2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブランコルネサンス美術館/Semoga minpi indah

マンホール? モザイクで飾られている。ここにもチャナン。
バリを初めて訪れた人なら、バリ中に散らばる芸術品に目を奪われる。
絵画、音楽、舞踊、石像、木彫。家具や布地、チャナン、マンホールの蓋まで。
土産物にもならないガラクタから、珠玉の逸品まで。
彼らにとって「美」とは、かけ離れた贅沢品でも特殊な才能でもなく、
神様に捧げる、日常の一つに過ぎないかのようだ。
それを証明するがごとく、ウブドには驚異的なコレクション数を誇る美術館が3館と、
バリの魔神がもたらした鬼っ子のような「ブランコルネサンス美術館」がある。

ミュージアムに行く?とツレに尋ねるたび、素っ気ない返事で安心していた(笑)
ナンパなのか商売なのか仕事なのか、しつこい職員と玉石混合の膨大な美術品に、
疲労困憊したことがあるからだ。
なのに「ブランコミュージアム」には行くと、言い出した。
ウブドの王家から手篤い庇護を受け、バリ人の妻を娶ってバリで生涯を全うした、
自称「バリのダリ」アントニオ・ブランコの邸宅で、彼の作品を展示した美術館だ。

壮麗なバリ彫刻の扉を潜ると、吹き抜けの展示室だ。
はっきり言う。
彼がバリのアートシーンに及ぼした影響力は、不明だ。
また、彼の作品に、バリがどんなマジックをかけたのかも、正直不明だ。
自称するダリとの共通点も、同じ国籍以外に見出すことは出来ない(笑)
だが、アントニオブランコが空間の魔術師だとは言える。それも、飛びきり愉快な。
私は彼の画業よりも、額装と絵画を配置する、その妙にひたすら感じ入ってしまった。
彼の絵は、珍妙なアトリエの壁で共鳴し合ってこそ、魅力がいや増す。
絵画をプロデュースすることが価値とするならば、彼は存分にその才を発揮したのだ。

アトリエ(展示館)への入り口???壮麗なバリ彫刻。ファインダーがずれとるーー;バリダンサー。Stアンジェロ城のミカエルがこんなフンイキ。


アトリエの屋上に上がってみる。
高みからウブドの街を見下ろす、金色のバリダンサー達の像は、異国趣味をかけ離れ、
欧州の大聖堂を飾るガブリエルやミカエルが、仮装しているかのようだ。
バリに焦がれバリに死に、それでもバリに埋没しきらなかったブランコの、
エトランジェの足掻きを具現するかのように。
それは、バリマジックをかけられながらも、逃れようとする多くの旅行者、
私の足掻きと似たようなものかも知れない。
奇人になりたかった奇人ブランコの、滑稽な魅力ある足掻きなのだ。

入場料Rp25000には、ウェルカムドリンクとフランジパニのお花が含まれる。
もらった花を、西洋人は皆、髪や帽子に飾るが、日本人はしない。
そういう愛嬌が、日本人には欠けている(笑)
庭園では熱帯の鳥が飼われ、腕に乗せてくれるし、孔雀が尾羽を広げてくれる。
小さくても、テーマパークのような楽しさと不思議な愉快に満ちている。
ウェルカムドリンクのミカンジュース。ここにもニワトリが。
ブランコルネッサンスミュージアムのHPは、ただ今、工事中のようです。


バリ旅行の過去日記一覧は、コチラです。

バリには、美術品が多いのですね。
イメージとは少し違います。
南国のリゾートのイメージ。
美術館の展示だと、時代考証もとられ、うんちくが語られているので、見やすいですしね。
このあたりもぜひ行って見たいと思いました。
皇軍占領時代も美術品の持ち出しは無かったのかなー?
独軍だったら根こそぎ持っていかれてしまったと思います。
インドネシアの独立にも深くかかわった皇軍将兵ですから規律は守られていたのかも知れません。
[ 2009/12/07 13:33 ] [ 編集 ]

猫又ののさん
こんにちは!
エントランスの装飾もすごいですけど、奥に展示されてる絵画の額縁もまた凝ってますよねえ。絵画だけでは収まりきらない彼のインスピレーションの源がどこにあったのか。。。バリ島を訪れたときはそんなところも追いかけてみたいなあと思いました!
とても参考になる記事でした。
いつもありがとうござます!
[ 2009/12/07 14:37 ] [ 編集 ]

ブランコルネサンス美術館、見てみたいものですね。くり乃々さんの描写を読むと、そんな気持ちになりましたよ。
[ 2009/12/07 14:41 ] [ 編集 ]

今日は寒いぃぃぃぃ(T_T)

バリって芸術の都「パリ」と名前にてるだけあるんやぁ~~~~(え?そうでなくて?!)

素敵な絵をより効果的に素敵にみせることが
できるブランコさんの妄想はきっと
すごかったんだろうねぇ
絵だけみていろいろなイメージわくんだろうねぇ
そうなるとブランコさんだけのイメージで
絵画をみることになるのかなぁ?
あ、そうか!!!だからブランコミュジーアムなのね(遅い!)

ウェルカムドリンクのストローが
葉っぱの顔になってて
うなったわぁ~~~~~
芸が細かい!!!
笹舟も沈没させるくらいだから
これも作れない(笑)
今度から花がさしてあったら口にでもくわえてみることにする!!!!
(どうもズレがちなコメントですいません・・・)
[ 2009/12/07 17:58 ] [ 編集 ]

若手芸術家はいるのかな?

バリも昔の作品の方が、良いものが多い気がします。最近、技法に行き詰まりを感じちゃってるのか、同じような作品ばかりで・・・。
同じ人が描いている、って噂もありますが(笑

時々、道端の画廊で、「おお~」ってのも見かけます。ただ、作風が近代的なのが残念ですねぇ。手間暇掛けた作品って、味があるから好きなんですけど~。
[ 2009/12/07 18:26 ] [ 編集 ]

こんばんは~@一休み中です

美術館ですかぁ~
  バリの美術館実は一度も足を運んだことがないんですよ~~
 ここへは行ってみたくなりました~

絵描きさん バリに行くとどうしてか偶然会う日本人画家がいるんですよ~
  出会うたびに嫌な思いしますが。。(-。-) ボソッ


こんどブログにでも書こうかな~~
[ 2009/12/07 19:06 ] [ 編集 ]

へぇ...
そんな美術館があるんですか?
って、あの地で美術なんて、全くノーマーク...
珍妙な飾りのものがあちこち...
街中が、装飾品だらけの、珍問屋...って...
怒られちゃいますね...
[ 2009/12/07 19:07 ] [ 編集 ]

こんばんはぁ~☆
御無沙汰しております。
足跡を拝見しながら遅れました(-_-;;;
お許し下さい。

>更新先行となります。だって、来年の
>バリ旅行に追いつかれちゃうもん(笑)
同意です(笑)

素敵な美術館ですね!!!
こじんまりとした美術館好きです。
>バリ中に散らばる芸術品に目を奪われる。
これも同意です。
母と私はバティック染に感嘆でした!!!

スペインの画家ですか・・・。
ブランコ、確かに西語ですね!
EZさんのコメントを拝見しながら・・・
インドネシアだからオランダ支配?
などと考えましたが、検索せず(-_-;
でも気になる(笑)
[ 2009/12/09 00:11 ] [ 編集 ]

バリはじゃらんじゃらんで忙しいから、
美術館行ってないや。
あっ、建築マニアなんで、ココは入った。
でも絵はあんまり覚えていない(笑)
人が来れば、ちゃんと羽を広げてくれる、
フレンドリー(威嚇してるだけじゃん)な孔雀がいた(笑)
[ 2009/12/09 06:40 ] [ 編集 ]

EZ30さん。

EZ30さん

芸術品と書きましたが、正確には「工芸品」(笑)
それを美しいと感じるかは、趣味、の問題だと思います^^;
私は、手工芸品が好きなので、美しいと見ています。

美術館は、雑多にバリ絵画が詰め込まれている@@;;
という感じですね。
バリに住み着いた欧米人の指導の下、特殊な芸術(?工芸)が
花開いた、ということになっているようです^^;
多分、日本人には、お宝に見えなかったのではないかと...。

日本人に対する感情は、びみょー、...。
気を遣ってもらっただけかも知れないのですが。
人それぞれなのでしょうが、日本人に対するより、
オランダへの、もっと率直な感情は伝わってきました。
[ 2009/12/09 15:08 ] [ 編集 ]

ほぷほぷさん。

ほぷほぷさん。

ここは、バリの伝統絵画や工芸品に興味ない方も、
楽しめるのではないか、そう思いました。
●●派では全くない、ブランコ氏の、独自の世界観^^
自分で言うのもなんですが、びみょ~にずれているそうなので
どこまで参考になるやら...。
こんなのを嬉しがる人間もいるもんだ、とお考え下されば(笑)
ランカウイ島旅行記も、合間合間に読ませていてます!
[ 2009/12/09 15:18 ] [ 編集 ]

snowyさん

snowyさん

有難うございます!^0^
だらだら続く旅行記ですが、そういう風に思って頂けると
すっご~く嬉しくなって、まだ続きそうです^^;
楽しくかった旅行は、書くのが楽しいんです。
[ 2009/12/09 15:21 ] [ 編集 ]

いっちっちさん

いっちっちさん。

実は、私は、ブンゴセカンスタイル?花鳥画みたいなの、
あれがすごく好きなんです。
ギャラリーで、見かけなくなって。
前は、木彫りにしても絵にしても、ほしいな、どうしようかな
と、悩んだ頃もあったのに(笑)
バリ風に、緻密に画き込むタイプを見かけなくなって。
前衛の方が、ばばば~と描けて、楽ちんとか(笑)
そんなことはないでしょうか?^0^;

え?木彫りも、同じ人が作ってるんじゃないんですか?(笑)
[ 2009/12/09 15:32 ] [ 編集 ]

日常の祈りに美を見つけなさるとは

異邦に身をおいてこそではありませぬか?


無国籍者にとって自らの小さな王国を造る欲望は

さぞかし自覚することの無い熱病のやうなものだったのでしょう

であるとすれば

甘い甘いボンボンに解熱剤を隠しいれましょう
[ 2009/12/10 01:17 ] [ 編集 ]

バリ大好きtoshiさん

バリ大好きtoshiさん

こんにちは、ご苦労様です。

私、バリ絵画の伝統的なのって、好きなんです。
こえ~よ~T.T ってのもありますが(笑)
ここは、うん、ちょっと不思議で、楽しいと思います^-^

え~なになに?
お友達でもないのに、偶然、会っちゃうんですか?
バリマジック??(笑)
温厚なtoshiさんがお珍しい。
そのエピソード、ぜひぜひ教えて下さい( ̄∇ ̄)
[ 2009/12/10 15:32 ] [ 編集 ]

HANG ZEROさん

HANG ZEROさん

チンドン屋って、ひど~ぃい(笑)
そんな方にこそ、是非、ウブドの美術館、
行って下さい^0^
オジョーちゃんがうなされそうな絵、あります。
ヒメちゃんが喜びそうな、美しい絵もあります^-^
一昔前のホテルは、木彫りも良い物を置いてありました。
どうも、前衛というより、簡単な方に流れているような(笑)

[ 2009/12/10 15:38 ] [ 編集 ]

姫様。

姫様。

こちらの方こそ、こそっと、立ち読みさせて頂いておりました。
王子が宴会続きでいらっしゃらず、すっごい暇だわ~
という時にでも思い出して頂ければ(笑)

多分、バリにガツンと来たのは、工芸品の類だと思います。
お家の塀や、道路、お花の生け方。
ローカルのお店の商品の並べ方でも、妙に絵画的なのがあったり^-^

私もバティック、大好き!
生地で買ってきては、何も作れず、もったいないのですが。
そういえば、バティック染め、挑戦されてませんでした?

ブランコ氏は、マニラ生まれのスペイン人で、元々が、
地縁に薄い人だったのかも知れません。
バリは、第二次世界大戦前も、
漂泊の欧米人の吹きだまりだったようですが、
今もそれは変わらないか...。
やっぱり、オランダに対する感情は、微妙にびみょ~だなぁ
と、今回、思ったことがあります。
日本人には、気を遣って大っぴらにはしませんが(笑)
[ 2009/12/10 15:58 ] [ 編集 ]

されこーさん。

されこーさん。

ジャランジャランだけでなく、きっとバリ飯でも
お忙しかったろう、と、思います(笑)
う~・・・ん、ギャラリーで見かけるようなんとは、
また違った味わいの絵で、見応えはあるんですよ、マジで。

フランス人のおじさんは、写真撮った後、
孔雀にめるし~って、言ってましたよ(笑)
私は女だから、威嚇じゃなかったはず。
いや、孔雀に求愛ダンスされても^0^;
[ 2009/12/10 16:02 ] [ 編集 ]

chaboさん

Don ちゃぼ。

いえいえ、日本とて、お盆提灯の美しさといったら(笑)
ふと、バリのお供えは美しいけれど、
日本のお盆のお供えも、美しいと、気が付きました。
というのも、きっと、私が、フランス人の父を持ち
母がイタリア人、猫はウズベキスタン人という
無国籍人間だからなのね。

欲望を見抜く者には、甘い毒をひとたらし。
砂上の楼閣を渇望するように。

                 猫又ルクレツィア

[ 2009/12/10 16:22 ] [ 編集 ]

まきちょんちゃん

まきちょんちゃん。

ごめんよぉお~~~T.T
お返事書いたのに、送信ボタン押し忘れてたみたいで、
最後になったよ~。
栄えある、最後の貴方には、
何も出ません...。

そうね!まきちょんちゃん、鋭~い。
ブランコ氏が作りたかった世界、妄想。
他の想像が、入らない。
それを面白がれるか、つまんない絵(笑)で終わるか。
いや、他人の妄想を覗き見るような、
そんな楽しみ方もあるよ(笑)

でしょでしょ?
こういう飾りとか、面白いでしょう?
そんなのが、あちこちにあるから、面白いよ^-^
カップとスプーンの置き方、とか、変なところに
一工夫してあったり(笑)
そういうのを見付けると、得した気分になるの(笑)
ゴミが多いと言う意味では、パリとバリは似ている?
そういうことではなくって。

口にくわえるのは、スペインだろ~~っ!って、違うのか?^^;
魔除けになるから、耳の上にさすのよ
あれは男性だけかな?
[ 2009/12/10 16:39 ] [ 編集 ]

こんばんは~^^

今日の日記より、まきちょんちゃんさんへのお返事が面白い!・・・ごめん^^

良いお連れがたんとおいでで良いね^^
私も楽しくなっちゃったわ^^
[ 2009/12/10 22:11 ] [ 編集 ]

nonkoさん

nonkoさん。

こんばんは~。
ひゃぁ~、いっつもあますとこなく、読んで頂いて
有難うございます~。
お恥ずかし~^^;
nonkoさんはじめ、頭の回転の早い方が多いので、
なるほど~と、書いた本人の方が、感心したり^-^
>私も楽しくなっちゃったわ^^
と、言って下さるのが、ほんっと嬉しいです^0^
[ 2009/12/11 21:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/75-b7a7283e









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。