2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Selamt Pagi/ Semoga mimpi indah

草葺きの小屋の前に、祠があるのだ。背後の木立はモンキーフォレスト。
レストランの2階からの眺めもいいが、パディプラダの朝はバレ(屋外型居間)。
チャナン(お供え)を頭上に乗せた女性が、あぜ道を通って行く。
まるで、稲の波間を漕いでいるように見える。
田んぼの真ん中に、祠があるのだ。
ホテルの庭からその祠まで、幅広くまっすぐに草が刈られ、神様の通り道のようだ。
ホテルと猿森の間の田んぼには、一軒だけ、ぽつんと家がある。
7年前もそうだった。
バリの稲作は、大勢の小作人で成り立っている。
目の前の田んぼの持ち主が誰かは知らないけれど、お家は小作人さんのかもしれない。

丁寧に祈っていた女性が、立ち上がると、大声で誰かに声をかけている。
私からは見えない、農作業中の誰かを見つけたんだろう。
朝食を終える頃には、田んぼの草刈がもう始まって、
ひょいひょいと頭が稲の間からのぞき、刈った草が放り投げられる。
バレでぼんやりしている人間なんかに、目もくれなかったが気配を感じたのだろう。
スラマッパギィと声をかけると、真っ直ぐにこちらを見つめて、にっこり笑った。

その翌朝は、鳥追いだった。
バリの小さな雀が幾羽も、色づきかけた稲穂に舞い降りる。
田んぼの中を、大きな声で追い払いながら、歩きまわる。
その瞬間、雀は舞い上がるのだが、すぐに近くの稲穂に降りてくる。
際限無い、無意味にも感じられる作業だ。
だって、真昼の田んぼは無人になって雀天下の好き放題、入れ食いなんだもん。

朝食をとりながら、また、ビールを飲みながら、私は営みの風景に見入っている。
刺さった棘の在処を確かめるように、時折、心のどこかを撫でながら。

アメリカンスタイル。これでもオムレツなのだ~(笑)
パディプラダの朝食は、インドネシアン・スタイルとアメリカン・スタイル。
両方とも絞りたてのフルーツジュースが付く。
インドネシアンは、ミー・ゴレン(焼きそば)とナシ・ゴレン(焼き飯)のチョイス。
ニンニクも入らず、クセも量も軽めだが、朝の私にはどうも油が重い。
洋風は、薄いトースト(バリの食パンはサンドイッチ用の薄さ)に卵料理with
牛肉っぽい不思議なハム炒め(orウィンナー、ベーコン)
ジュースは数種類から選べる。初日はスイカ、2日目バナナ、3日目マンゴー!
どれを選んでも、卵とこればっかりは外れない!


余談ですが、小作人制度についての私見。
バリにおいては、地主と農業請負人(小作人)との分け前は、半々らしい。
バリの現状については言える立場にないが、農業を最も不可欠な産業と捉えれば、
私は、この制度自体は反対じゃない。
一握りの人間に、土地と労働、後継者の育成を負わせっぱなし、
使命感に頼り切って済むほど、安易な産業ではないはずなのだ。
どこの国よりも優れた日本の農産物を、未来永劫、確保するためには、
もう、地主=農作業者の図式には頼ってはいられない。
この不景気こそが大きなターニングポイントであれと、農作業の一つもしたことがない、
消費するばっかりの無責任な無能者は、考えてみたりする。

バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。




[ 2009/10/07 ]   情景・バリ | TB(0) | CM(26)

台風に備えてベランダの整理してました
あ~シャッター欲しいです・・・・

初日のスイカジュースにおののきました。
トマトジュースかとおもうくらい真っ赤で濃度がこそう。
スイカバーは許せないけど(笑)これならおいしいそ~♪

なんかニュースか情熱大陸かでしてたな~
日本の農家の高齢化で農地が放置されてるところを企業が買い取って農業塾みたいなとこから派遣された人をあてがって少しづつ慣れてきたらフランチャイズみたいな方式にしていくって話。
・・・・・↑まきちょんの耳で聞いただけだから間違ってるとこもあるかもだけど(笑)

自然に左右されるし見えない苦労がたくさんありそうだよね
[ 2009/10/07 14:24 ] [ 編集 ]

南の国のフレッシュジュース...
いや、日本がおいしくないだけか...
外国でのフレッシュジュースは、おいしいですね。
農業...
今まで手をつけることを避けてきた産業でもありますね...
何が出来るわけでもないですが...
将来、考えちゃいますね...
おいしいものを食べるためにも...
[ 2009/10/07 20:01 ] [ 編集 ]

みそ田楽

たんぼで腰屈めて下草抜いてた時だよぉ

庄屋様んとこの乃のさまが声掛けて下すって

オラあまりの美しさに顔もあげらんなくてよぉ


それでも心に決めたさぁ

秋の祭りん時にゃぁハレの舞台で

一世一代の神楽を乃の様に観てもらうんだと
[ 2009/10/08 02:14 ] [ 編集 ]

こんにちはぁ~!
御無沙汰しております。

京都、川床中華も拝見させて頂きました。
立派な建物ですね! 
本格的な北京料理が並んでいて、美味し
そうです!

バリのバカンス、のんびりなさったよう
ですね♪ 緑がきれい。
朝食も美味しそうですが、トマトやキュ
ウリ、日本とは比較になりませんね(苦笑)

日本、食糧自給率も切実な問題です。
自給自足生活が理想の暮らしですが・・・
転勤している間は・・・(-.-;;;
稲作迄は無理でしょうが。
都市で暮らしながら、週末農業をする為
に郊外へ通う人が増えているようですね。
ここ田舎でも畑を借りようと思いながら
実現出来ずでした(-.-;
[ 2009/10/08 13:07 ] [ 編集 ]

こんにちは~
 台風一過・・やっと晴れてきました。

眺めのいいところでの朝食 いいですねっ。
 それも何気に豪華かも??
 こんな朝食バリではあまり経験ないかも」(笑)

猫ちゃんですが 元気です
 実は僕・猫、 犬ほど得意じゃないのですが、そんな気持ちも知らず、 膝の上で丸くなってます(-。-) ボソッ
[ 2009/10/08 16:04 ] [ 編集 ]

フリー小作人なんていいなあ。
旅ガラスで、全国飛び回り、旬の味覚の収穫をお手伝い。
あっ、それはバイトだ(笑)

朝はミーゴレンで♪
[ 2009/10/09 06:36 ] [ 編集 ]

バリの人ってすごく信心深いのよね~
(タイもそうだけど)
いたる所に祠があって熱心にお祈りしたりお供え物もすごいですね。
詳しくないけど来世に対する絶対的信仰?
(意味不明な表現になってしまった(笑))

いつも感心するんだけどくり乃さんの観察眼
って・・・すごい♪
[ 2009/10/09 15:30 ] [ 編集 ]

粉々したコーヒーを見て「ああ、バリだー」と。
そういや相方はミーゴレンを朝っぱらからわしわし食べていました。
ずーっと眺めていたい風景ですね。
日本だと収穫の感謝の為に秋祭りが1回だけど
バリは通年収穫できるからずっと信心深いのかなって勝手に思ってみたり。

日本の農業、これからどうなってゆくんでしょうね。
遠くない未来、公務員の仕事になってたりして・・・
[ 2009/10/09 23:54 ] [ 編集 ]

猫又ののさんの農業への批判、ごもっともです。
後継者、土地、作業者、皆ひと手に引き受けるのは至難の業、、、
昔のように小作があれば、農業も楽になるかもしれない、、、
そう思います。
今、貸し農園をするのには、農地並み納税でなく、雑種地、もしくは宅地並みの税金を納めないといけないんですよ~。
だから田畑が無耕作、もしくは荒れ地になってしまいます。
農作業したい都会の人に、安くで貸し出せたら、といつも思いますが、、、
[ 2009/10/12 11:55 ] [ 編集 ]

のどかな風景ですね。
インドネシアの朝食も選べるんですね。
土地の食事も食べてみたいのでちょうどいいなー。
スイカのジュースですか!今まで飲んだことが無いので飲んでみたいです。
娘が、スイカを嫌いなものですからここ10年はスイカも食べてないし。

日本の農業も考えなければいけない時期に来てますよね。
いつまでも政府に頼ってばかりじゃ、後継者も先行き不安でやりたくないでしょうしねー。
一昨日東北道の白河付近を走っていたら、前に満杯のおコメを積んだバンがいました。
闇米か?と思いましたが、物によっては自由流通ですものね。
すべて自由流通にすると農家も大変でしょうが、これも考えなきゃいけない問題ですね。
[ 2009/10/13 10:32 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん。

まきちょんちゃん。

こんな開けっぴろげだったら、台風の日は、
恐いと思う。
どうなんだろーね。

バリは、フルーツジュースよぉ♪
美味しいのよぉ♪♪
バナナジュース飲むと、べ○ぴも開通よぉ^0^ノノ~~~
スイカバー、よっぽど嫌いらしい。
一度、食べてみたいと思ってきたよ(笑)

自分の儲けにならないと、やっぱり頑張って
良い作物は、できないんじゃないかと。
だから、フランチャイズというのは、良い方法じゃないかと
私も思ってました。

サラリーマンの一番辛いのは、
「人のためにならないのに、働く」ってこともある。
って、ことかしら(笑)
どんな職業も、労働に見合った正当な糧が得られるとは
限らないのよ、うん。
やっぱり、労働者じゃなくって、搾取する側にならなくちゃ( ̄∇ ̄)
そんで、かわいい保母さん達に有無を言わせない(笑)
[ 2009/10/13 13:48 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん。

帰ってくると、作っちゃうんですよ、スイカジュース。
でも、なんだか、水っぽい。
桃のジュースは、勿体なくって、作れないし(笑)

HANG ZEROさんの言葉通りだと思います。
ごく一部の方々に、任せっぱなしで、避けてきた。
そして、国産は高いとか国産にこだわったりとか、
矛盾したことも言う。
命に直結する、必要不可欠な産業なのに。

プランターで作ったミニトマト、
これだけでも、美味しいですよぉ。

[ 2009/10/13 13:54 ] [ 編集 ]

chaboさん

お神楽やぐら。
とんとことんとこ。
神さんが、一番手に舞い降りる。
今年は、だれに舞い降りた。
言の葉つむぎのchaboずに、
神さん、ふわりと舞い降りた。

これ、おchaboや。
田んぼでギターを振り回しても、
音も出ないし、草も刈れない。
[ 2009/10/13 13:58 ] [ 編集 ]

姫様。

姫様。

未だに、頭がバカンスです(笑)
しかも、常に「次」の旅行計画をしていないと、
すぐ腐りそうになるので、自分でも持て余します(笑)
姫なら、ご理解下さるかと^^;

バリの畑って、野原とちょっと、区別がつかない(笑)
日本式で手を入れるのは、無理なのかも知れませんが、
もうちょっと、手を入れたら....。
でも、そうしなくても、作物ができる。
豊かな土壌、豊かさの底力が、違うのでしょうねぇ。

私は、植物を育てるのが下手なんですよ。
でも、どうせ花を植えるのなら、野菜を作ろうかと
空いたプランターで土造りしています(笑)
一緒に、日曜農園ブログ、しましょう^^;
自給自足できる人間が、一番強いですよね。
冬のトマトや夏の白菜なんて、所詮、美味しくないし。
[ 2009/10/13 14:07 ] [ 編集 ]

お久しぶりです

お久しぶりです。こちらのブログを忘れていて、久しくお邪魔せずにいました。早速RSSに登録したのでお邪魔できるようになります。
バリ・・職場の同僚がシルバーウィークに行ってました。元気パパも是非行って見たいと思います。
[ 2009/10/14 08:35 ] [ 編集 ]

バリ大好きtoshiさん

バリ大好きtoshiさん

ここの朝食の不満は、お粥とバナナパンケーキがないことです。
フレッシュジュースで、帳消しですが(笑)
それと、やっぱり景色ですねぇ。
しみじみと、バリに行きたくなりますねぇ、ホントに(笑)

バリでは、猫の方が大事にされてるみたいですね^0^
もうじき寒くなるし、ぺたぺたと、すり寄ってきて、
可愛さが増していきます(爆)
[ 2009/10/14 15:58 ] [ 編集 ]

されこーさん。

されこーさん。

バイトというか、季節労働者ですね(笑)
バリなら、年中、お米作ってるし。
でも、日本なら、万能的に覚えなくちゃいけなくなるから、
逆にエキスパートとして、大事にされるかも?!

朝はブブールです♪
[ 2009/10/14 16:00 ] [ 編集 ]

気ままなアンさん。

気ままなアンさん。

今回、ガイドさんにカーストの話も聞いて、
やっぱり、理解できない部分を強く感じました。
でも、人間だけで生きているという、
とんでもない思い上がりだけは、彼らはしないでしょう。
タイやバリの穏やかな部分って、
そういうのの結果のような気がするんです。
いつかは、何をお祈りしてるのか、尋ねたいです。

えへへへへ、多分、知識がない分、
目玉が、動いてるんjないかと^^;
[ 2009/10/14 16:24 ] [ 編集 ]

品代さん。

品代さん。

初日、つい、コーヒーを最後の方まで飲もうとして、
じまっだぁああT.T
にやりと笑うと、茶色い歯がむき出しに(笑)
相方さん、丈夫やん^0^;
ツレも、もちろんインドネシアン。
せめて、お粥がメニューにあればなぁ。

年中、収穫祭^0^
目出度くて、いいなぁ。
ソ連のコルホーズですねぇ。
公務員並みの待遇じゃないと、支えきれないでしょうが、
援助金よりも、百姓に農業をさせてくれとの怒りこそが、
日本の農業の底力だと感動しましたよ。
[ 2009/10/14 16:33 ] [ 編集 ]

kuronekoさん

kuronekoさん。

私は、土地の個人所有からの解放が、理想です(笑)
例えば、子育て世代に一戸建てをあてがって、
順次、回していくとか、ね。
山林、農地の開発は、国家が管理するべきだし、
水源地を外国人に買い占められる、そんな(侵略的)無謀も
防げるんじゃないかと。
でも、農政のいい加減さをみてると
官庁が一番、信用できないか(笑)

農地を作ることは、長い長い歴史と勤労によってですよね。
貴重な資産の埋没で、本当にもったいない。
せめて貸し農園に、と思ってましたが、
そうですか、宅地並みの税金.....ーー;
農業が身近になる、いい機会ですのに。
[ 2009/10/14 16:46 ] [ 編集 ]

EZ30さん。

EZ30さん。

ジュースは何種類かあるし、
どれを選んでも、これまた美味しいので、
滞在日数が、足りません(笑)
この風景の中で、ご飯食べてると、
満ち足りて、ぼやぁんとしてきます(笑)
ありゃ?ゆきちゃん、すいかお嫌いでしたか?
実は、私もスイカの皮の方が好きです(爆)

この風景は、正直、日本でも観られる風景ですよね。
外国に行ってでも、観たい、良い風景。
日本人だけでなく、台湾人、韓国人にも
人気のある土地です。
瑞穂の国の住人は、稲の実りを見ると、
平和と豊かさを実感するからだと思います。
私は、日本でも一面の田んぼを見ると、
妙な安堵を感じますよ^-^
だから、もっと、国家の根幹と心得て
農政には使命を全うして欲しいですよね。
きっと票田くらいにしか、見えてないのでしょうーー;
[ 2009/10/14 16:58 ] [ 編集 ]

元気パパさん。

元気パパさん。

こんにちはぁ!
ようこそ、お越し下さいました^0^
有難うございます。

ニューヨークは、私、思いつきませんでした(笑)
おしゃれな旅行をされたのでしょうね。
本当は、シルバーウィークに行こうとしたのですが、
すでに遅し...、で、7月に。
バリは、ビールも美味しいし^^; 乗馬も出来ますよ!
[ 2009/10/14 17:03 ] [ 編集 ]

私は、土地の個人所有からの解放が、理想です(笑)
-------昔はそんなことを言えた時代もあったけど、、、.今は中国、北朝鮮くらいでしょうか?(爆)
資本主義が、今の社会の原理でしょうか?
国有林の管理さえじゅうぶんに出来ない、今の政府じゃ、どうしようもありませんよね~、まったく!!
[ 2009/10/15 03:48 ] [ 編集 ]

こんばんはぁ~☆

>一緒に、日曜農園ブログ、しましょう^^;
>自給自足できる人間が、一番強いですよね。
是非やりましょう(笑)
今春、トウモロコシ、トマト、ヒマワリの
タネをコンビニ(笑)で買いながら植えませ
んでした。そうです。ネタにしたかったの
ですが・・・。
来春挑戦しますね!

お米についてはいいたい事ありますが、
我慢します(笑)
昨年ひょう害に遭った青森のリンゴもです
が、捨てるのであれば、食べられない国へ
送ればよいのにと会話しています(-.-;
[ 2009/10/15 23:12 ] [ 編集 ]

kuronekoさん。

kuronekoさん。

人間性を根本から否定する共産主義も、認めません(爆)
だから、教育キャンプがごもごもごも(笑)

ちょっと語弊のある言い方になっちゃうんで、
あまり人前で言わないことにしているのですが(笑)
山林、田畑も人の手で作り上げたものですが、
人智で測れないバランスで、地球は稼働しているのだから、
開発はやめて、今の状況で、十分、土地の有効活用ができるはずだと。
でも、ね、絶対、無理よね。
今の官僚や政府じゃぁ、日本国土は荒廃しかねない....!
[ 2009/10/16 23:31 ] [ 編集 ]

姫様。

姫様。

種から、ですかぁ!
まぁ、苗も色々と、信用できないそうですから、種がいいか。
鍋物に備え、まずは、根っこ付き菊菜(春菊)の根元を、植えていこうかと(笑)
来春は、姫農園の旬菜ブログ。
楽しそうだわ。ヒマワリで、リスも飼えるし(笑)

国産リンゴ、ジュースやジャム、お菓子にならないんでしょうかね。
牛乳も廃棄処分するほどありながら、加工用は輸入している。
原価が合わない、とかはあるんでしょうが、どうにかならないんだろうか、
としみじみ思います。
お引っ越しされてすぐぐらいに、ちらりと書いておいででしたが、
お米についても、大声で、語ってください!

[ 2009/10/16 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/60-660f2310









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。