2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

役に立たないお屋久立ち・トッピー編

もう数年前のことになるけれど、鹿児島~屋久島(あるいは種子島)を結ぶ高速船は、
独占企業だった鹿児島商船㈱のトッピーにコスモライン㈱のロケットが
低価格で殴り込みをかけて、全国ニュースにもなった。
あおりを食ったのが、島の生活物資輸送船でもあるフェリー屋久島2。
島のあちこちで、航路廃止反対の看板を見かけた。何だかな~…。

潮風に当たれなくても船旅は、せめて窓際で気分を出したいもの。
その窓際座席確保のためには、
①予約券→乗船券(予約した場合のみ) ②乗船券→座席指定券と、交換していきますが
②は乗船1時間前からしか受付しません。
乗船券は、天文館バス停前(リムジンバス降り場)でも購入できますが、座席指定は不可。
よって、好みの座席が欲しければ、観光客として貴重な1時間を、
フェリーターミナル窓口で拘束されることになります。
なぜ、乗船券(予約券)購入時に座席指定が出来ないのか?
なぜ、港でしか出来ないのか??
多分、オンラインじゃないから……..?
窓口係員が、手作業で座席表を埋めていく丁寧さ。シンジラレナイ……..。
私としては、二階後方に席を取った方が、視界が広がって好き。
隅っこ好きな方は、目の前がTVや壁という窮屈な席もあります。
(時間ギリギリで席がなく、往路はここになった…)
以上、トッピー情報でした。(今回、ロケットは利用していないので)

安房の港とトッピー

余談ですが、空港~鹿児島市内行きリムジンの所要時間は、ほぼ1時間。
鹿児島市内リムジンバス停~港までは、市内バスが間近まで行くようですが、
フェリー・ターミナルまでは行きません。なんだかな~…….、なんでかな~…………。

                               (2008年7月現在情報)
                 因みに、フェリー屋久島2は健在で、ランチ付きチケットもあるようだ。
                       のんびりと気持ち良さそうで、そそられます、私。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekomatakobun.blog68.fc2.com/tb.php/9-f48bc048









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。