2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猫又的バリのチップ事情

深閑とした黒砂の浜、好きな景色だ。ロビナにて。
ロビナの黒砂の海岸
バリで大いに悩むのが、チップ、だ。
これがいっそ、アメリカのようにチップ前提であれば、込みの料金で考えることが出来る。
(行ったことがないけど。)
悩むのは、観光化に伴いチップ文化が流入した、という地域。東南アジアだ。
そもそも、チップはヤッパリ必要なのか?
「何か手を煩わしたときに、お礼として」とモノの本には書かれているけれど、
手を煩わすって?だって、道や店を教えるのはフロントの仕事じゃないの?
そもそも荷物を運ぶのはポーターの仕事で、部屋の掃除はお掃除係の仕事でしょ?
それにガイドや運転手には対価を支払っているはず、なのに、チップ
100円がそもそも大の大人に渡しづらい金額で、かといって、500円も渡したくない(笑)
そんなアレコレを考えると、もういい、自分でやるからほっといての気分になる。
かといって払わないか、と言えば、そんなことはない、やっぱり渡すようにはしている。
だけど、そのタイミング、その多寡はやはり大いに悩ましい。

サヌールの凧揚げフェスティバル。クールなグループ(笑)
凧揚げフェスティバルにて。クールなグループだった(笑)
日本人旅行業者の本音部分を読むと、やはり今のバリに於いてはチップは不可欠らしい、
元々、お駄賃のような風習はあったそうだし。
けれど、ケースバイケースの「この時は要る要らない」が、どうも解らない。
手を煩わせたホテルレストランで、ルームチャージなのにどーすればいいの?
「朝食は好きな場所で」てのが前提の場合、部屋や庭に持ってきてもらったら?
辺鄙なホテルのフリー送迎、これもやっぱりチップはいる?
そんな場合、チップ文化の方々は如何に?と、観察するがよく解らない。
ただ、渡すときには握手をしている、とは気が付いた。
お財布を出して、はヤボ、となると、常に!小銭をポッケに用意しとくワケだ。
って、女はポケットのない服だってあるから、ツレが一緒ならヤツに出さすんだが・・・。
例えばマッサージ。身支度してる間に施術師はいなくなるし、それなら、
終わってすぐ、裸んぼで手提げからチップを出すのか?
それとも、マッサージの間中、手に握りしめておく? ……、それはイヤやろ。
そんな不器用な貴方のために、「チップ箱」を設けているお店もあるからご安心を(笑)

お祈りでバリの1日が始まる。サヌールにて。
朝のお祈り。ホテルセガラアグン近くのお宅にて。
いずれ、チップ込みの金額を正規料金と考えるならば、決して物価は安いとはいえない。
逆に、高サービスが附帯する日本の物価が高い、とも言えないんじゃないか?
日本人のチップ下手というのも、実のところ、目には見えない「商品」を提供して「なんぼ」、
そんな問屋商売的労働が当たり前なせいかもしれない。
東南アジアにおいて、日本人がチップ相場をつり上げている、ってのは昔のハナシで、
今や、日本人はチップをくれない、が定評らしい。
・・・、にしても、チップ習慣がない文化に、自分たちの文化を持込んだ欧米人達を
恨むのは私だけだろうか。
しかし、ロビナでもミンピでもあの長い長い暑い道を歩いて、洗濯物を取りに行くとき、
チップを払うから届けてくれぇぇぇえええ、とは、思っていた。
じゃあ、ホテルのランドリーサービスを使えよ。てのは、ナシで。
このお供えはウチのや、見にゃんといて。サヌールにて。お供えを物色中。見んにゃ。
ようやっと、もうじき終わりそうなバリ旅行記の過去記事一覧は、コチラです。

乾燥地帯なので唐辛子が名産品。この3倍ほど出荷していた。バニュウェダンにて。
乾燥地帯なので唐辛子畑が多いのだ。ムンジャンガンにて。

※ 質問を頂戴しておりましたので、(ささやかな)お役立ち。
ベモやタクシーにチップの心配はない。お釣り分を勝手に、チップと判断しやがるから(笑)
一人で乗った時、RP10000のタクシー代にRP50000札で払ったら、ツリを返さない。
サスガに、「小銭を作ったるから返さんかい、わりゃ(`Д´メ)」を、上品に申し出たら
シブシブお釣りをくれたが、Rp35000。自分で勝手に、チップ額を判断したようだ。
でも、RP5000のチップは妥当とお淑やかに降車した。(腹が立ったので払いたくなかったが。)
バリなら、悪質ドライバー注意と旅の掲示板に書いたかも(笑)
適正価格は、タクシーだと10%か端数。ベモは現地の方よりも高い運賃(30分程度でRp10000)。
その程度は、言葉が通じない手間賃、と割り切る「ようにして」います。
が、取り敢えず、ベモの運転手に金額を聞かないこと(笑)
同乗者やホテルスタッフに聞いた金額を出せば、四の五の言いません、経験上。
チャーターでもしない限り、料金交渉は考えない方が無難です。(チャーターの経験はない。)
繰り返しますが、乗り物の代金は、くれぐれも大きなお金(お札)で支払わないよう。
お釣り分はチップ。ボッタクリの悪意ではなく、それが「観光客」への商習慣なのですから。
丁子収穫のお手伝い中、撮って撮ってとせがまれる。スンビランにて。
グローブ収穫のお手伝い中、カメラを向けたら大喜び。スンビランにて。
上記記載はあくまで私見ですので、
実際とは異なる部分があればお許しください。

[ 2013/11/25 ]   情景・バリ | TB(0) | CM(8)

華麗な手品師の様に

すっぱだかでも

掌からコインが出せる


喝采とチップを逆に頂きましょう


それには

種がいるんだけど


今ならRp100、000で教えてあげる
[ 2013/11/25 18:05 ] [ 編集 ]

チップって面倒くさいですよね・・・(-_-;)
小銭がなかった時に悩みますよねぇ
イタリアでは物凄くたかられましたよ・・・
「チップ!チップ!」って言われました・・・
レストランでも「少ないね」と言われたし・・・
お国によっても態度が違うでしょうね^^;
少なくても一言「ありがとう」を言って欲しいです。
こちらもようやくお金貯めて行ってるのにねぇ(+_+)
[ 2013/11/26 17:11 ] [ 編集 ]

チップ。。。
どこに行っても。。。
悩みますよね。。。
ホテルで忘れると、ベッドがむちゃくちゃにされてる時あるし。。。
[ 2013/11/26 21:09 ] [ 編集 ]

詐欺師chaboの華麗なる冒険

おっとどっこい、すっとこどっこい
大阪のおばちゃんをなめたらあかんでぇ。
その手は桑名のヤキハマグリ
(この手の啖呵、大阪弁にはないような気がする。)

おらの肉球、小さくて
コインのネタが仕込めにゃい・・・
[ 2013/11/28 17:10 ] [ 編集 ]

*yoshimin* さん

えーっ!!少ないだとーーーつ!
気が付かないだけだったのか、安宿、安レストランばかり
だったからなのか・・・。
イタリアでもチップ、してないです(笑)
イヤな席に案内されたときなんか、ほんま、お釣りの小銭ですよ。
一人で行くと、入り口のすぐ横とかに案内されるんで。
あまりにも貧乏くさいカッコだったんで、
まとわりつかれることもないという・・・(爆)
ちょっと、情けなくなってきました^0^;;

そうなの、こっち(私)も余裕で旅行に行けてるわけではないんで、
と言っても、まぁ、行けるだけ贅沢とは言えるんでしょうが・・・。
バリでは、ラッキー♪みたいにお礼を言ってくれるんで、
あれ?いらなかったのかな?て思っちゃう。
渡しがいがあります(笑)


[ 2013/11/28 17:18 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

悩みますよねーーー!!
ホントにあるんですね、部屋の片付けしないとか。
枕チップって、最近、したことないんです・・・。
やっぱした方がいいのかなー。
どこの国でも、持ってかないってパターンが多かったから
今は、手渡して、恩を売ってます(笑)
[ 2013/11/28 17:24 ] [ 編集 ]

おはようございます。

チップって本当に難しいですね。
 まぁ 気持ちを渡すようにしています。

あと・・
 アメリカなんかでは サービス悪かったりすると
 チップ拒否することもあったよ・・。

ほんと臨機応変です~~


[ 2013/12/01 08:57 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

やっぱり、みなさん、渡してらっしゃるんですかね~。
ヘビーユーザー(笑)に、え~~~~~、払ったことない!
って言われたこともあったので、悩むところではありました。
しかも、渡すタイミング、難しいし・・・・。

アメリカ、行ったことが無いんでアレですが、
アメリカにおいて、チップを払わないって勇気がいりそうです。
だって、もう、料金の一部みたいな感じじゃないですか?
[ 2013/12/01 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/292-9eb63431









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。