味しそう~~~(~o~)
本場でも日本人の口に合いますか?

オーブ、薄~く写ってすね(笑)
私も海外で撮ると写りますね。
日本では写らないのに何でだろ?

プーケットで泊まったホテルはアルカディアホテルです。
当時は新しいホテルでまだ工事中の場所もありましたよ^^;
日本人がいなくてほとんど西洋人が泊まるエリアでした。
カロンビーチだったかな。
[ 2013/10/29 16:29 ] [ 編集 ]

*yoshimin* さん

ホテルの食事は観光客向けだから、大丈夫、かな?
それがかえって美味しくない、って方もおありでしょうが^^;;

なるべく、オーブが写り込んでない写真を選んでます(笑)
もう、ばしばし飛び交ってるのもありますが・・・。
奈良のどこでしたか・・・、古道の古墳近く・・・、
肉眼で見えます!!(笑)

アルカディアホテル、いいですねー。
景色もいいんでしょうねー・・・・。
カロンは、きれいなビーチでしたか?
[ 2013/10/30 16:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/285-51f2b8ef









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。