2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメッド&サヌール2014(??) 総括

この、美しい眼差し。(アンラプラにて)
IMG_4271 (580x388)
春節の台湾旅行記(2015年2月に旅行)を遡って、2013年12月にクラビ旅行記の後、
2014年9月、バリはアメッド&サヌールに旅行した。そうだ、多分、そうだったんだ(笑)
使用航空会社は、以前にもチラリと書いた「中国南方航空」だ。これは絶対に忘れん。
アメッドは日本女性が経営する「アクアテラス」といかにもバリ、な「バリドリームハウス」。
意識的に日本人経営は避けてきたが、以前、アメッドの宿を調べていた折に見つけた、
アクアテラスからの景色に一目惚れして、なんとしてもどうしても泊まりたくなったのだ。
なのに、私が有休を言い出せない数日の間にアクアテラスは満室になり、
やむを得ず宿替えで「バリドリームハウス」に泊まったんだ。
両方、良い宿だった。あの日々を思い出すと、人生の一番良い時が終わってしまった気分になる(笑)
(シキガチカインジャアルマイカ)
アクアテラスは高台から海を俯瞰し、丸い、青い地球を体感した。
バリドリームハウスはオン・ザ・ビーチ、プール越しに海を眺めつつ潮騒に包まれた・・・、
と言えば聞こえはいいが、小石の浜なので、波の音は案外すさまじい(笑)
「田舎の音」が苦手な方には、恐怖レベルかも。

塩田からアグン山を臨む。(アメッドにて)
IMG_4750 (580x391)
アクアテラスを通してバイクを借り、アグン山の裾野を随分、動き回った。
ずっと行きたかった「タマンウジュン」や「ティルタガンガ」、そしてもはや、
地図に印を付けることは到底不可能な、ローカルさんだけの湧水プール。
ここ、また行きたいんだけどなぁ、アンラプラからどの道に入ったんだろう・・・。
モチロン、ティルタガンガでも泳いできましたよ。
遺跡というにはまだ新しいけれど、苔むした建造物が沈む「遺跡プール」は
外国人オンリー的に、少しお高い。
ローカルさん達は、その遺跡プールの下に位置する小さめのプールで泳いでいる。
私たちは「遺跡プール」の高い料金を払ったので、ローカルさん用プールにも入れる。
端っこにゴミが沈んでて、そこは不愉快だが、砂地のままのプールの底から、
ぼこぼこぼこぼこ、水が湧いている。
すげーーーな。日本じゃ湧水池に入れるなんて考えられないもの。
よくぞ聖地に揚げ奉られなかったものだ。

大海に漕ぎ出でよ。(アメッドはアクアテラスにて)
IMG_4474 (580x561) (500x484)
そして、シュノーケリング。
波が高くて濁ってしまった日もあったけど、湾内にあるシュノーケリングスポットは、
お魚と一緒にゆらゆらのんびり楽しめた。
珊瑚は残念ながら、海水温上昇による世界的被害を免れることは難しいようだけど・・・。

乾季。葉を落とす季節に丹精された花は、風に揺れる。(サヌールはタンジュンサリィにて。)
IMG_4909 (480x410)
そして、どこよりも気に入っているタンジュンサリィに泊まった。
退屈な昼寝が似合うサヌールの、その夢を甘やかにあやすホテル。
再開発され、変化が余儀なくされたサヌール同様、少し、ほんの僅かに変化した。
多分、10年という長い時を経て滞在した人間にしか気付かない、ほんの僅か、
でも、異質さを伴う変化、サヌールの変遷同様に。
私が以前に滞在した頃でさえ既に引退間近に見えた、名物老フロントマンは既に引退し、
「まだ至りませんが努力します」と言う男性スタッフは、まさに襲名といった面持ちだった。
シーサイドレストランの若いスタッフは、礼儀正しいなりにとても人なつこく、
真っ黒に日焼けしたガーデンスタッフが、はにかみながら「パギィ」と挨拶する。
その心地よさは変わらない、でも、訪れるたびにバリは変化し続け、
自分でもうんざりする感傷からは逃れようがない。
IMG_4385 (485x500)
ええ、また来ますとも、君たちに会いに。(アメッドにて)
[ 2016/03/29 ]   情景・バリ | TB(0) | CM(2)

アクアテラスって、旦那さんがバリの方でしたっけ。
サイトを見た記憶があります。
マグロが地元で捕れると漁師さんが持ってきてくれるとかなんとか……
記憶違いかもしれません。

次がいつか謎ですが、がんばって次は遠征してみたいです(^o^)
C国人にちょろまかさらてるうちはまだか……orz

アメッドの塩田、行ったことないのに懐かしい気がします。
伊勢の、神宮に納める塩を作る塩田を思い出します。
[ 2016/05/15 00:57 ] [ 編集 ]

くるまぶさん

そうそう。多分、そのアクアテラスさん、
だと思います。
さすが、よくご存じですね^-^
でも、あの辺で獲れるのはサバだったと思う。
ツレが、サバアレルギーなもんで、割と、イカンバカールに
ビビってるんです。
種類を聞いても、ほら、都合いいようにしか言わない気もするし(笑)

アメッドはねー、海がきれいです。
そして、まだ田舎くさいというか、田舎ですが。
バイクがないとちょっと辛いかもしれません。
貧者の味方かつ耐性のスキルを養うベモが走ってないんですよ。
でも、私はあの海岸線を眺めるために、また行きたいーーー!!
Cさんたちの需要がアメッドにはないと思う(笑)
もし、来てたとしても個人旅行者だから、オソロシクはないのでは。

伊勢神宮の塩田ってあるんだ。
へ~~。盛塩にするのかな。
それ、見てみたい。
この塩田の写真、バリの潮の匂いがしてきそうでしょ?^-^
日本の潮の匂いとは違う、もっとライトな、透明な感じの匂い。
[ 2016/05/27 17:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/391-f8332bed









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。