2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白谷雲水峡2./世界遺産に会いに行こう

辻峠:標高979m→太鼓岩:標高1010m→原生林コース→出口:標高620mの巻
      倒木を乗り越え、伸びるヒメシャラ。奇っ怪なオブジェ。

獣道と同等の太鼓岩への小道は、高い梢に遮られ、暗い。
窺い知れる空は、雲が多くなったようだ。
文字通り、手足を使って這い登る。大丈夫、足がかりは所々、整備されているから。
道しるべには10分とあったが、多分15分強、ひゅーひゅーぜーぜー、声もなく、
目の前に現れたぽっこり丸い岩をよじ登れば、おおっ!
ぉぉぉぉぉおおおおおおおっ!!
絶景だぁああああああああああああ!!
太鼓岩より。靴に年季が入ってるのは、レンタルだから。
眼前250度、深緑の大パノラマだ。所々、墓標のように巨木の白骨が杭を打つ。
1000mを越す足元の遥か下には、白谷川が銀色の筋を縫っている。
ザックも上着も放り出し、両手を広げて踏ん張れば、風の道が見えるようだ。
腹の底まで解放し、体を筒にして大声を絞ってみたくなる。
この世界は、なんて美しいのだろう。なんと美しい世界に、私は生きているのだろう。
………、愛は、さすがに叫ばないけどね。

太鼓岩では、お弁当を食べるのが流行りらしいが、私もそそくさと残りを平らげる。
人がぼちぼちと集まりだした。この岩の上は、4畳ほどしかない。
折しも左手の山の方から雲が湧き、視界も悪くなりだした。
後続者達に場所を譲り、休憩は20分ほどで切り上げ。
辻峠で休憩中の親戚一同様に「太鼓岩は、どう?登るの大変?」と聞かれる。
雲が湧いてきたけど、今ならまだ絶景かも、とても大変だけど価値はある、と返事する。
下りは、どんどん下る一方で調子づいたが、続々と登って来る人達、
一様に「まだですか?」と聞かれる。
雲が湧いてきたけど、まだ絶景かも、まだまだまだ大変だけど価値はある、と返事する(笑)

原生林コースと楠川歩道の分岐点まで調子よく下ってきたが、
ここで、私の足は原生林コースへ、弥次の足は往路と同じ楠川歩道へ。
しんどいよ~、杉なんか見飽きたよ~、下り道を帰ろうよぉお~。
という駄々を「絶対、二度とは来ない所なんだよ」と宥めすかし、
原生林コースへと腕を引っ張った。
が!ほぼ直線に山を貫く歩道と異なり、あちらこちらと見所の杉を縫うこの道は、
太鼓岩道で疲労困憊の体を弄ぶが如くくねくねと、アップとダウンも激しい...。
確かに杉なんか、もういいや(笑)
それでも川のせせらぎは耳に心地よく、下るにつれ出会う鹿は、
人慣れしているのかパニックも起こさず行く手を遮り、動じない。
もう昼を廻る頃だろう、登ってくる人達も随分、少なくなった。
人気コースの割りには、道は道標テープでしか判別の付かない箇所もあり、時折、
見晴らせない梢を揺らす、ヤクサルの気配がする。
カサカサと枯れ葉を踏むのはヤクシカだろうか、呼び交う声は、何の生き物だろう。
水底は花崗岩の砂礫を燦めかせ、透明度を増すようだ。
流れる水は、疲れた喉に冷たく甘い。
下るにつれ杉の数は減り、ヒメシャラやツガが増える。
枯れ葉の多さに、ヤクスギランドには落ち葉が少なかったと、初めて気付く。
なるほど、ここは照葉樹林帯なんだなぁ、と、終点が見えた頃、やっと一息ついた。
出口間際に、樹齢3000年の「弥生杉」への分岐道があり、その距離ほぼ1km。
さすがに、行こうという元気は残っていなかった。
     シシ神様も、頭がカイ~ノ。
   角がある鹿は、この子しか見かけなかった。



やっとここに到着♪

すごいね~この木の根っこ!
生命力感じずにはおれない!
もののけの森ってモデルがあるとは知ってたけど
モロやん!(笑)
何がいてもおかしくないすごい森だね~~~~~

屋久杉さまに会うのは至難の業なんやね~
[ 2009/08/12 14:51 ] [ 編集 ]

絶景ですねぇ...
飛びたくなるくらい...
いや、空気がおいしそうです。
[ 2009/08/12 19:03 ] [ 編集 ]

以前、太鼓岩に行った時、大台ケ原の先っぽを思い出しました。
絶壁具合は、大台ケ原の方が凄かったような気がします。
いろんな意味で本当に怖いのは三段壁(笑)
東尋坊はそうでもないけど、向かいの島はお盆向き♪
[ 2009/08/13 04:39 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん。

屋久島の木は、生存競争が激しいのか
奇っ怪な伸び方をしてるのを、よく見ます。
一枚目はヒメシャラの木。
こちらの方では、上品な庭木で人気らしいけど、
いやぁ、げげー、何これ?!って、感じでしょ(笑)

なんて言うのかな、うーん、やっぱもののけ、かなぁ。
神様でも、信仰されてるんじゃなくて、
昔々から、山に住んでいた。
そんな感じね^-^
行くのは大変やけど、感動はひとしお、です。
[ 2009/08/13 15:50 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

ナウシカなら、ひらっと行くかも(笑)
あの川まで、1キロかぁ....、と思うと、
結構、寒気がします(笑)

これは、行くべし!!^0^
[ 2009/08/13 15:51 ] [ 編集 ]

されこーさん

大台ヶ原のは、とんがってるでしょう?
私、先っぽに行けなかったと思う。
高度とパノラマ度は、太鼓岩かな??
東尋坊の向かいに、島があったのかなぁ.....。
背筋が冷たくなる島なんですね(笑)

三段壁にしても太鼓岩にしても、人に近寄って欲しくありません。
私は、コイツを信用してないんだなと思う一瞬です(笑)
[ 2009/08/13 15:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/43-26700d79









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。