2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイバイ、猫島@ピピ島

トンサイの桟橋辺り。
トンサイの桟橋辺り
パラダイスホテルをチェックアウトし、2泊したピピ島を後にする。
アオナン着の船は午後発しかないので、クラビタウン着、
しかもアオナンまでの無料送迎がついている便を選んだ(アンダマンウェーブという会社)。
運行会社は複数あって、それぞれサービスが異なってるようだ。
因みに行きのアオナン発の難民船はアオナントラベル、二度とは乗るまい(笑)
チケットはトンサイで買った方が若干、安かったが、
わざわざトンサイまで行く程でもないので、ホテルでチケットを買った。
出発の20分前には港で乗船手続きが出来るよう、早めのタクシーボートも予約させられた。
くれぐれも20分前に受付をしてね、と念押しをされる。
が、私の心のどこか(というか最前面)では、思いっ切し!ギリギリでもOKとなめている。
海底の色そのままに、染めた様々な青も見納めだ。
しぶきを上げるボートから、現れては消える、緑陰を背景に白い砂の上に佇むリゾートの数々にそっと手を振る。

色が悪いですが、タイ・ティー。紅茶の風味なんかちっともしない。残しちゃった・・・、甘過ぎ・・・。
タイティー
さて、昼前についたトンサイの待ち時間中に、海沿いのレストランで水分を摂取する。
手洗いに立ったツレはどこまで行くんだろう、相客の欧米人女性と一緒に、
店外に案内されている。
中々戻ってこない、どうしよう、私も行っておきたかったんだけど・・・。
と、やっと戻ってきたツレは強ばったような、面白さをかみ殺しているような顔だ。
案内された共同トイレは男女兼用、女性に先を譲ったはいいが、彼女は扉を開けた瞬間、
「おーまいがーっ!おーまいがーーっ!!(T□T)」と叫んだそうな。
人民トイレ、ベルサイユの駅トイレと1,2を争うレベルと聞いたら・・・、行けない・・・。
ピピ島ではトイレ付きのお店を選ぶこと、でも、外からでは分かんないもんね。

アンダマンウェーブの船内、2階建て。エアコンの有る無しは死活問題くらいに、違いが大きい。
2階建てであった。(船内のクオリティに目覚ましい違いはないかと。)
パラダイスリゾートのフロント女性が、必ず、20分前には乗船するように、と言うはずだ。
どんどんどんどん荷物と客が詰め込まれ、そして時間通りにキッチリ出航した。
よかった、言いつけ通りにして。
この船はエアコンがちゃんと稼働していて、その船室に席を確保できた。

君たちは、なぜ
なぜ君たちは、
行き同様、あぶれた人々は炎天で甲板グリルされている。(楽しんでいるような気もする。)
2時間後、クラビタウンの桟橋に到着。
船から見る港はマングローブに覆われ、飛行機で見下ろした眺めそのままのようだ。

クラビ桟橋近くの秘密の係留所。岸がマングローブに覆われている。
マングローブ林に秘密の繋留所。
ピピ島の改札で「アオナン」と告げるとシールをくれる。
それを胸元に貼り付けておくと、クラビでアオナン行きのバスに誘導してくれる。
バスと言っても・・・、トラックの荷台に幌をかけてあるような、過酷なバスだ。
(写真を撮りたかったが、係にせかされて撮れる雰囲気では無かった。)
信号機のあるクラビタウンは、ピピ島帰りには都会に見えて、
行き交う車の排気ガスが、半オープンエアのバスを一層、過酷にする。
(注: 私はバックパッカーではないですw)
また、来てな。 またおいで。
クラビ・アオナン発着のピピ島行きフェリーの時刻表は、断然さくらツアーさん、コチラです。
パラダイスリゾート(ParadaiseResort)のHPは、コチラです。
夏休みの駆け込み宿題状態なタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
やっぱ、1番でしょ。 でも、一番の別嬪さん*^^*
[ 2014/08/29 ]   タイ・行道楽 | TB(0) | CM(8)

おおー、南国なのに時間きっちりなんですねえ。帰りのトラックがちょっとキツそうですね…(;・∀・)私がピピ島行った時は行きも帰りもスピードボートだったので、それこそジェットコースターに二時間近く乗ってる感じでした。甲板席で固まってましたよ。波の上を飛ぶ感じでスリリング…。
[ 2014/08/30 05:03 ] [ 編集 ]

なんと。。。
リゾートと言えどもトイレは???でしたか?
それにしても、時間通り???
まさか???です。
あの国で時間通りなんて。。。
[ 2014/08/30 21:00 ] [ 編集 ]

私は自主的に甲板派だなww
そして低温火傷になり数日後に悶絶する苦しみと共に過ごす・・・
さすがに最近は学習して「木陰」を好む様になりました。

9月はアメッドですか?
バリへはガルーダですか?
実は今年の秋は久々パダンバイ・・・と少し考えたのですが
ガルーダのチケットが恐ろしく高くて驚いた。
段々とバリが遠のく・・・
[ 2014/08/31 11:14 ] [ 編集 ]

くるまぶさん

そうなんですよぉ、お迎えの車と言い、割と時間ピッタシ。
どうせ、遅れるやろ~となめてる日本人の方が、遅刻ぎみだったりして^^;;
行く前に、スピードボートの動画を見ましたよ、ムリだなと思いました(笑)
でも、あのクソ暑い、行き道のフェリーだったら、
風がピュンピュンするスピードボートを選びたいです。
あ、でも、スピードボートって、事故がありましたよね、確か。
[ 2014/08/31 22:28 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

トイレに行きたいから、お店に入るってあるんですよ、女性は特に(笑)
ええ…、トイレないのぉ!? 
でも、公衆トイレをそんなに見なかったから、
たまたまお店の選択をミスっただけかもしれません。

お迎えの車とかも、割と時間どおりでした。
旅の終盤には「早くしないと、お迎えが待ってるよ!」が合言葉。
[ 2014/08/31 22:34 ] [ 編集 ]

酒飲みパンダさん

あ~、もうムリムリ。日焼けももう怖いですし。
といいながら、生活焼けで真っ黒ですが。
私、二回ばかし火傷状態をやらかしまして、懲りました^-^;;
ヒカゲモノの道を猛進いたしまする。

ガルーダの値段、バカにすんなや、くらいですよねー。
大体、燃油代が他より高いんですよ、資源国なのに。
そんなアナタに中国南方航空です(笑)
東方の方が安かったんですが、上海の空港になりますから台風が不安で…。
もし9月にパンダさんがパダンバイだったら、アメッドから遊びに行ったのになぁ。
[ 2014/08/31 22:49 ] [ 編集 ]

帰りの船は船内だと過ごしやすそうですね(^.^)
西欧人って過酷なことが好きなイメージが…
過酷程嬉しそうな気がします(~_~;)
日焼けもへっちゃらなんでしょうね~
わざわざ日光浴されるので

親分、可愛いですね~♥
会いたいわ~(*^-^*)
[ 2014/09/03 18:54 ] [ 編集 ]

*yoshimin*さん

西洋人は、ドSドMなんでしょうか^0^;;
でも、ジョーブなのは確かなようです。
春先、グッと寒さが戻ったとき、半袖短パン素足にサンダルの、
多分オーストラリア人を見ました。
ぽか~ん。ドコカニブイノカモ(笑)
だって、日本人はダウンコートを着ているくらいなのに・・・。

きゃ~♪やっと褒めてもらいました、ありがとうございます~^0^
誰かほめてくれ~、と、シツコクシツコク載せ続け、
また、これからも載せます(笑)
[ 2014/09/04 13:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/339-76f60931









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。