2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

延三夜市と施家鮮肉湯圓

延三夜市、大橋頭駅方向の入り口。本当に夜市だってば!
延三夜市。本当に夜市だってば!!
人混みに負けて、楽しみにしていた夜市グルメを堪能出来なかった私たちだが、
今度は、東呉大飯店を北上すること10分程の延三観光夜市へ突入した。
延平北路三段辺りにある夜市だから、「延三夜市」。
何でも略す大阪(曾根崎警察をソネケイ、谷町4丁目をタニヨン他)みたいで馴染みが良い。
ブロックの手前からすでに明々とし混み合っていた寧夏夜市とは異なり、
延三夜市は「え?」というくらいに暗い。
すでに地味じゃね? すでに地味じゃね?
柱に「延三観光夜市」と書かれてなければ、夜市と気付かず通り過ぎてしまいそうだ。
しかも「観光」って。違うと思う(笑)
延平北路は夜市だからといって歩行者天国にはならず、車は普通に走っている。
その広い道路を挟んで、店はあるわけだ。
・・・・・、ワケだが、それが屋台なのか、常設店舗なのかが不明(笑)
商店街の店が歩廊に張り出しているのか、屋台がやってきて歩廊に店を出しているのか。
「この店」で食べるつもりが他所の店だった、何てことも起こり得そう。

施家鮮肉湯圓入り口。手前のテーブルは別の屋台で、湯圓がメインだったりする(笑)
施家鮮肉湯圓。手前のテーブルは別の湯圓屋台(笑)
とりあえず延三夜市では、私が「絶対に!!」食べたい店があったので、
ふらふらよそ見せず、一路目指す。
日本語ブログでもしょっちゅうお目にかかる「施家鮮肉湯圓」。
狙いは、タイトルロールの「鮮肉湯圓」。
さて、店の前にある屋台と一瞬、迷いかけたが、施家鮮肉湯圓は屋台ではなく常設店舗だ。
入り口でまず、店で食べるか持ち帰るかを伝える。
注文個数を書き込む伝票の色が、それによって異なるのだ。
ポーションがよく分からないので湯圓、ゆで野菜一つと私は香菇肉飯、ツレは控肉飯。
手前が香菇肉飯、奥が控肉飯 手前が香菇肉飯、奥が焢肉飯。あー、お腹すいた。
大陸妹とかいうサニーレタスのごついのんみたいな。 大陸妹とかいうサニーレタスのごっついみたいのんみたいな。
これですよ、これ。 これですよ、これ!これ食べに、台湾にまた行くわ。
お酒はなかった。ないのは知っていたが一応、お店の方に「ビールは?」と聞いてみた。
「ビールはないの。近くのコンビニで買ってきて」みたいなことを多分、言ったので
OK?とバッグからおもむろに缶ビールを出して見せた。
お姉さんは、もちろんよー♪みたいに笑って、なんと紙コップまで持ってきてくれた。
こうなると、料理が少々口にあわんでもかまへんでー!!のテンションに上がる。
が、出てきた料理を一口食べたら、かまへんかまへんどころではない。
鮮肉湯圓を一口かじれば、弾力のある団子から熱い汁がピューと飛び出す。
その濃厚な肉汁とは裏腹に、スープ自体はあっさりしたコンソメだ。
香菇肉飯の肉と渾然一体になった干し椎茸(香菇)は、舌の上で風味を主張する。
油っぽさが不安だったゆで野菜も、シャッキシャキで口の中がさっぱりする。
これぞ味覚のシンフォニー!
狭い店内にミッシリ並べられたテーブルで身動きもしづらい程だが、
入り口辺りも席が空くのを待っている人、持ち帰りを待っている人、行列だ。
施家鮮肉湯圓の味だけでも、台北再訪の価値はある。
タイで大好物になったセンヤイ炒めみたいなんもあったし♪

ツレは、その後に握りを外帯した。
ツレは、その後に握りを外帯した。 こんな風に、注文したら握ってくれます。 こんな風に、注文したら握ってくれます。
施家鮮肉湯圓のHPは、コチラです。中国語だけどね。
パソコンが壊れ、サーバー異常にもめげず進行する「台北春節ツアー」記事一覧は、コチラです。
【用語解説コーナー(笑)】
鮮肉湯圓 湯圓は白玉団子みたいなん。その餡が肉餡になっている。
焢肉飯   豚スペアリブ煮込みが乗ってるご飯。施家鮮肉湯圓さんは、タケノコも乗ってます。
魯肉飯  台湾のソウルフード。東坡肉風の細切りお肉をのっけたご飯というか。
香菇肉飯 煮込んだ干し椎茸をそれに混ぜましたみたいな。魯肉飯よりアッサリしてる。

う~ん、読めないか。 施家鮮肉湯圓のメニュー。拡大しても読めないか。


施家鮮肉湯圓は、ここ。延三夜市はその辺り一帯です。
[ 2015/07/08 ]   台湾・味道楽 | TB(0) | CM(4)

サムネイルで見ると。。。
おいしそう。。。
大きくすると。。。
日本じゃ食べない。。。ような。。。
いや、でも、きっと。。。
美味しいんでしょうけど。。。
現地で勇気が出るか。。。です。
[ 2015/07/08 21:41 ] [ 編集 ]

肉団子汁は三枚目の白玉みたいな画像ですか??

台湾で朝から晩まで食ってるか呑んでるかの耐久レースしたあああい!
ヽ(`Д´)ノウワァァァン

酒扱ってなくても、持ち込みウェルカムなお店は好感度大ですね。

一泊でもいい、台湾行きたい……行きたいいいいいい
[ 2015/07/09 10:06 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

勇気を出すのよ!その一歩が新しいあなたを作るのよ!!
( ̄▽ ̄)
いえ、マジで父ちゃん、馴染みのある味だから大丈夫ですよ。
拡大したらアジアあるある、盛りつけが汚い(爆)

ん~、ボン君は好きだと思うんですよ^-^
姫さま方はどうかな?
でも、本当にタイやインドネシアみたいに、「ん~っとこの味は・・・」
とか、吟味しなくても安心の鉄板味^0^

だと、思います、です、はい。

[ 2015/07/09 12:59 ] [ 編集 ]

くるまぶさん

そうそう、白玉団子が浮かんでるのが、湯圓です^-^
あー、美味しかったのよー、ホント。

台湾で、朝から飲んでる食べてるの耐久レース、
しましょーよおおおおお!
海の日、台北に来るべし(笑)
でも台風かもしれん・・・と、どきどき中ですの。

台湾、何気にお酒が飲みにくいんですが、快く、コップまでくれるのが
と~っても嬉しかったです^-^
[ 2015/07/09 13:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/368-db74c926









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。