2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボートヌードル・アオナン(Boat Noodle Aonang)@アオナン

さて、到着初日のランチから再開しますねん。どこのこと?って…。
タイのクラビですやんT▽T

ボートヌードル・アオナンの外観。
アオナンボートヌードル、外観。
クラビ随一?のリゾート地アオナンは、海からダラダラ坂を上る地形だが、
宿泊代金やレストラン単価は、そのダラダラ坂に反比例して設定されているようだ。
(ホテルの場合は当然、スペックによって差があるんですが)
要するに、海方向に下れば高くて、山方向に上れば(ほんの少し)安くなる。
でも、その繁華街(つうてもアオナン)自体、観光客のための町なので、
肌に感じるお得感は若干、乏しい。
いわゆる第三国が経済発展していく流れの中で、当然、物価も発展していくわけで、
ビンボー旅行人としてはツライものがあるにせよ、社会が富むというのはいいことで。

で、到着したばかりの私たちは、坂を下りたいのをグッとこらえて、上っていった。
トリップアドバイザーで見付けた気になるお店は、まだ開店していなかったので、
そこから、またちょっと登った所にある「ボートヌードル・アオナン」へ。
文字通り、海上で商っていたボート屋台が陸に店を構えたってことらしい。
一度、移転した様子で、まだ間が無いのかもしれない、新しそうな建物の前にも、
ちゃんとその象徴たるボートが飾ってある。

フツーに、鳥スープ味の中華あんかけっぽいでしょ?スイカはオマケ^-^
普通に、鳥スープの野菜の餡かけに見えるでしょ?スイカはオマケ^-^
英文と写真付きメニューの中に、食べたかったぶっといビーフン、みぃ~つけた!
キシメン、だご汁(九州地方のすいとんのようなぶっとい麺)、ほうとう(山梨の以下同文)、
そんな類いが好物の私は、タイ料理を調べてた時から食べたかったのだ♪
センヤイ(ビーフンのほうとう版)の野菜あんかけ!(料理名は忘れた、てか、分からん)
どろっとした餡の下から、ぶるんとよじれるセンヤイを引っ張り出してぱくり。

餡とからめて、またぱくり。
??
タイではお馴染みの、4つの調味料セットも使ってみて、ぱくりぱくり。
何か違う。想像と違うというか、なんか不思議な匂いがする・・・、何だろう??
見た目は中華の野菜あんかけなのに、違和感なこの匂い、知らない匂いじゃなくて・・・。
センヤイを引っ張り出してみました。野菜もたっぷり。センヤイを引っ張り出す。
黒糖だ!! これ、葛きりの味がする!!
納得はして、安心して食べられるかと言えばそうでもなく、何となく、嫌な味覚が残る。
う~~~ん、空港のラーメンといい、楽しみにしてたのに、
タイ料理をこの先、食べられるんだろうか・・・、自分にがっかりだ!
料理に飛んでくるハエを払っていると、海外に来たな、そう思う(笑)
観光客は海や観光地で遊んでいるんだろう、まだ昼には少し早い時間、
白々と明るい町を、坂から見下ろす。
朝食にも昼食にも半端な時間、2階のテーブル席(1階はカウンター席と調理場)で
スタッフさんが早昼飯をかっこんでいたが、そのガパオライスが旨そうだった。

ビール続きで、サスガに(胃ではなく)舌が疲れたからスイカジュース。
サスガにビール続きで、舌が疲れた。スイカジュース。
ここに至って、やっとこさ本編、情報が古なりましたなぁ。はぁーあ=3
ボートヌードルアオナン(BoatNoodleAonang)のHPは、コチラです。(テーブルが増えてますやん)
発酵しつつあるタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです…。

、てなことで、ちょっくら、福井の恐竜博物館に行って来ま、
ぐぁにゃおーん(どうしても、にゃ行ににゃるにゃ。) にゃぎゃぎゃがぉ~ん!

[ 2014/07/20 ]   タイ・味道楽 | TB(0) | CM(8)

タイ。。。
お腹がサイキョーに痛くなるイメージしか。。。
ないです。。。
しんどかった。。。
スイカジュース。。。
なじまなかった。。。
って、タイのスイカ。。。
あんまり甘くないですよね???
[ 2014/07/20 23:28 ] [ 編集 ]

オサレなお店ですね。
センヤイってあのきしめんみたいなやつのことですかー。そう呼ぶのね。なるほど。
タイ料理の、自分で好きに味を調節できるところがいいですよね。

しかし黒糖とはまた不思議。味の想像がつかないです。
[ 2014/07/21 14:15 ] [ 編集 ]

ランチ、美味しくなかったようで残念でしたね(~_~;)
他のお店だったら美味しいのか、みんなそんな味なのか
気になりますね。。。

坂から見下ろした景色を見たいですぅ~

だご汁がお好きなんですね!
熊本のどこだったか…
阿蘇の近くだったと思うんですが、そこのは美味しくなかった…
[ 2014/07/23 15:46 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

かわいそう…。
お腹が痛くなるのは辛いですねぇT^T
スイカジュースとかココナツジュースは
甘くないから美味しいんです(笑)
でも、オマケで頂戴したスイカは甘かったですよ。
まぁ、日本のは甘いですからねー、アレに慣れてると物足りない、かな。
[ 2014/07/24 22:18 ] [ 編集 ]

くるまぶさん

「あら、屋台っぽいってハナシだったのに、おされ?」
と、最初は思ったのですが、そこはかとなくやっぱり東南アジアでした(笑)
アオナンは、「ワルン」って感じのお店、ないんですよ。
最低でも、この感じかな??
この後、ドンピシャにはまるお店があって嬉しかったです♪
センヤイのぶにょぶにょした食感が好きー。

黒蜜が足りなくなって、あわてて足したら、
野菜あんかけだった葛切り。
って、味でしょうか…(笑)
野菜はシャキシャキして美味しかったんですよ、うん。
[ 2014/07/24 22:36 ] [ 編集 ]

*yoshimin*さん

多分、他のメニューだったら、フツーだと思うんですが、
この、センヤイの下味が、どれもこれも黒蜜だとツライなぁT^T
と、ガッカリしました
なんて言うんだろう…、甘辛く煮込んだ味、とも違うんですよ…。
ただ、黒蜜に浸した葛切りとしか…。
いえ、黒糖自体は好きなんですよ、ええ、葛切りも、
だけど、そこに野菜あんかけはちょっと違うよなぁ、と(爆)

その後も、しつこくセンヤイのお料理に挑戦しましたよ^-^

だご汁、大好き!!
阿蘇にまた行きたいなぁ、でも、美味しくなかったんですね…。
なんていうお店ですか?そこ、行かないようにしないと(笑)
[ 2014/07/24 22:47 ] [ 編集 ]

見た目美味しそうなのに・・・残念でしたね。
あんかけ風って事はラットナー?とかってやつですかね?
私はサラサラの汁麺しか食べないもんでよく知らんのですが。

私もセンヤイ大好き!
だご汁も好きです。
小さい頃にオカンが「だご汁」と言ってメリケン粉を水で溶いて
こねてニギニギと団子にして味噌汁の具にしてた。
でもこれを言うと「貧乏なトコの子や!」と言われるのは何故??

福井行っておられるの?
私は多分来月金沢ですわ。里帰り風で。
[ 2014/07/27 16:59 ] [ 編集 ]

酒飲みパンダさん

立ち読みばっかりで、申し訳ありませ~ん。
「ニャチャン」楽しみに読ませて頂いてますよ^-^

アオナンではレストランでばかり食べたせいでしょうか、
炒めたセンヤイばっかりだったんです。
この後、ツボにはまったレストランを見つけたので、
そこでも、食べましたよ、炒めセンヤイ(料理名がやっぱり解ってません…)
そうそう、あんかけはラートナーですね^-^
お野菜はシャキシャキして美味しかったです!

私も「すいとん」好きでした。
貧乏人の子なの!? やっぱりなー、自分でもそうじゃないかと(笑)
関西人でっさかいに、粉もんをバカにしたらあかんわー(^^)ゞ

福井では蕎麦ばっかり食べてました。
あっさり味で美味しかった~。
金沢、いいですなぁ。むか~し、若かりし頃に行ったきり。
今、また再訪すると楽しそうな気がします^-^
8月、お盆かな?

[ 2014/07/27 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/329-08326b7c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。