2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清海荘と新湊温泉、そして、また来るね。

山田別荘の近くにあるザ・共同温泉「春日温泉」。
春日温泉外観
公民館の横手の路地にぽっかりと灯りが灯る、奇跡のワンショット内湯。

春日温泉外観。 春日温泉内湯
別府に限らないけれど、古くからある共同温泉は、アメニティはもちろん、
シャワーもドライヤーもないところが多い。
フェリー乗船前の締めくくり温泉、いくら私だって、洗い髪を乾かしたいし
お顔のメンテナンスをしたい、が必要だから、やっぱり旅館の浴室が好ましい。
そこは泉質に拘って、別府一メタケイ酸が豊富という竹の井に行ったら、お休み・・・。

清海荘外観。畳敷きの内湯。窓際の湯船が寝湯、これがたまらん♪
清海荘外観。 清海荘内湯。これが限界。
海が見える温泉、と目的を変えて、近くの「清海荘」に行ったら、これが大当たり!
(天空湯房「清海荘」の方。上人ヶ浜の「晴海」はも一つ、高いのかな?)
海沿いにありがちな塩の湯で、湯量は豊富、カランまで温泉だった。
古いし広くはないし露天もないが、檜の浴槽と大きな窓に添って寝湯用の浴槽がある。
寝そべったら目の前は、別府の大きな空と大きな海だ。
海に浮かんでいるような、お母さんのお腹の中で浮遊しているような、
そんな心地よさに、クラゲの気分で湯に浸かった。
フロントの方も親切だったし、次回は是非、足湯つきお部屋に泊まりたいです。

レンタカーも返して、大分港へは電車で行った。鳩が乗ってる??と耳がそばだつくらい、
車内放送の「べっぷーべっぷー」が、想定外のイントネーションだと特記しておく。
駅から、港に行く途中、いよいよ最後の温泉に行った。

新湊温泉外観、休憩コーナーもあります。家族湯とは別に、左手に男女別の入り口がある。
新湊温泉外観1。休憩コーナーもあります。 新湊温泉外観2 左手に男女別入り口がある。家族湯とは別入り口。
団地の1階にある、「新湊温泉」。黒湯だが、付近住民のための「銭湯」である。
マンガや雑誌が積み上がった狭い脱衣場で、そそくさと服を脱ぐ。
タイル張りの浴室にサウナまであるけれど、広くはない。
ざばぁざばぁざばぁと掛かり湯をしたら、もうそれだけで満足するくらい熱い。
湯船はコーラを満たしたような色だけど、手で掬ってみると、うっすら色付く程度。
強烈な色の割に匂いもぬるぬるした感触もない、が、あ・つ・い。
飲泉もできるようだから、加水しないままの源泉が注がれているんだろうか。
塩湯でぬくまった体は、まだ暑い。そこにさらに熱い湯が細胞にじーんじーんと染み渡る。
5分くらいしか入ってないかも(笑)
残念ながら湯上がりの匂いを覚えてないが、強烈な温もり湯だったことは記憶している。
寒い冬には、自宅の風呂より、断然こちらに通いたいと思う。

さんふらわあごーるどの2人部屋ファースト。右手にテレビ台があるが、ちと高過ぎ。
さんふらわあごーるどのファースト2人部屋。右手にテレビ台があるが、座って観るには、ちと座高が。
大分港~神戸港のさんふらわあのファースト船室は、窓付き和室だった。
ベッドだけど、テーブルではなく座卓だったのだ。
そこに、別府駅高架下の商店街で買った色んなお総菜を並べて夕飯にした。
瀬戸内海航路は揺れないのも良いが、海岸線がみえるという安心感もある。
海とも空ともしれない暗闇に、ぽつぽつと人が生きている灯りが見える。
闇に放り出された息が詰まる孤絶感を、瀬戸内航路では感じずに済む、
深夜、窓の外を見て、ほっと安堵の息を付く、明日は会社かよ(笑)

大根の炊いたん、こんにゃくの炊いたん、きんぴらごぼう、うなぎ? 細巻き、フライドチキン!
フェリーでの晩ご飯。冷めてるけど、なかなか満足度が高かった。 
天空湯房 清海荘HPは、コチラ。
別府市観光情報サイトは、コチラ。
日本のお宿(温泉宿)の過去記事一覧は、コチラ。
やっと終わった別府湯けむりシリーズ温泉旅行の過去記事一覧は、コチラです。

長くなった覚え書き、お付き合い下さり有難うございました。m(_ _)m
ってことで、この度、同じくさんふらわあの鹿児島ツアーに行ってきますた(笑)
外洋ですからねぇ、揺れるし、どこを見ても真っ暗闇なんだよね・・・。
タイ旅行がとても遠く感じるな(笑)

私も、ワタシも・・・・
温泉に浸かってると、母の胎内を思い出すのよ(笑)

船旅で陸地が見えるのもいいけど、
真っ暗闇もじつは好きです

これって悪いことしてて隠れたいって願望かな?
[ 2014/03/24 13:46 ] [ 編集 ]

今週は妙高の関川温泉の公衆浴場でした。
まったく、アメニティなし。
っていうか、すんごいローカルルール。。。で。。。
ま、顔なじみのおじいちゃんにあって、子供たちは嬉しそうでしたけど。。。
[ 2014/03/24 20:15 ] [ 編集 ]

昔九州に住んでたので、よく両親につれられて共同湯めぐりしました。懐かしく読ませていただきました。
大分は掘れば湯が出るいきおいで、どこでも温泉ありますよねえ。
最終のホテルのお湯もよかったいみたいですね。カランまで温泉って、さすが温泉王国!
船旅もとても楽しそう(^o^)和室なんてあるんですね~。
[ 2014/03/25 11:42 ] [ 編集 ]

連合・サービス連合傘下の


関汽交通労組はハラスメントに対応しろ!


● 自分はいったい、どんな悪いことをしたのだろう・・・

● 仕事がうまくこなせず叱られてばかり、自分はダメな人間だと思ってしまう

● なぜ上司はあんなに酷いことを平気でするのだろう?

もしあなたがこんな感じで、職場の人間関係で辛くなってしまっているとしたら、それはモラル・ハラスメントが原因かもしれません。

職場のモラル・ハラスメントとは、静かに・じわじわと・陰湿に行われる精神的ないじめ・嫌がらせです。大人げない態度や、きつい言い方であっても、一見、指導などの形態でなされるモラル・ハラスメント。 周囲はもちろん、言われている本人も、それが 「ハラスメント」とは気づかず、その本人自身が 悪いと感じていることがほとんどです。


あなたは、職場で下記のような言動で苦しんでいませんか?
言葉の例

●人格・能力を否定する言葉を使う
 (例:「生きている価値がない」「何をやってもダメなヤツだ!」)

●コンプレックスを持っている弱点・欠点をあげつらう
 (例:「デブ」、「ハゲ」、「メタボ」)

●聞こえよがしに嫌味を言う
 (例:「自分の仕事もできないのに、人の世話を焼いているヤツがいるよ」)

●家族を非難する
 (例:「おまえの親なら、どうせろくでなしだろう」)

●退職を促す
 (例:「イヤだったら、いつでも辞めていいぞ」「まだ会社にいる気か?」)
態度の例

●罵声をあびせる

●あいさつや会話をしない(無視)

●肩を突く、胸ぐらをつかむ

●目の前でヒソヒソ話をする

●舌打ち・鼻を鳴らす

●執拗な注意・叱責をする

●悪い噂を流す

●仕事を取り上げる、新しい仕事を与えない

●不正行為を強要する
[ 2014/03/26 07:20 ] [ 編集 ]

こんにちは~@休憩中です(笑)


温泉温泉(爆)

そういえば 父の実家は熊本は阿蘇
 内牧温泉(ご先祖様のお墓もだけど)
いつも共同浴場(温泉)に入ってたなぁ~
 とっても薄暗いとこだったけど(爆)
[ 2014/03/27 15:12 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん

私、のぼせやすいし、熱いお湯が苦手なんです。(浪花ですんでw)
平均的に熱湯な別府、珍しくぬるい塩湯で、とっても気持ち良い旅館でした^-^

おお…、真っ暗闇、お好きですか…、というか、平気ですか?
隠れたい願望…^-^、それで言うなら私は、
真っ暗闇から何に脅かされるか解らないキョーフでしょうか…、
悪いこと仕出かして(笑)
[ 2014/03/27 21:26 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

すごいですね、そんな所にも顔見知りがいるボン君たちの社交性^-^
ローカルルールといえば、別府。
浴槽の縁に腰かけちゃいかんのです。
床で、トド寝するんはOK(笑)

ちゃんと、ローカル温泉に入って、ご挨拶もして、可愛がってもらう。
子供の特権です!
[ 2014/03/27 21:31 ] [ 編集 ]

くるまぶさん

くるまぶさんも九州っこでしたかぁ^0^
私も幼児の頃、住んでたんですが記憶なし。
祖父母がいた頃までは必ず行ってましたが、温泉は旅行だけでした。
晴海荘の温泉、気持ちよかったですよー^0^
バリやタイの温泉もよろしいんですが、いやー、日本に住んでてよかった!

フェリーは面倒もあるんですが、ごそごそ動き回れるので、気持ちも身体も楽です、私。

まだ、アメッドかタイか種子島(思い切って沖縄以南に行けよ)か迷ってます…。
バリならサヌールにも滞在するでしょうから、くるまぶさんと乾杯できたらいいのに^-^
[ 2014/03/27 21:41 ] [ 編集 ]

bali★toshiさん

温泉に次ぐ温泉、というか、温泉だけです(笑)
この別府シリーズの後も、温泉旅行をアップしようかなー。
ああ、タイが遠い・・・・(笑)

内牧温泉!いいですねー!!
また、阿蘇を通って、九州横断(縦断でもいいんですが)の旅がしたいー!
結構、時間もお金もかかっちゃいますけど^^;;
[ 2014/03/27 22:04 ] [ 編集 ]

さんふらわあ乗船券販売所さん

ついに、オリンピックシーズンのフィギュアが終わろうとしています。
本日、浅田真央選手の実力に相応しい演技を見ることが出来ました。
優雅で、暖かで、軽やかな氷上の妖精ならでは、でした。
そして、フリーでは、優雅でありながらも力強く、重厚な滑りを見せてくれることでしょう。

それこそが、「演技力」というものだと思われませんか?
音楽の解釈、というのが、どういう理論と方法でポイント化されているのか、
そもそも主観に過ぎない「演技構成点」ってなんでしょうね?
何度も書きますが、スポーツの長所は「明快さ」だと思うんです。
より速く、より遠く、より高く、より奪い、そして勝者が決まる。
その逃げようのない明快さゆえに、アスリートたちは切磋琢磨し、己の限界に挑戦し続け、
その姿の美しさ清新さに、私たちは、大きな感情に突き動かされるのではないでしょうか。

ソチオリンピック後、多くの選手たちが明日を見据えているというのに、
相変わらず受け入れることに潔しとしない国民がいます(笑)
どうせ、要求するのなら、全選手に対しても公平にするよう要望すべきです。
見直しが行われた時には、カロリーナコストナーこそがシルバーメダリストに相応しい、
そのように取り図られることを期待します。
キムヨナは優れた選手です。
けれど、完璧に滑ったとしても、彼女より優れた選手がたくさんいた。
ソチにおいても、あの加点は公平ではない、私にはそう思えます。
「音楽の解釈」ってなんでしょう?
私は、あんな冷たいタンゴを見たことがありません。
彼女のフリーで、心に残る演技はそうそうはありませんが、
「表現」という意味においては、クソのようなタンゴで、忘れそうにありません。
もっとも、キムヨナ選手は、何度も書いているように、バンクーバー以前より6年間、
何一つスキルアップもせず、何一つ挑戦しなかった。
己の手にある物を大事ににぎり続けて来ただけです。
それだけでも偉業だとは思いますが、感動はしません。
しかも、彼女は、ちっとも優雅じゃないし!!
どーして、あのガサツなスケーティングを解説者たちが「優雅」というのか、
私には、理解できないわーーー。


[ 2014/03/27 22:37 ] [ 編集 ]

もしかして、きき湯が出来るんじゃあないですか?
この湯はどこどこの温泉だ!とか(^.^)

次は鹿児島ですか~
いいなぁ~いいなぁ~

羽生選手の名前みたいな神社に行ってきましたよ~
ファンの人なら知っているはず(*'ω'*)
私はファンというわけじゃないけど…
ミーハーで(笑)
[ 2014/03/31 17:17 ] [ 編集 ]

*yoshimin* さん

ズボラなんで、きき湯きき酒、とんでもない。
だらだらぁっと楽しんでるだけです^-^
どうせなら、そんくらい根性入れた方が元がとれる???

鹿児島、行ってきました^0^
泊まりたかった宿が位置的にアレで、どたばた走り回る旅でした。
でも、そこの温泉がもぉ、すんご~く良かったです!
地元のおばあちゃん達、ツヤツヤ☆ですよ^0^
その旅行記は、来年?かなぁ(笑)

あ、その、結弦(呼び捨てにしたら((((;゜Д゜)))ガクブル(笑)
な神社、行きたかったの~。
しっかりミーハー*^^*
でも、世界ジュニアで優勝したときから、天下取るとは思ってましたが、
想像以上に早かった、強かった・・・。
[ 2014/04/02 17:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/317-c57494d6









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。