2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アオナンの「いつもの店」(KAO TOM POR PEANGというらしい。)

「いつもの店」の外観。店名、わかんないっしょ?
いつもの店・・・、店名わからん。
再三、書いているように、アオナンの街全体が観光客のための街で、
レストランも仕様から料理、値段も引っくるめて観光客仕様がほとんど。
タイ料理から洋風まで、オマケにインド系の移民(旅行者は多い)が多いのか、
インド料理まで提供する、ゴッチャ、インターナショナルなメニュー構成で、
何でも出しますが、どれも美味しくは無いです、みたいで正直、そそられない。

空心菜炒め、ニンニク抜き(笑) 空心菜炒め(ニンニク抜き)
好き嫌いが多くて自衛するためか、単に食い意地が張ってるためか、
私は事前に食べ物屋を調べて、メニューがあれば、アレコレ品定めまでするのが好きだ。
だから、トリアドにリンクされているHP(FB)にメニューを見付けたからには、
是非とも行きたい、と思ったのが、ついに名前を覚えなかった(笑)タイ料理屋だ。
ボートヌードルアオナンを通り過ぎて、も少しアオナンの坂道をテクテクと登ったら、
ネオンも少なくなって闇が濃くなる。
多分、トムカーガイ?へらへら食してたが、半分くらいから汗が噴き出す。 多分、トムカーガイ?へらへら食ってたらハンパない生姜で汗が噴出。
そこに「いつもの店」が、黄色いネオンをつけて賑わっている。
せせこましい店も多いアオナンの中にあって、門口は割と広い。
歩道にはみ出すように露天と、広いキッチンの残り半分がテーブル席だ。
テーブルと椅子はテキトーに揃えた風で、高さが合っていない。
オマケに、床自体が斜めなので、ガタガタする。
4つの調味料入れ(一味とナンプラーと酢、砂糖)はプラスチック、テーブル掛けはビニール。
食器もプラスチックで、ナイフとフォークは私でも超能力者になれる程ペラペラだ。
そんな店に通った。「いつもの店」と言うくらいに。(名前を覚えないまま)

お粥さんと鉄板メニューの「鶏の唐揚げ甘酢ソース」。お粥はカフェオレカップ大で5TB(15円)!
お粥さんと鉄板メニュー「鶏の唐揚げ甘酢ソース」
私は「お粥」が食べたくて、そこに行ったのだ。
HPで見付けたメニューには、タイ料理だけがラインナップされている。
元々はローカルさん相手のお店だったようだし、観光の街アオナンにおいて、
貴重なローカルテイストを提供するに違いない。
営業は夕方からで、朝食もランチもなし。
19時くらいに行くと、客は一人二人。大丈夫か?旨いのか?と懐疑的なツレ。
野生のカンを見くびるな。
ただの野菜炒めに見えますが、太ビーフン炒め。 ただの野菜炒めに見えますが、太ビーフン炒め。
お土地柄、やっぱり客層は観光客だけど、
外国人をもてなしてる風のタイ人が必ず1組はいた。
家族やグループの観光客も多くて、20時を過ぎれば満席。
その店で、私はやっと念願の、本当に美味しいと思えるパッシーィウを食べることが出来た。
野菜はシャキシャキ、麺はもっちり、全体、控えめな塩味で美味しかったなぁ。
神戸で食べる中華料理がこんな風だ。
満腹になっての帰り道、モスクの上にかかったお月さんを思い出す。

初めて飲む、「レオ」
「いつもの店]KaoTomPorPeangHPは、コチラ。ってFBですけど。
店を捜すときですら店名を知らんままだったが、ブログにアップするため、初めて認識した(笑)
旅行前から、眺めて旅情?に溺れていたメニューは、コチラ。
私が食べてたのは、パッシィウ(Pad Se-ew)ではなく、Guay Tiew Koor Kaiであることが判明。
違いは、味付けがブラックソイソース(前者)とソイソース(後者)であること。
それ以上は、お答えしかねる( ̄^ ̄)
くそー、久しぶりにメニュー見てたら、行きたくなったじゃないか。
どこでもドアがあったら、「今晩の夕飯は、アオナンのいつもの店で。」
(てか、どこでもドアがあったら、バリやアオナンに住んで、大阪に出勤するな←意外と生真面目w)
てな感じで、相も変わらずなタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。
[ 2014/11/14 ]   タイ・味道楽 | TB(0) | CM(6)

海外で。。。
勇気がないので。。。
マクド。。。探してしまいます。。。
今度のシンガポールでも、屋台は、できるだけ避けたいし。。。
なんか、カニとか、あっち向いてのってるし。。。
ってうか、お腹痛くなりそうですし。。。
[ 2014/11/14 22:31 ] [ 編集 ]

ようやく新しいクラビ記事が!v-301
ここはモスクをもっと超えた所にあるのかしら?
アオナンのレストランはホントそそられないというか
ツーリスト向けばかりというか・・・
年末年始、クラビなんで探して行ってみますよ。
パッシーイウはクィッティアオ・・・ですね。
了解しました!
[ 2014/11/16 13:50 ] [ 編集 ]

野生の勘すごい!!!
FB見てきたけど、美味しそうな画像だらけでビール持ってこーい!ってなりましたw

ああん、タイいきたいいいい。実は来春狙ってるんですけど、どうなるかまだ未定。すっごく行きたい。旅行で破産して後悔しない豪胆さが欲しい(ToT)そのぐらい精神太ければ多分破産しないだろうし…してもさっさと立ち直るだろうしなー。

ところでLEOビールのお味はどんなですか?
トライしたい~
[ 2014/11/16 15:57 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

時々、コレ食べられるかな、どうかな、と吟味するのに疲れて、
マクドやケンタでいいよ、となることもあります。
結構、ご当地メニューがあって楽しいんですが、
以外や、アオナンでは当たり前のモノしかなくて、ガッカリ。

きっと、私、腹痛はおきないから、下してても食べちゃうんでしょうね。
日本の屋台の方が、逆に手が出なかったりします、
不衛生で高いというのが染みついてて(笑)
[ 2014/11/17 14:58 ] [ 編集 ]

酒飲みパンダさん

m(_ _)m ・・・・・・、ようやくでございます・・・(笑)
珍しく、年内には済みそうだと思ってたのに、
案の定、だらだらだらだら・・・・・・。

お正月はクラビですかーーーーっ!
なんか、私の方は台湾モードになりましたよ(笑)
そうそう、モスクをちょっと超えて、薄暗くなった辺りです。
トリアドみたらお昼間っぽい写真があったので、
ランチも始めたかもしれませんが、夜の方が、黄色いネオンで目印になるかも^-^
是非に、行ってみて下さい!!お持ち帰りもできますし、
チャーンのエクスポートもありましたし^0^
[ 2014/11/17 15:05 ] [ 編集 ]

くるまぶさん

端っこが欠けてるお椀だったりするんですが、それもローカルテイストで(笑)
トリアドなんかでは評価低いんですが、「また来てる」って感じで、
旅行者の常連さん、いました。
私も、何も言わなくても、「ニンニクなしね~」みたいに(笑)

時々、先々のことを思い煩わず、ただ旅の空に漂っていたいです。
日本も、10年働いたら1ヶ月の強制休暇とかあったらいいのにな。
そうしたら、自殺者って減るような気がする(笑)
今、具体的な旅の予定が何も無くて、気が抜けまくってます(笑)
次回は、タイの遺跡とバンコクを考えてるんですが、
イマイチ、具体的に日にちが決まらない。
ツレはすっかり台湾モードですし。(パンダさんのブログ読んで、再訪する気満々。)

LEO、ね、覚えてないです(笑)
珍しくて注文しましたが、以降、飲んでないので、気に入らなかったんでしょう。
発泡酒みたいな味だ・・・、と、思った記憶が・・・。

[ 2014/11/17 15:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/346-b5f60358









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。