2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いざ、ピピ島へ

ノッパラタラピア(ノッパラタラ桟橋)からの眺め。湖にある白鳥型ボートみたいなんもある。
ノッパラタラピアからの眺め。
アオナンに一泊した後、大きな荷物はホテルに預けてピピ島へ移動する。
最初、ピピ島に行くつもりはなかった。
海がきれいなので行きたいとは思うけど、どうせ行くなら日帰りはしたくない。
でも、ホテルの移動が多いのもメンドクサイ。
だけど、どーしても!ツレが行きたいと駄々をこねるので負けてしまった。
で、滞在地に選んだのが、海は美しいがホテル以外なにもない、というロングビーチ
※プーケットからもアオナンからも、1日ツアーが出ている。

アオナンピピ島行きの船。フツーそうに見えるでしょ?
アオナン発ピピ島行きの船。フツーそうに見えるでしょ?
ピピ島行きの船はクラビタウン発なら4便ほどあるが、アオナン発は9時発が1本。
チケットはアオナンに数多あるツアー会社で若干安くで売っているが、
事前にさくらツアーさんに頼んでおいた。片道THB450は、定価である。
帰りのピピ島発チケットは、ホテル近くのツアー会社で聞いたところ、
ピピ島でしか売ってないらしい。
アオナンで買った方が安いはず、と、目論んでたんだけど(笑)

まぁ、船内もフツーそうでしょ?
(破れてたり、タバコの焼跡のあるライフジャケットもあって、人生の分かれ目を見てしまうかも。)

まぁ、船内もフツーそうでしょ?エアコンさえあれば。(ライフジャケットは破れてるのもあって、人生の分かれ目になるかも。)
チケットにはもれなく港までの送迎込みで、予約客のホテルを順番に回ってくる。
朝8時半、遅くなるだろうとなめてたら、キッチリ!時間通りにお迎えの車はやってきた。
ノッパラットピア(桟橋)周辺には店も何もなく、海を眺めてたら、
いつの間にか乗船が始まっていた。
荷物は、甲板にどんどん積み上がって、早く乗船した人の荷物はうずもれてしまう。
どんどんどんどん客も増えるが、客室は一体、いつになったらエアコンが入るんだろう。
風が涼しいので、甲板に腰かけ足をぶらぶらさせてみる。快適♪
と、喜んでたら、日が当たりだして暑い…。
そして、気がついた、なんと!この船にはエアコンがないのだ。
いや、窓ははめ込みなので、設計上、エアコンはあるはず。
故障中!? いやいや、故障のまま、ないことにして運行しているに違いない。
出発予定も大幅に遅れた上に、客室も甲板も人と荷物でぎゅうぎゅう。
しかも途上のライレイからも客が乗り込む。(なんと、海上でボートから乗り移る、怖い)
暑いよ~、甲板に出たら風はあるけど、甲板の照り返しと日差しでグリル状態。暑いよ~。
移動続きの体にジワリと堪える・・・、この難民船状態。
クーラーの効き過ぎに備えて、上着まで羽織ってきたっちゅうに(笑)
それでも中国人のお姉さんは、頭からすっぽりトレーナーを被り、根性の日よけだった。

美しい青空!!って、健康被害の出そうな過酷な環境(笑)
倒れ伏す人続出の過酷な環境(笑)
息も切れ切れで、やっと到着したピピの桟橋には、各ホテルのお迎えや客引きでいっぱい。
ピピ島のホテルには、さくらツアーさんを通してお迎えのボートを頼んである。
なんせ、ボートでしか行けないロングビーチにあるホテルなのだ。
が。
迎えなし…。
暑い桟橋をうろうろ往復して、ホテルの名前を探すがなし。
ボートタクシーの客引きは鬱陶しいし、隣のホテルの迎えは来ているのが、余計に!!
ぷちん、とキレる。
ぷっちん!!
ホテルに電話したら、ボートタクシーで来い、だと?アホか~、お前が払えよ。
結局、15分待ってくれ、迎えに行くからって、とこで話は落ち着いた。暑いし!!
 アオナンでのホテルは、ピピ島から帰ってきたら(笑)更新します。
   ちなみに、ホテルの送迎は予約しなくても、フェリーの到着時間には待機している、
   てな話だった。ウソつき。
ピピ島桟橋近くのお店で焼いてもらった、初パイナップルロティ。  初パイナップルロティ。ピピ島桟橋にて
もう8月の声が聞こえる…、タイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
[ 2014/07/27 ]   タイ・行道楽 | TB(0) | CM(8)

船内過酷そうです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
私がピピ島に行った時は、デッキ席に座ったので風を受けて寒いほどでした。
大きめのスピードボートだったので、海上をバンバン跳ねて絶叫マシンみたいでした。
パイナップルロティ、お味はどうでしたか? 見た目はとっても美味しそう。
[ 2014/07/28 08:24 ] [ 編集 ]

くるまぶさん。

帰りもこの船に乗るのかと思うと、もう帰りたくありませんでした、
いえ、帰りたくないのは日本でしょうか(笑)
そうそう、そのスピードボート、YouTubeに首の吹っ飛びそうな
動画がUpされてましたよー。
アレを避けたのは、やっぱ正解だったか(笑)
でも、難民船と絶叫マシン、どっちもどっち・・・。

ロティとかクレープとかだご汁とかほうとうとか(もういいって)
好きなんで、すんご~く楽しみにしてましたが、まぁ(笑)
ちょっとした暇つぶしには、ちょっと高いかな??みたいな^^;;
シツコク、食べてましたが(油っぽくて、やばいかも)
[ 2014/07/28 13:19 ] [ 編集 ]

凄いな。。。
エアコンなしで???
密集???
これで船酔いなんぞしたら・・・・
[ 2014/07/28 21:18 ] [ 編集 ]

ピピ島へ行くのに過酷なんですね(*_*;
定員オーバーとかしてないですよね???
怖いわぁ…

でも綺麗な海を見たら怖さ忘れるのかな~
パイナップルロティですか、甘そうな気がしますね。
どんな味だったのでしょうか?
[ 2014/07/29 17:13 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん(ですよね?笑)

もぉ、腕がくっつこうものなら、ひっぱたたきたくなるくらい、
過酷でしたぁ~(笑)

船酔いの方、いらっしゃいました・・・。
甲板に倒れ伏してて、私の時計をむんずと掴んで、
「いつつくのー、どんだけ我慢すればいいのー。」

地獄ですよね(笑) って、笑っちゃいかん(笑)
[ 2014/07/30 13:13 ] [ 編集 ]

*yoshimin*さん

ピピ島へ行くのは、過酷です(笑)
スピードボートってのもあるんですが、コメントにも頂いているとおり
ごっつい揺れるらしいんですよ。
ただ、エアコンが無いのは、たまたまこの船だけなのか
この会社の船が全部エアコン無しなのか、それは謎ですが、
もう、探求したいとは思いません(笑)

ああ、定員なんてあったんだろうか!
隙間無く、詰め込めるだけ詰め込んでましたよ(笑)
家畜の輸送トラックが、脳裏をかすめました。

ん~っと、ね、ロティは・・・(思い出そうとしている・・・)
そうそう、卵のないぱりぱりクレープって感じ!
小麦粉を水だけで練って、油でごてーっと焼くんです。
クレープみたいなコクとか旨味には欠けますが、
パイナップルの酸味で、割とアッサリ、甘過ぎもせずって感じでした^-^
日本でなら、絶対、食べることはありません(笑)
[ 2014/07/30 13:20 ] [ 編集 ]

くり乃々さん、ロングビーチはボートでしか行けない訳ではないですよ~
その昔、私は毎日峠超えをして通ってました。
なかなか道は定まらなかったけど
(つか、ジャングル過ぎて迷子になる)
3日目くらいでベストルートを導き出しました。
一週間通って最終的には時間短縮にも成功してます。
ボート代片道100B(だったはず。今は違う?)払うのが勿体なくて
その分をどうしてもビールに充てたくて・・・
でも、まぁ~荷物があったらボートでしか行けないですね(^_^;)
昼食用の手作りサンドイッチと凍らせたビールとシュノーケルを持って
通ってた日が凄く懐かしく思い出されました。
あの頃は元気あったなぁ~~~
[ 2014/08/01 22:30 ] [ 編集 ]

酒飲みパンダさん

読みましたよ、歩きましたよぉ~(笑)ロングビーチからトンサイまで。
でも2泊だけですから、行ったのは1回だけ。
お夕飯に出て行こうかと、チラッと考えんでもなかったんですが、
一度歩いたら、満足しました(笑)
パンダさん、つぉい!!
パンダさん、ただの酒飲みじゃない(失礼しました)!!
と、感嘆しながら歩きました(笑)
リゾートの中を迷い込んで、無意味に登っちゃうし。
あの辺りに泊まったら、トンサイまでご飯を食べに行けますね。
 
ボートタクシー、150Bだったと思います、多分…。
その分、ビール代に充てるっちゅんが、「酒飲みアルアル」^0^
高くても何でも、ピピ島にはまた行きます!
あの海を見てたら、ビールの美味さ倍増!!
水着から肉がはみ出ますが…T▽T
[ 2014/08/02 22:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/331-0e50d0b7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。