2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

塚原温泉・火口の泉&湯山温泉・奥みょうばん山荘

塚原温泉にある噴火口。右側の水は、きっと酸性の泥湯温泉に違いない(笑)
噴火口。右側の泥水はきっと酸性の泥温泉だ(笑)
どうしよう、個性的な温泉が多すぎて一つ一つ更新してたら、いつまでも温泉だ。
だけど、三歩で忘れる鶏頭。行った証拠にブログに書け、と日々、ツレに責められる。
先ずは、温泉が地球の恵みであることを実感させてくれる、忘れ難き温泉を2つ。

塚原温泉内湯の外観。
塚原温泉内湯の外観。
塚原温泉火口乃泉(かこうのいずみ)では、「生きている」火口を見ることが出来る。
箱根の大湧谷温泉(の小型版)みたいなものですね。
温泉の有り難い源ざんすから、当然、温泉が湧いています。
大浴場が500円、別途、露天風呂が600円。
塚原温泉露天風呂。緑がかったささ濁り。縁には抽出物。
この時は、露天を選びました。どどーんと山の風景を見ようと思って。
先客がおられたが、入る頃には独占浴。
若干、緑がかった温泉は、露天のせいか温く感じるけれど、浸かるには程よい。
ちらりと覗いた大浴場(6畳か8畳大くらい)は、素っ気ないけれど、
それが荒涼とした火山の風景に似つかわしくも、成分の濃さを雄弁に語る。
次回は、こっちかな。

湯山温泉奥みょうばん山荘は、この噴気口が目印。内臓まで温泉効果。
この噴気口が目印。内臓まで温泉効果。
温泉成分の濃さで一、二を争うのが、奥みょうばん山荘だと私は思っている。
まるで噴火しているかのような湯気(湯けむりなんてもんじゃない)、
まさしく地獄の釜が開いたような、そんな匂いと熱気の荒れ地に奥みょうばん山荘は・・・、
建ちかけている・・・(笑)

奥みょうばん山荘貸切湯。左の棚が荷物置き、奥の扉は露天に続く、予定。
奥みょうばん山荘貸し切り湯。左の棚が荷物置き。
 この湯面、この湯の花。 この湯面。この舞い踊る湯の花。
廃業予定の宿を惜しんだ現亭主が譲り受け、今、まさに再生中という所。
しかも、手作りでコツコツと。
元々の建物や風呂場は取り壊したのだろう、木造の新しい浴室棟が建っている。
3つある温泉は、全て貸切家族風呂形式。脱衣場は狭いが、湯船はデカイ(笑) 
そして、天井の高さにも関わらず浴室内には硫黄臭が満ち、
深呼吸すれば五臓六腑まで、湯に浸かった気分だ。

奥みょうばん山荘の受付、ロビー、休憩所、う~ん、作業場、うん!作業場(笑)の入り口
奥みょうばん山荘の、受付というかロビーというか休憩所というか作業場、うん作業場の入り口(笑)
フロント兼作業場兼休憩所は、建築資材や生活用具や宿泊客用食器棚で雑多だが、
マニア昂じて宿を始めてしまった亭主のコダワリを聞いているのは、実に楽しい。
かといって語っているのは能弁なウンチクではなく、自身も認める無骨な信念だ。
メンテナンス上、通常ならば漉してしまう湯を、彼は生きた温泉のためにそれをしない。 
湯の花で詰まる配管は、3日毎に掃除をするそうだ。3つあるから、毎日(笑)
自分でも、何をやっているんだろうと考える、と自嘲しておられたが、
何のため、は、明確に悟っている。彼が入りたい、理想とする温泉のため。
そして、現行の「温泉の在り方」と闘うため、も、あるかも知れない。
その温泉の濃さと同等、濃い理想と濃い個性(笑)に、私は期待している。
日々、進行形の理想郷、一っ風呂500円。是非にお試しあれ。
続きますT▽T

変な宗教じゃないです、とのこと。湯の花をお鏡みたいに丸めてみました。
変な宗教じゃないです、とのこと(笑) パイプ掃除の賜物、湯の花です。
塚原温泉火口乃泉HPは、コチラです。
湯山温泉・奥みょうばん山荘のHPは、コチラです。
別府市観光情報サイトは、コチラ。
日本のお宿(温泉宿)の過去記事一覧は、コチラ。
当分、続きそうな別府湯けむりシリーズ温泉旅行の過去記事一覧は、コチラです。
[ 2014/03/06 ]  日本・温泉旅行 | TB(0) | CM(8)

記事とは遥か彼方のコメ

みじんぎりだったのかぁ


そう!

自分が読みたい記事を書いてるだけ!


いけね。。。

脱衣場つくり忘れた。。。
[ 2014/03/07 00:01 ] [ 編集 ]

こんにちは~@休憩中です(笑)

 ふぅ~~
  温泉に浸かりたい・・・(爆)

今日は雪混じりで 体育館は 寒かった~~(;_;)
 まぁ 卒業式っていいもんだなぁ~って思ったけど(笑)
[ 2014/03/07 17:14 ] [ 編集 ]

この温泉、記憶にあります。
こんなに高かったかな?
15年以上前、九州へサーフトリップに行った時に。
由布院へ抜ける途中だったような。。。
[ 2014/03/07 21:44 ] [ 編集 ]

こんにちは

3月に入っても今日は北風が冷たいよ~
寒いよ~

あああ~この湯けむり、
雪見酒!
温泉行きたい!!!
[ 2014/03/08 14:02 ] [ 編集 ]

cha坊さんだったのね。

ちゃぼ、さん、かと思ってたから、別人みたい。

ちゃーぼーなんて、違う、アタシの知ってるchaboじゃないT^T

みたいな。

おっとぅ!記事からにゅにゅんと手を伸ばして、

コメントを捕まえた。

あれ?脱衣場、の、カーテン?


ワンピースなくり乃々。
[ 2014/03/10 17:25 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

私も温泉につかりたい~~~!(笑)
怒られるかも知れませんが、2ヶ月に1回は温泉旅行してないと、
なんか、身も心もカサカサしそう(笑)

体育館って、寒かったですよね。
toshiさん、いい体験されてますねー。
[ 2014/03/10 17:27 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

由布院への山道、つったら塚原温泉、の方かしら??
奥みょうばん山荘もそうなりますが、15年前なら「湯山高原荘」
だったと思います^-^

HANG ZEROさんも、たいがい色んなトコに行ってはりますね^-^
って、人のことは言えません(笑)
[ 2014/03/10 17:31 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

寒いですね、ほんま、今日も寒いです~T^T
今、週末の温泉を心待ちにしているところなんですが(笑)
でも、別府の湯けむりとジンジンしみそうな
あつあつの湯が恋しいです。

雪見酒なら、やっぱ奥飛騨!
あー、行きたい(笑)
[ 2014/03/10 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/313-f85ef994









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。