2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KAI TUAN(おばちゃん食堂)@アオナン

KAI TUANの外観。てか、そのもの(笑)
アオナンで気に入っていたレストランは、「KaoTom Por Peang」の他にもう一軒あって、
って、ほぼ、その2軒しか行ってないんだけど。
KaoTomPorPeangは「いつもの店」、今回ご紹介の「Kai Tuan」は「おばちゃんの店」と
我々の間では呼ばれていた、って、ツレと私だけね。
場所は、夜には大賑わいになるイサーン料理屋さんの手前、だったかな?
言わば「吉野建て」の上階部分が歩道に面していて、その小屋に近いオープンな建物が
綺麗とか清潔とか、の単語とは甚だしくかけ離れたキッチン。
じゃぁ、店はどこよと言ったら、歩道にパラソルを差し掛けたテーブルと椅子がそこ。
テーブルの一部は、お持ち帰り用フライドチキンが盛ってあるので、
テーブルに乗せて座って食べられる席は、譲り合っても都合3つしかない。
3人で超満席になる、リゾート地のレストラン。
中々コアでいいが、まぁ、屋台から食堂に成長中ってところか。(まだ、双葉くらい。)
で、目にも留まらぬ風の小さな店なのに、妙に目立っちゃうのは、
歩道に立てかけたメニュー看板が、歩行の邪魔ってことと、そのメニューの多彩さ、
そして、店構えの割に安くはない、いや、お高い値段設定であることか。
高くて汚い、良いとこないやん!
そのくせ、いつも超満員(3席だけど、さ)ってのが引っかかるんだよー!!
いっつも白人さんが、かんかん照りを物ともせず、真っ赤になって食べてるの(笑)

店名があることに、今、気がついた(笑)
で、まだ昼も早い時間、誰も客がいなかったので入ってみた、
いえ、開ける扉ものれんもござんせんので、「座ってみた。」
実を言うと、鶏のカシューナッツ炒めが食べたかったのだが、アジアアルアル
「今日は、ない」。明日ならあるのか、いつもないんじゃないのか(笑)
ま、いっか。
ガバオライスのニンニク抜きをオーダー。
ガパオライス(目玉焼き抜き)。鶏肉しっとり、うまうま~♪ 
おばちゃんは、油と煤でゴビゴビ真っ黒いコンロに、ぴかぴかのフライパンで、
ジャカジャカ炒めだした。
思わずむせる唐辛子の匂いに、期待感が高まる。
器は、何と陶器だ。しかも一昔前のバリのこじゃれたカフェで見かけたような陶器。
いや、馬鹿にしてるんじゃない、この店構えで陶器ってのが珍しい(大抵はメラニン)し、
しかも、おばちゃんは趣味に従って選んでいる、そんな感じがするんだ。
そのセンス通りに、味も裏切らない繊細さ。美味しいじゃないかーっ!!

って、ことで夜はカオトムピーン?、昼間はおばちゃんの店と決まった。
次に行くときにも、きっと、このローテーションで後悔はないと思う。
で、パッタイは味の合う合わないが激しい気がするので避けていたが
おばちゃんの腕を信じて、パッタイを食べてみた。
絶品のパッタイ。赤いパラソルの色が映ってしまった。
スパイシーな中に酸味があって、ほのかに甘みもある。
ウスターソースと醤油を混ぜたような味、これも大層気に入った。
店構えがベタにローカルな割に、ローカル一辺倒な味でもない(値段も、だけど)、
ちゃんと修行した料理人が、自分の個性で勝負する、
そんな贅沢を楽しめる、希有でお得な「おばちゃんの店」である。

「KAI TUAN」の場所が、ちぃーっとも!思い出せない。
住所は18 Moo, Ao Nang,らしい。海から山に向かって左手の歩道で、マクドナルド(右手)は通り過ぎる。
久々にアオナンのトリアドを見てみたら、KaoTomPorPeangは閉店したらしい、
がーーーんT□T
でも、ローカルエリアから引っ越してきたんだから、ひょっと開店するかも。を期待する。
頼むよーーーーっ!!
おばちゃんの店は、いずれ出世しそうな気がする。それも大いに期待する。
クラビタウンのお寺に遊びに来たコ 遊びたい盛り、可愛い盛り@クラビタウン
本気出してます、な気配のタイ旅行記過去記事一覧は、コチラです。

わっ!続いてる!(笑)

オバちゃんは自分の料理の腕に自信があるんでしょうね~
他の店と同じと思わんといて~みたいな。
だからお値段もお高めだったりして(*^。^*)

美味しいお店が見つかって良かったですよね。
どこも美味しくなかったら何を食べれば…ってことになるし(^-^;
貴重なお店ですね!

ネコちゃん、首輪?ネックレス?
[ 2015/04/28 14:02 ] [ 編集 ]

*yoshimin*さん

そうそう、おっしゃるとおり!
強気なお値段と食器類、カトラリー、ちょっとしたレストランなんです。
おばちゃんが、実は名レストランのオーナーシェフだった、と聞いても、
驚きません。
美味しい~~♪と言ったら、「ふふん、当り前よ」
そんな感じで、可愛かったです。
おばちゃんは、自分の腕に自信を持っている、そんな風でした^-^

猫ちゃん、多分、人間用ブレスレットか何かをつけてもらってる風でした。
タイでは、首輪をつけてもらってる猫をよく見かけましたよ^-^

ね?真面目に続いてますでしょう?(笑)
[ 2015/04/29 01:08 ] [ 編集 ]

へぇ。。
海外で。。。
なかなかそういうお店に入る勇気が。。。
いや、無理。。。
ついついマクド探してしまう。。。
でも、きっとおいしいんでしょうけど。。。
マクドに。。。
[ 2015/04/29 01:58 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

南国はどこもオープンエアだから、暑いっちゃ暑いんですが、
まぁ、屋台に近いここはますます暑いです。
調理場がモロに見えますんで、確かに勇気がいります。
でも、鍋釜類はぴかぴかだったんで、まぁ、あれかな・・・、どうかな(笑)

マクドもおましたよ~^0^
でも現地バーションがないのはタイの仕様かな。
それともクラビだから、なのか。
年末、バンコクで確かめてきまっす(`・ω・´)キリ
[ 2015/05/01 17:44 ] [ 編集 ]

「ゴビゴビ真っ黒いコンロに、ぴかぴかのフライパンで、
ジャカジャカ炒め」
うーんいかにも美味しそう♪

吉野建って、初めて聞いたことばですー。懸造のことみたいですね。
傾斜がけっこうあるってことですよね。

私、次はタイ(サムイ)なので、美味しそうな記事がたまらなく魅力的ですわん。
[ 2015/05/02 00:37 ] [ 編集 ]

くるまぶさん。

ここのおばちゃんは、マジ「料理人」です。
どういう経緯で、あんな小汚、ごほごほごほ、
ああいう屋台っぽいお店をやってるのか。
レストランを構えていても不思議じゃないくらいなんですが…。
…っても、アオナンって、穴場的においしーー♪ってお店は少なそうな気がする。
だから、貴重なお店です^-^

コサムイかー。
ツレが青春時代の一時を埋没させてたらしく、私、行きたかったのに、
変わってしまった(高級になってしまったw)コサムイを見たくない!!T□T
とかで、行けずじまいなんです。
だから、今からくるまぶさんのサムイ島日記、楽しみにしてるんですのよ。んふふふん。

あ、吉野建てって、関西だけなんですね。
そう、崖造りのことなんです。
アオナンは酔っぱらって歩いてると妙にだるいです、坂道で(笑)
[ 2015/05/03 00:46 ] [ 編集 ]

おいしそう! ご無沙汰してますくるまぶです。
パッタイの酸味や旨味はタマリンドのものでしょうか。パッシーウと区別の付かないテキトー屋台も多い中、これは嬉しいですね(^o^)
ガパオ旨いですよねえ…今回の訪タイでは食べなかったのですが、日本のタイ料理やでは必ず注文してしまいます。
食器がメラミンじゃないのもスゴイ珍しいですね。あのテキトーに洗って微妙に油汚れがこびりついたメラミンも悪くはないですけど、陶器だとより清潔感ありますよね!
[ 2015/05/27 00:38 ] [ 編集 ]

くるまぶさん。

おや、南国帰りのくるまぶさん(笑)
こちらのお店はお薦めですよ!!
私、以前にパッタイを食べて、ミーゴレン的甘さにう~ん…って
なったことがあるんです。
大阪だから、少々甘口なんですがケチャップマニスはちょっとなぁ…。
と思ってたんですが、ここのは美味しかった^0^
てか、そっかー。タマリンドかぁ。
思いもよらなかった…(笑)
その酸味だったのかな。
年末はバンコクだから極めてみよう
(そんでパッシーイウばっかりになる、やっぱりw)
タイの良いところは、味覚に幅があるところかなぁ。
インドネシア料理って、割と同じような味で飽きてきませんか…?
サヌールで美味しいワルンをみつけたんですが、あれも中華系だし(笑)

そうそう、なんかアクがついてるんですよね(笑)
あまり細かくチェックしないことにしてるんですが。
店と内装(路上だけど)には凝ってないけれど、食器と味に妥協はない!
そんなお店でしたよ^-^
[ 2015/05/30 23:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/05/26 17:56 ] [ 編集 ]

鍵コメさま。

有難うございます。
ちょっとはお役に立てましたでしょうか。
そうか、おばちゃんはお元気でしたか。
ああ、行きたいな~。
おばちゃんのガパオライス、食べたいなーー!!
[ 2016/05/27 18:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/351-5a9515fb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。