2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界遺産に会いに行こう/ご挨拶。

ヤクスギランドの清流。


日本の陸地では46年ぶりという皆既日食を、
トカラ列島、奄美(一部)、種子島、そして、自然世界遺産の島「屋久島」で観察できる。
去年のその同じ時期、私は屋久島で早い夏休みを過ごしたのだっけ。
モッチョム岳登山や蛇の口滝再挑戦と宿題を残し、私は、今年も再訪する気満々だった。
2009年7月22日、この絶好の天体ショーを、それでもあえて諦めることとする。
手配を思い立った頃には、受け入れ体制を遙かに超える観光客が押し寄せる様相で、
入島制限を設ける島々も出て来た。
尤もな判断だと、私も大いに納得し、その英断に感謝すらする。
けれど、ぎらつきだした大阪の太陽に、島のあの透明な日差しが懐かしく思い出される。
別ブログに時たま載せていた屋久島旅行記をまとめ直し、せめて脳内でまた、旅がしたい。
あの、滴る緑、濃厚な空気を懐かしみたい。

旅行自体は、2008年7月中旬頃。
 1. 値段も含め情報らしき物は、古いとお含み置き下さい。
 2. 同旅行の記事をお捜しであれば、カテゴリー「サイトマップ」をご一読下さい。



[ 2009/06/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/4-98e854ee









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。