2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

烏來ワンデイトリップ①ウーライ瀑布とトロッコについて考えたこと(ウソ)

烏來(ウーライ)。
台湾 334 (640x409)
ご存知のように、台湾は温泉国だ。
九州よりやや小さい面積に日本中の温泉を集めた、と言っても過言ではないほど
その泉質はバラエティに富んでいる。
台北からも日帰りで行ける温泉の一つ、烏來(ウーライ)に行ってみた。
地下鉄・松山新店線(緑色のライン)の終点、新店からバスに乗り換え、うーん、1時間?
このウーライ行きのバスは台北車站辺りが始発だから、座りたければ始発から、
との情報もあるが、渋滞の懸念と座れても席を譲らなあかん場合もあるしな、と考え
地下鉄とバスを乗り継いだ、が、席を譲る心配はせんでもよかったな。
何せ、台湾は若人がサッと席を譲るから、中年が立つ必要が無いんだな、良い国だ。
まぁ、案の定、新店からでは座る席も残ってなかったが。
この烏來行きバス停が解らなくて探したが、駅前バスロータリーとは反対側(出て右手)、
長い行列があれば、それがウーライ行きのバスを待つ人々だ。
って、くらい、どうやらウーライ温泉は台北ッコに人気な様だ。

ウーライのトロッコ(台車)
台湾 356 (440x252)
ウーライのバス停で降りて、人の流れる方向に行って橋を渡ればすぐ、烏來老街だ。
その老街には多くの飲食店に混ざって日帰り温泉施設もいくつかあるが、
目指すは、二股になった川のもう一つの橋を越えて、右手に行った「烏來露天公共浴池」。
だが、まずは、2つめの橋を渡ったドン突きの階段を上がる。
ウーライの滝まで行くトロッコ電車の駅があるのだ。
コチラのトロッコは可愛らしく塗装され、乗り心地も悪くはない。
このトンネルがめちゃ楽しい。 (500x365)
乗られる方は、トロッコ駅終点手前にあるトンネルでビックリがあるので、お楽しみに(笑)

烏來林業生活館の展示物。小さいなりに工夫あり。
台湾 391 (640x486)
ウーライはタイヤル族という台湾原住民(と、台湾では表記される。)の地で、
日本統治時代、林業のために拓かれた。
トロッコはその時代の名残。
そして滝の前に、小さな資料館「烏來林業生活館」がある。
展示物には中国語、そして日本語の丁寧な説明文が付され、
資料映像の中では、おじいさんが「とてもきつい仕事だったよ、忘れられない。
今でもトロッコの絵を描くことが出来る。」と穏やかに語っていた。
台湾の近代化の資料館を訪れるたび、そして高齢者の日本語を聞くたびに、胸が塞ぐ。
日本は彼らに「賃金を得られる仕事」を造り教育を受けさせ、そして、雇用も促進した。
それが、台湾人の希望や事の是非には係わらず。
日本語を話すご老人や資料館の説明文からは、何一つ恨みがましさも憤激も感じられない。
だからといって日本に非道がなかった、恨みもなかったとは、そんなはずもあり得ない。
「日本語が聞こえたので、懐かしくて」と、話しかけて下さる昭和一桁生まれの方々に、
そして「懐かしい」と思ってもらえた日本人の先祖達に、ただただ感謝するのみだ。

烏來瀑布と・・・、桃?
台湾 378 (396x640)
烏來林業生活館辺りの階段を上がった「烏來風景特定区(瀑布公園)」には
太平洋戦争下、日本兵として亡くなった高砂族(タイヤル族)の慰霊碑があるそうだ。
本当はそこに行きたかった、というより、行かなくちゃ、と思った。
そうツレに言ったのだけど、なんでかまるっきり無視され、聞き返してもくれなかった。
多分、ウーライの温泉で頭がいっぱいだったんだと思う・・・(笑)
帰国してから、行かなあかんかったのにー!!と騒ぐのも、毎度のことではある。

その首長文化村の常連、ですにゃ。
台湾 370 (300x288)
滝周辺にはタイヤル族のダンスも見られる「首長文化村」があるが、
観客が少なそうなのがアレで行かず。だって、観客より演者の方が多そうなんだもん・・・。
さぁて、温泉だー^0^

過日、台湾を直撃した13号により、ウーライも甚大な被害を被った模様です。
記事中にあるトロッコは集中豪雨の被災後、2013年に復旧したばかりでした。
被災された方々へのお見舞いを申し上げたくとも、公的な寄付の方法がなく、
手をこまねいているだけなのが、何とも情けなく歯がゆいばかりです。
台湾 383 (299x300) (279x280) 福々しいコ。
図らずも、とても真面目な旅行をしている風な「台北春節ツアー」記事一覧は、コチラです。

なんかイマイチ、フォトギャラリーの使い勝手がわかりゃんT-T 


[ 2015/08/21 ]   台湾・行動楽 | TB(0) | CM(4)

トロッコ。。。
面白そうですけど。
どんな仕掛けが。。。
そうそう、トロッコ列車って。。。
何故か台風や大雨で被害を。。。
日本でも。。。
いけば運休中。。。よくありますね。
[ 2015/08/21 19:18 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

バッテリーで動いてるんじゃないんですかね?
(乗ったくせに、テキトー…)
今、動力について、考えてみました(笑)

もともと、大規模な輸送路を確保できないからこその
トロッコですもんね。
狭隘な場所柄、被災は免れないのかも…。
HANG ZEROさんご一家のお気に召すアトラクションかなぁ、と^0^
[ 2015/08/23 16:17 ] [ 編集 ]

瀑布と桃の花、いい画ですねー(^O^)
トロッコ列車古めかしい、乗ってみたいです。
にゃんこもいっぱいで、烏來っていいところだな~。
もし台湾に行くことがあったら絶対に立ち寄りたいです。ていうか、台北は都会すぎるから烏來メインで私にはちょうどいいかも。
[ 2015/08/26 13:41 ] [ 編集 ]

くるまぶさん。

お体、大丈夫ですかー??

うふふ、お花と滝、いかにもですが狙ってみました*^^*
やっぱ台湾は南国ですね、緑の勢いがいいというか。
ウーライ行きのバスに乗る「新店」辺りが、また、
いいんですよ。
川沿いのホテルに泊まるのもいいかな、そう思いました^-^

台北って都会だけど、イマイチ都会ぽくないというか・・・。
ん~・・・、あ!都会だけど、そこで生活してる人が多い、
生活臭いんです。
だから、町歩きしてても楽しかったよ^-^
きっと、くるまぶさん、気に入ると思う。気に入れば良いな(^_^)v
[ 2015/08/26 17:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/377-1f3fad5d









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。